ストレス発散は一夜限りのSEXでしている告白

 普段は大人しいと言われている23歳の会社員です。地味で目立たない私は、社内では上司や同僚たちに理不尽に怒られたり嫌な仕事ばかりさせられています。身長は148cmしかなく、ちょっとぽっちゃり体型ですがバストはFカップです。

 そんな私のストレス解消法は、見ず知らずの男性と一夜限りのセックスを思い切りすることです。きっと上司も同僚たちも想像できない淫らな私になること。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 土曜日の夜、仕事が終わったら家から離れた街のビジネスホテルにチェックインしました。荷物を置き身支度をします。一度全裸になり着ていたスーツを着ていきます。ブラをつけてブラウスを着て、ノーパンのままストッキングをはきスカートをはきました。

 鏡で見ると大きく開いた胸元からヤらしく谷間が見えています。タイトなスカートも少し折って短くしています。男性たちに好奇の目で見られることを想像するだけでドキドキします。

 街に出てご飯を食べるところを探して歩きました。土曜日の夜ということもあり、どこを見てもほろ酔いで楽しそうなグループやカップルばかり。とても一人で入れそうなお店がなくて、結局コンビニでお弁当とお酒を買いました。

 ホテルに戻るまでに何人もの酔ったおじさんたちに「エロい格好のお姉ちゃん」とか声をかけられてドキドキしました。部屋に戻ってシャワーを浴びてお弁当を食べました。ストッキングを脱ぐとオマンコから愛液が糸引いていました。

 出会い系アプリで男性を探しながらお酒を飲みました。バスタオルを巻いただけの格好でしたが、少し肌寒くなったので持ってきたパーカーを着ていました。下半身は裸のままお布団に入っています。

 23時過ぎになって一人目の男性が来ました。入り口のドアは少し開けて入れるようにしていました。掛け布団を下に落とし私はベッドの上に膝を立てて座っていました。男性が入ってきて私を見て驚いていました。

 パーカーのファスナーはお腹の辺りまで下げ、おっぱいが半分くらい見えていたと思います。下は立てた膝の間から少し濃い毛が見えていたと思います。「シャワーを浴びてきますか?」私はオドオドする男性にシャワーを浴びてもらいお酒を飲みながら待ちました。

 バスタオルを巻いた男性がベッドに上がり私を抱き締めました。40代半ばくらいの小太りのおじさんにパーカーを脱がされ全裸になると、おっぱいに顔を沈め無心に揉まれました。

 見ず知らずのおじさんに抱かれ、おじさんの手がオマンコに触れると体が反応して声が漏れます。ピチャピチャと卑猥な音がして「もう濡れてるよ」耳元で改めて言われると余計に恥ずかしい。

 初めて会ったおじさんに体を弄られ濡らすスケベな女の子です。指が中に入ってきておじさんがおっぱいを吸い乳首を甘噛みしています。私は夢中でおじさんのバスタオルを取るとチンコを握っていました。

 大きく太くなったチンコの先から汁が染み出てぬるぬるになったチンコを握りました。「チンコ舐めさせて」私はおじさんをベッドに寝かせチンコに舌を這わせて舐めていきました。

 男性独特のヤらしい匂いにクラクラしながら先から咥えしゃぶりました。「おっぱいに挟んで」と言われたので唾液をいっぱいつけて舐め、ぬるぬるになったチンコをおっぱいに挟んでシコシコしました。

「もう入れてください」目の前の大きなチンコを飢えた目で求め、私はベッドに横になると自分から足を開きおじさんを迎え入れました。「本当にゴム無しでいいの?」そう聞きながらもチンコはぬるぬるの私のオマンコの中にすんなり入っていきました。

「あぁ、大きい」思わず声が漏れてしまいました。オマンコを押し広げチンコが出入りするたびにピチャピチャとエッチな音がしていました。私は見ず知らずのおじさんに抱かれて感じています。

 肥大したクリを触られながらピストンされると、私は体を仰け反らして感じていました。「紗菜ちゃん気持ちいいよ」おじさんも気持ち良さそうな表情でチンコを奥へ奥へと突いていました。

 私もおじさんの背中に手を回して、おじさんに抱きついて感じてました。「あ、イク」おじさんはそう言うと奥までチンコを入れるとそのまま中で果ててしまいました。長い間ドクドクと射精していたような感覚でした。

 私の頭を撫でながら「気持ちよかった」と言いチンコを抜くおじさんに口を開けて舌をペロペロしてたらチンコを口に押し込まれました。ザーメンと愛液の混じったチンコを舐め「まだできますか?」と聞いていました。

 オマンコからおじさんのザーメンが垂れてきているのがわかりました。「ここに入れるの?」自分のザーメンが垂れるオマンコを見ながらおじさんは「もうムリ」と言いシャワーを浴びに行ってしまいました。

 おじさんが帰ってしまった後、さっきまで見ず知らずのおじさんのチンコが入っていたことを思い出し、中に出されたザーメンを指に絡めてオナニーしちゃいました。でもまだ物足りなくてアプリを開いていました。

 夜中の2時過ぎでした。もっと激しくされたい。もっと私を汚して。『今、見ず知らずの男性に中出しされました。それでも構わない男性は私を犯してください』そんな書き込みをしていました。

 返事をくれた30代後半の男性が来るまでにシャワーを浴びてベッドでバスタオル一枚で横になっていました。背の高いがっちり体型の男性が入ってくると私を見て「めちゃくちゃに犯してやるよ、スケベな女」と言い、素早く裸になり私に覆い被さりバスタオルを剥ぎ取り荒々しくおっぱいを揉まれました。

「イヤ、先にシャワーを」と、抵抗しようとしても男性の力にはかなわず、されるまま犯され中に出されました。一回で終わらず三回も。オマンコから大量のザーメンを垂らし、ぐったりとした私を見て嘲笑うように身支度をして出ていく男性。

 だらしなく開いたオマンコは、痺れまだ男性のチンコが入っているような感覚でしたが体は満足していました。そのまま男性の匂いに包まれて眠っていました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ