転勤された田舎は逆夜這の町だった体験談

 女癖が悪い俺はお灸をされる為、田舎町に転勤させられた。そこは男が皆出稼ぎに出て、町は老人と女と子供ばかり町に着いたら、コンビニがない!所によっては、携帯の電波が圏外に・・

 役場の職員さんに、家を案内される。それも、一軒家家に荷物を入れて居ると、どこで聞いて来たのか、人妻風の女が手伝いに来てくれた。道具と言ってもわずかな家具と衣類だけ。俺のタイプの女性が、食べ物の差し入れてくれた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 食べながら世間話をしていると、俺を舐めるような眼で見られた。その女性が皆の居るところから、俺の手を取り、屋根裏に連れて行かれて寝るようにと言われて、女性の横で仰向けに寝ると、

 女性が俺のズボンを下げて、チンポを引っ張り出して、挨拶代わりのフェラで精液を飲みとられた。鍵がどこにも付いてない部屋ばかり、夜になると女性が家に入って来て、俺に跨がり騎上位で俺の上で腰降って満足すると帰ってゆく。

 順番を決めてるらしく、同じ女とはなかなかなか当たらない。俺はペットの如く。皆に遊ばれ続けて性処理男化している様だ。俺の仕事場は学校で子供達を教える先生、それも少人数だから文句は言えない。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ