Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 女子校生・女子大生 › 女の子が恥ずかしくて屈辱的な体験をした話
2019-12-25 (Wed)

女の子が恥ずかしくて屈辱的な体験をした話

 高校3年のときの出来事ですから、もう6年前になります。放課後の部活練習中に突然の大雨に遭いました。雨に打たれてビショ濡れになり、練習着のまま帰宅しました。

 ずぶ濡れの私を見て、母は「あら、それじゃ風邪引くわよ。これからお風呂屋さんに行くんだけど、一緒に来る?温まるよ!」と誘ってきました。母はお風呂の道具をもって出かけるところでした。


↓ マッチングアプリのお勧め ↓




↓ 女性有料 男性無料 ↓

 母はその頃、週に何度か近所の○○湯に通っていました。「お風呂屋さんで温まるのはいいけど、近所のオバサンたちに裸を見られるのはイヤだし、どうしようかなぁ?」と迷っていたら、母は私の着替えを持ってくるなり「出かけるよー!」

 その気合いに圧倒されて、私はつい「うん」と答えてしまいました。家から数百メートル歩くと○○湯の高い煙突と建物が見えてきます。小〇校低学年の頃、父に連れられて来た記憶はありますが、利用するのはそれ以来です。

 入口で男女左右に分かれ、女湯と書かれた引き戸を開けて母に続き脱衣場に入った私は愕然としました。何と番台に、たまに顔を合わせるオジサンが座っていたからです。オジサンの座っている位置からは、脱衣場全体が丸見えでしょう。

 近所のオバサンたちでも抵抗があるというのに、顔見知りのオジサンに裸を見られてしまうのです。私は頭の中が真っ白になってしまいました。でも、母はそんな私のことなどお構いなしに「今日は娘も一緒なんですよ」と、オジサンに気軽に話しかけています。

 21歳で私を産んだ母はその頃30代後半で、友達のお母さんたちと比べても抜群に若く、キレイでした。ちょっと悔しいけど、今でも父似の私より母の方がキレイです。

 母は番台のすぐ近くのロッカーを選び、オジサンを気にするふうもなく裸になると、さっさと洗い場に入って行きました。その様子を見ながら、私は「ヤダー!お母さんたら。いくらお風呂屋さんでも、他所の男の人に裸を見られて恥ずかしくないのかしら?」と不思議に思いました。

 母の様子にはオジサンに対する羞恥心や警戒心が全く感じられません。「お風呂屋さんなんだから、裸を見られても恥ずかしがることはないんだよ」と、無頓着で体育会気質の母は割り切っていたのでしょう。

 性格面でも父に似て神経質な私は、番台からかなり離れたロッカーを選んで濡れた練習着を脱ぎ始めました。気恥ずかしいので番台の方には目を遣りませんでしたが、オジサンにずっと見られているような気がして落ち着きませんでした。

 しかも、胸から下をタオルで隠したいのに、着替えの中に肝心のタオルが見当たりません。モジモジしていると、母が前も隠さないで私の様子を見に洗い場から出てきました。

「私のタオルは?」と聞くと「あらー!忘れてた!」のあっけらかんとした一言。気恥ずかしさを押し殺して、うつむき加減で母の後に付いて洗い場へ向かいました。

 カランの前に座り、髪と顔と全身を洗い流して浴槽に浸かっていると、母は「先に上がるからね」と言い残して、洗い場から出ていきました。

 脱衣場に出ようと洗い場から顔を出すと、母は番台のすぐ近くで素っ裸のまま、オジサンと親しそうに話をしながらタオルでカラダを拭っています。

 そのとき私は、オジサンが母の豊かな胸やボウボウとヘアの生えた下腹部を、しきりに見ていることに気づきました。おまけに母はロッカーの方に向き直ると、上体を深く屈めて股間を拭い始めたではありませんか。

 お尻は番台の方を向いているので、オジサンには母のアソコが丸見えでしょう。他所の男の人にアソコまで見られている母に耐えられなくなった私は、「お母さん、タオルちょうだい!」と思わず叫んでしまいました。

 ところが、これがとんだ藪蛇でした。待ってましたと言わんばかりに、オジサンが「タオル貸しましょうか?」と母に声をかけてきたのです。それに母が「えー、お願いします」なんて応じたものだから、私は全裸でタオルを番台まで取りに行く羽目になってしまいました。

 胸と下腹部を手で隠したかったのですが、母の手前もあって恥ずかしい思いをグッとこらえました。番台の前で顔を上げると、オジサンは全裸の私をジッと見ていまいました。

 顔見知りのオジサンに前も隠していない全裸を正面からジッと見られたことは、好きでも何でもない男の人に処女を奪われたようで、すごくショックでした。

 処女は大学1年のときに卒業しましたが、今でもこの「母娘丼」の一件を思い出すと、屈辱感がこみ上げてきます。その後、二度とお風呂屋さんには行きませんでしたし、オジサンと顔を合わせるのがイヤで○○湯の近くを通るのも避けていたくらいです。

 母もやがてオジサンのエッチな視線に感づいたらしく、今では家のお風呂に入っています。


↓他のHな体験談を見る
FC2ブログランキング



出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


Top Pageへ

最終更新日 : 2019-12-25