女子トイレを漁っていた部下の男性社員

 今年の4月から、ある会社の地方の小さな営業所で所長をしています。歳は36です。部下は全員男性で、みんな基本的には良い人なのですが、1人だけ厄介な人がいます。一番古株の50歳、仮名をYさんとします。

 ある日、私が夜遅くに帰社すると、女子トイレから物音がしました。女子トイレなんて、私以外に使う人などいるわけもなく、電気も点いてないし、変だなと思って入ると、何とYさんがスマホのライトを片手に汚物入れを漁っていたのです。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 最初、Yさんだと気づかず、思いっきり悲鳴をあげてしまい、YさんはYさんで私の悲鳴にビックリしたみたいで、お互いパニックに。落ち着いた後、事情を問いただすと、以前から私に好意を持っていたらしく、私の身に着けたものが欲しかった。

 そこで私の使用済ナプキンに目をつけたとの事でした。でもまだ生理のタイミングじゃなかったので、汚物入れは空だったんですけど。彼のした事はもちろん問題ですが、好きな人が身につけていたものを欲しいという気持ちは、わからないでもないのです。

 こんなおばさんの私を、きちんと性の対象として見てくれたことも嬉しかったですし、どうしたらいいのか、わからなくなりました。彼のリクエストに応えるべきか、このままビジネスだけの関係で終わらせるか、迷ってます。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ