生理が来るまで恐怖だったエッチな体験談

 バイト先の店長が転勤になり、一緒に勤務する最終日に閉店後事務所で「今だから言うけど実は前々から気になっていた」と口説かれた。40歳既婚だったけどイケメンでタイプだったので、勢いでキスしてそのままエッチの流れになりました。

 だけどゴム無いし、生理後半月で丁度排卵期の危険日だったから「絶対に中に出さないで下さいね」と約束して身を任せました。しかし店長は実はかなりの変態で、お〇っこした後の私のアソコを舐めて吸い付き

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

「お〇っこのニオイがたまらない!」とか「お〇っこ出る?飲みたいから口の中に出してよ」とか言い出してドン引きしてしまいました・・だけど一番最悪だったのは立ちバックの体制でアレを入れた瞬間

「ウッ~~」って声をあげた。そして店長のアレがピクピク動き、下腹部辺りが生暖かく感じました。入れた瞬間イッてしまったみたいで私は絶望感に襲われ、妊娠への不安と恐怖で泣きました・・

 店長は「実は僕パイプカットしてるから絶対に大丈夫だから」とか言ってましたが信じられなかったです。店長の自宅住所、電話番号、奥さんの携帯番号まで教えてくれて、万一妊娠したら乗り込んで来て良いから。

 と言われ不安な日々を過ごしました。結局無事に遅れることなく生理が来て、店長に伝えることなくバイトも辞め携帯も変えました。私の中で最低なエッチです。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ