女医さんにペニスを押さえられての診察

 都内のある病院で、若い女医さんの消化器・泌尿器科にかかったときのことです。ペニスの根元と肛門の間に、突き上げるような痛みを感じることがあったため、診察にかかったところ、前立腺肥大かもしれないということで、超音波で前立腺をみることになりました。

 パンツを脱いで横になるようにということで、診察台に横になりました。エコーで調べる器具にゼリーをつけて、下腹部を調べてゆきます。ペニスは勃起しておらず、邪魔になるので自分で手で隠していました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 別に露出目的で診察したわけではなかったのです。ところが、だんだん勃起してしまい、手では隠せないサイズに。女医さんは「元気ですね」と微笑んでくれましたので、手をはずしました。

 勃起したペニスは女医さんの診察には邪魔だったようで、女医さんが手で押さえての診察が続きました。睾丸の炎症かもしれなということで袋のほうもエコーで調べ、片方の睾丸が炎症を少し起こしていることがわかりました。

 女医さんは何を思ったか、尿道の様子もみましょうということで、勃起したペニスを下腹部に押さえつけて、ペニスにエコーのスキャナーをあてはじめました。先から根元まで。ゼリーをつけてでのエコーで非常に気持ちよくなってしまいました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ