【官能小説】淫行女教師・・2/2

乳首でしてあげる
 いい考えが浮かんだ。芳男の切ない部分に初めて触れるのは乳首にしよう。(乳首で犯してやるわ)そう思うと、思わず、唇を舐めてしまう。(さあ、おいで、勃起したモノ同士をくっつけてあげるから)

 そり返った器官のつけ根を握りしめたままで、一枝は自分のブラウスの前をはだけた。スリップの肩紐をずらしレースに包まれていたまっ自な乳房をぶるんっ。年齢の割には小さな乳首がくっきり、芳男のペニスに向かって固く突き出ていく。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

「あ・・」何するの? というように芳男の両目が乳首と自分のペニスを交互にチラチラと見る。直立し過ぎている若々しいペニスの角度をやや、水平へと戻してやる。「痛い?」「うん・・あ、でも大丈夫」「そう?」

 今度は一枝のほうがむきだしの乳房を突き出していく。小さな固い乳首で芳男のペニスのエラのあたりを小突く。そのまま乳首を擦りつけていくと小さな乳首と大きな亀頭の表面がつるつると擦れ合った。

 芳男の先端の小さな唇の部分がぴくぴく開いて、透明なツュの玉が大きく盛り上がり、滑り下りてきた。その雫が一枝の乳首に伝い流れてくる。「芳男くん・・」

 たまらなくなって、今度は握りしめているソレをゴムマリのように弾んでいる乳房の表面に押しあてた。ドクドク脈を打っているのが握りしめている一枝の手のひらや指先に直接伝わってくる。

「先生、僕・・、・・」芳男が悲痛な声を出し始めた。「うう一っ、いいっ・・」とろん、となま温かい体液がこぼれ出てきた。ねっとりとしたミルクがトク、トクという感じに吹きこぼれてくる。

「ああ、うう・・」芳男は首までマッカにして必死に押しとどめようとしているが、とても無理なようだ。「いいのよ、このまま、出していいから。先生のオッパイ、汚して。ね?」汚して、と言われて芳男はとうとう放ち始めた。とろりとしてねっとりした精液が一枝の乳房と乳首をネバネバにさせる。

 スリップはともかくとして、ブラウスに精液の匂いがつくのは困る。全裸だったら、思うがままに浴びてむいいのだけれども・・かといって、このまま、止めさせるのも、もう無理のよう。乳房の表面がますますネバネバに濡れる。「いい子ね。分かったわ。待って」

 指を這い上がらせ、濃いネバネバのミルクを今度は芳男自身の茎の表面になすりつけてやった。びっしょり濡れた芳男の陰茎は薄暗い教室の中で鋭いピンク色に光り、とても悩ましい。

 芳男の体液の濃厚でなまなましい匂いが一枝の顔にふりかかってくるようだ。いつのまにか一枝は芳男の先端を上へ向けさせ、顔を近づけていた。

 ただでさえナマナマしい匂いのする少年のイチモツなのだから、精液の匂いまで混じり合って、ムッとする香りだった。色濃い体液はまだこぼれ出ている。一枝は唇を近づけ、開いた唇から舌の先を突き出していった。滑らかな先端に舌の先が触れると芳男が再び坤きはじめた裏の節目もあらわな若い幹は先端を膨れさせ、その表面に血管を浮き上がらせている。

 先端の唇からこぼれさせているソレを一枝は唇の中にゆっくり滑りこませていった。10代の男のあのモノはしょっばく、なま臭い。でも、尚も滑りこませていくと、一枝の口の中いっぱいに固く膨れきり実にしゃぶりやすくもなる。

(少し、深く・・)肉の厚い唇だが、小さめだから、芳男のモノでも、頬張るとぎりぎりだった。半分近くも滑りこませてしまうと、いつもの、少年のモノを口に含んだ時の官能が一枝の中にこみあげてきた。初めて、女の口の中の感触に包まれ、芳男はどんな気持ちなのだろう?

 頭上からはなんともいえない芳男の呻く声が聞こえる。きっと、一枝が強く吸いたて始めたからだろう。一度、唇を引き下げ、今度は強く吸いたてながらゆっくり唇を引き上げていく。唇に擦られる感触と吸いたてられる感触が同時に起こるのだから、16歳の男の子には少し強烈過ぎたかもしれない。

「あ・・あ・・」息を詰まらせ、一気にこぼし出した。

 まだ、時間が30分もたっていなかった。芳男は濡れそぼったままの下腹部をむきだしに、汚れたリノリウムの床の上にあおむけに転がっている。一度、放出をしたというのに、芳男のピンク色の茎は再び力を持ち始めている。

「どうだった? 満足した?」「どうして・・こんなこと、してくれるのかなあ」芳男はねっとりした視線で一枝を見上げ、まだ、切なそうにため息をついている。「良かったのね? ずっと覚えていてね。今朝の感触」「うん!」力強く答え、その日に感激の色が見えた。

「先生って、いやらしいでしょ?」「えっ? え、ま、まあ」「馬鹿ね」「えっ?」「いやらしいのはこれからなのよ」くすくす笑い、一枝は芳男の傍の床に座った。フレアースカートが広がり、スカートのすそから一枝の下半身の匂いがほんのり漂い出てしまう。

こぼれたミルク
 ナイロンストッキングにぴっちり包まれた肉づきの良い太腿が露出すると、芳男の手がおずおずという感じにその腿の表面に這い上がってきた。一枝は笑い、スカートのすそをふわりと持ち上げると、芳男の手と自分の太腿をスカートで覆ってしまった。

「もっと、手を奥へ入れてもいいのよ」滑らかなストッキングに包まれた太腿の間を芳男の手が這い上がり、一枝の足のつけ根に触れた。パンティー無しの。ナイロンストッキングに包まれただけの下腹部に芳男の指の先が触れ、ギクンと止まった。

 ナイロン地を通して、黒い毛の生い茂る部分にジカに指先が触れたのだ。内部がぬるぬるに潤っているので、谷間の閉じ合わさった筋目から愛液がにじみ出て、毛の部分がびっしょりだった。ストッキングさえ濡れているのだから、芳男の指先はいやでも、自分がどこに触れているかに気づく。

「せ、先生の・・」芳男の呻く声が一枝には心地良いBGMだ。「そうよ。先生も興奮しちゃって、びしょびしょなの。そのまま、指でいじって。ね、いいでしょ?先生、芳男くんにいじられたいのよ」「ほ、ほんとに?」「女だもん。あたりまえ。さあ、やって」「う、うん」

 五本の指がねっとりした部分をかき回す。広がったスカートの中で一枝は足のつけ根を広げた。足の股間の黒い部分が大きく広がり、濡れた秘所の部分が広範囲に開く。

「こ、これ・・先生の、あ、あれなの?」「そうよ」 スカートの中で芳男の指が一枝の秘所を撫で回し始めた。ナイロンストッキングが広がった割れ目にぐっしょり貼りつき、その上から芳男の指先がナイロン地ごと、花びらをくすぐり始める。

「ん・・もう少し、うえ・・そう、指を上へ持っていって。ああ、そこ、そこ・・」芳男のずり上がった指のはらが、ナイロン地の上から肉の蕾をこね回す。

「せ、先生、これ、これ・・」「ここは女の泣きどころよ。芳男くんの指、先生のクリトリスに触れてるのよ・・・」ぬるぬるこね回されると、一枝も調子を合わせるように、広げた陰部を回し始めた。

 すると、すっかり開いている箇所にただれるような甘い痺れが染みのように広がり、一枝は我慢が出来なくなった。「ああ、いい・・ね、芳男くん」一枝は呻き、芳男の手に、広げた陰部を被せていった。

 濡れた秘所を擦りつけ、自分から燃え上がっていってしまったのだ。しかし、フレアースカートにふんわり囲まれているからその様子は芳男には見えない。芳男はただ、指先に擦りつけられる女陰の濡れて熱いどろどろの感触に圧倒されているようだ。

「僕、先生の、全部、触ってんだね・・」「そうよ。先生、嬉しいわ。芳男くんにもっといやらしく触って欲しい・・」芳男の下腹部がみるみるピンと持ち上がってくる。毛を根元にたくわえ、いっぱしの大人の男のように・・

「先生、その・・あの、み、見ちゃ駄目なの?」ああ、やっと言ってくれたのね。もう、遅いんだから・・」「見たいの?」「う、うん・・」「じゃあ、こうしちゃう・・」フレアースカートを再びふわりと広げ、一枝は芳男の胸またがってしまった。

 そのまま、腰をすり上げ、フレアースカートごと、芳男の顔を覆ってしまった。「う・・」スカートの奥からこもった芳男の声が聞こえた。「息が詰まっちゃう?ごめんね・・」

「大丈夫だよ、先生の、見えないかなと、思って・・」「ああ、そうね。見たいのね?」一枝はフレアースカートの前を持ち上げて光を入れた。すると、ストッキングに包まれた淫らな下腹部の部分がむき出しになってしまった。

 白い下腹に黒い毛が茂っているが、ナイロン地に潰れて、いっそう、ひわいに見えた。外陰を囲む黒い毛が潰れたまま広がり、しかもそのあたり一帯が濡れてキラキラと光っているのだ。

中に出して
「芳男くん、先生の・・舐められる?」「い、いいの・・」「馬鹿・・して!」ナイロン地ごと芳男の舌が触れ、いきなり陰核のあたりを舐め回し始めた。

「ああ、いい・・芳男くん、指も使って、先生の撫で回して、舌と指で・・うう、そう、そうよ」芳男の指がグリグリと突き刺さり、ペろペろと舌の先が陰核の表面をナイロン地ごと舐め上げてくる。「ゆ、指、もっと下へ・・そう、そこ、分かる? 先生のお尻の穴よ。そこ」「うう一つ!」

 呻きながら、芳男が指をお尻の穴に差し入れてきた。芳男はもう、夢中で、その指を深くナイロン地ごと突っこみ、一枝の割れ目を食べるようにむしゃぶり吸いたててくるばかりだ。

「待って、ねえ、待って」一枝の目がきらりと光った。「芳男くん、先生のソコ、破って・・・。ね、破けるよね」芳男は言われている意味に気づき、パンティー・ストッキングの股間のあたりを引っ張り、歯を押しあてた。

「早く・・先生、ジカに芳男くんにされたいの」痔くような興奮だった。芳男は呻き、舌打ちし、ストツキングと格闘をしている。やがて彼は糸切り歯でストッキングに穴をあけることに成功をした。あとはその穴に指を突っ込み、ぴりぴり破るだけだった。

 ちょうど股間の縫い目の片側にあたる部分が縫い目にそうようにして、縦に長く破れ始めた。もともと引っ張られている部分だから、破けてしまうとアッという間に、一瞬にして、陰部のあたり一帯が完全にむき出てしまう。

 ちょうど毛に囲まれた部分から濡れそぽつ会陰部。そしてお尻の穴までが完全に露出してしまった。欲情しきったそこはむっちり盛り上がり、大人の女の匂いをただよさせている。

「す、凄い・・」芳男の手が一枝の濡れじゃくった外陰部に触れた。ひくつく花びらと肉の菅の部分に芳男の息が吹きかかる。少年の舌の先が突き出してきて、一枝の熱した菅にジカに触れた。今度はそろりと、ゆっくり舐め上げてくる。

「う・・ん。いい!」一枝は芳男の顔の上で股間を揺さぶった。谷間はびっしょり濡れて、毛はおろか、内膜まで濡れて光っている。「うん、うん・・」腰を振り、割れ目を芳男の舌に思いきり擦りつけてしまった。「もう、もう、駄目みたい」

 一枝は黒い毛に囲まれている部分を芳男の顔から引き上げそのまま、ずり下がった。再び、フレアースカートの中に一枝の秘所が姿を隠す。一枝はそのまま、少年の腰の隆起へと淫らな股間を持っていき、

 スカートの中で、彼の先端に自分の毛を押しっけていった。手をスカートの中に差し入れ、少年のモノを握りしめ、自身のストッキングの破れ目から覗く部分をぬるぬると擦りつけた。

「入るとこ、見たい?」「う、うん・・」少し腰を落としてから、再びスカートのすそを持ち上げ、二人の結合部を露出させた。ヌツと立ち上がった芳男のピンク色の小ぎれいな塔の先端が既に一枝の股間の黒い毛の間に没している・・

「ああっ・・・」芳男が目をむき、自分のイチモツが女陰にゆっくり吸いこまれていくサマをジイッと見上げていた。一枝は芳男の上で腰を落とし、少年の清潔で清らかな隆起をゆっくり、自分の秘所へと滑りこませていった。このペニスは、今、初めて、女のその感触を味わっているのだ・・

 そう思うと一枝のとばロがキュツと締まって、少年の柄もとのあたりをきつく咥えこんだ。そのまま一枝が腰を上下に動かし始めると、ピンク色の肉の塔が黒い毛の間に姿を隠したり、再び濡れ濡れになった柄もとをさらけだしたりする。

「駄目! も、もう、出る・・よ・・」「いいの。出して。先生の中に出して。大丈夫よ。きょうは大丈夫だから・・」一枝はゆっくり、ゆっくり、腰を動かし続けた。イチモツを咥えたとば口のあたりから白いミルクがこぼれ出ても、まだ固い・・

 一枝もゆっくり痺れ始めた。16歳の少年を犯すのはなんて素敵・・なのかしら、と。



↓他のHな体験談を見る




ホームへ