行き付けの整体院で濡れたエロな体験談

 28歳のOLです。今年の春に初めて東京から関西に転勤になりました。その日は年度末で忙しい時期に加えて、転勤のための引継ぎもあって体がくたくたに疲れていたので、残業の後にその頃行き付けだった会社の近くの整体院へ行きました。

 40代前半くらいの先生に急に転勤が決まったことを伝えて、今までお世話になったお礼を言うと「○×さんが来なくなるのは寂しいですね。今日は餞別代りにサービスしますよ。」と言われました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 整体院のスウェットに着替えてベットにうつ伏せになると、くたくたに疲れていたせいであっという間に眠ってしまいました。ふっと目が覚めると背中とお尻が何だか涼しいので、ぼんやりした頭でどうしてかなと思ったら、

 スウェットの上着はめくられて、ズボンはお尻の下まで下げられていました。その日はパンツスーツを着ていてショーツは黒のTバックを履いていたので、

 先生にお尻を見られているよりも、黒のTバックのショーツを履いていることを気付かれたことにたまらなく恥ずかしくなってしまい、そのまま眠ったふりをしていました。

 先生は息遣いが荒く、Tバックのラインぎりぎりに指を這わせてきます。何度も何度も指で擦られると、私も段々とマッサージとは違う気持ちよさを感じてきてしまい、思わずお尻をよじりそうになるのを懸命にこらえました。

 それから先生はTバックにマッサージを始めて、徐々に下に指を這わせていって、急にじっとりと湿ったところまでいくと、Tバックで湿っているところを何度もいじり始めました。

 私は"こんなに濡れてしまって、先生にも気が付かれて、どうしよう。"と泣きそうな気持ちになりましたが、今さら目を覚ます訳にもいかず、眠ったふりしかできません。

 先生は私が目を覚まさないせいか、湿ったTバックの端から指を入れて動かしてきました。その瞬間、思わず「いや・・」と声を上げてしまったので、先生はビクッとして動かしていた指を止めましたが

「れいこさん、起きちゃったんですか?もっと気持ちよくしますね。」と言いながら、さらに小刻みに指を動かし始めたのです。恥ずかしさと気持ちよさとに交互に襲われて、それからすぐに私は先生の指だけで逝ってしまいました。

「また東京に来ることがあったらいつでもおいで。」と先生に言われましたが、先生の顔をまともに見ることも返事をすることもできず、逃げるように整体院を出てきてしまいました。

 家に帰ってから料金を払わなかったことに気が付いて、東京へ戻ることがあったら料金だけは払いに行った方がいいのか、少し悩んでいます。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ