女が公園のトイレで寝たフリした体験談

 今年もしてみようと思いますが、とりあえず去年の話です。夜遅く公園のトイレの壁にもたれて眠ったふりの私。そばにはコンビニの袋、中身はビールとチューハイ。

 袋の外には飲みかけのビールの缶、その状態でひたすら待機、タイミングよくものの数分で人が来ました。目を閉じてるので顔は分かりませんが、声からするとまだ若そうな男の人。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 最初にペチペチと顔を軽く叩かれ、起きるか起きないか確かめてます。「おい、ちょっと来てみろよ」トイレの外に呼び掛けました。「んー?」仲間がトイレ内に入ってきて

「おっ」
「完全に寝てるぜ」
「ひょっとしてラッキー?」
「でもバレたらまずいな」
「性病も持ってるかも」

 仲間と話ながら服をいじってます。おっぱいが露出された感じ・・そして私を抱え起こして個室のひとつに押し込めました。「俺、ゴム買ってくるわ、見張ってて」ちらと見えたけど男達は二人組、片方が一緒に個室に入り、カギを掛けました。

 片方がゴムを買いに行くと、一緒に個室にいる男がフライング。財布から隠し持ってたゴムを取り出し、ちんちんに装着。トイレの水でまんこを濡らして私を犯してきました。

 男がイって1分ぐらいでノック「俺や」私を犯した男がドアを開けました。中の様子を見たゴムを買いに行った男が見て「あっ、ずりーぞ」「いっこだけ入っててん」辛抱たまらんって感じで、

 買ってきたゴムを付けさっそく私のまんこに突入。交代で2回ずつ私を犯し
「しゅうなも呼ぶ?」
「まだまだ起きないかな?」
「爆睡してるし、まだいけそう」
「しゅうなに連れ呼ばせて1000円ずつ徴収しようぜ」

 スマホで、私の裸とか撮影したり、おっぱいにしゃぶりついたりしてる間に3人ほどやって来て、5人で交代で私は犯されました。その内のひとりが

「生でやってもいいかなー」
「それはええけど、中に出して証拠残すなや」
「撮影とかしてるし、このまま肉便器にする?」
「それ、ヤバない?」
しゃべくりながらなおも犯され続け、しばらくして男達は去っていきました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ