【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

【官能小説】上品な人妻が強姦された・・1/2

2019/12/13
■官能小説
高価なランジェリーの買い物・・
 滑らかなシルクジョーゼットのキャミソールを見て、典子はため息をつき、白い頬を早くも赤くさせてしまった。女性の下着を扱うナイティー専門のブティックで買い求めたものだが、セクシィなランジェリー類に圧倒され、よく見もしなけであこれこれ店員に言われるままに買い揃えてしまったのである。

 カードで払ったのだが、かなりの金額にあってしまい、典子はちょっと恥ずかしくなった。なんといっても、買い求めたものが下着類である。それも、セクシィなランジェリー類専門の店なのだから、夜の生活をあれこれと想像されるのでは・・顔を赤らめたのである。



 もっとも、そんな自空流過剰の客は典子ぐらいだったかもしれない。高額商品だけに客は金持ちの女性が多いのだが、その品物を選ぶサマときたら、えげつないというか、下心が見え見えというか、実にあかれさまであるのだった。

 店員が同性ということもあって「いやねえ、これ、進一け過ぎよ。もっとも、進一けないと困るんだけど・・ほら、チラリッと黒いのが進一けたりするのがウチの人の好みなのよね」

 などと、夫婦間のあさましい行為を連想させる言葉を平気で吐く有閑マダムが多いのだった。しかし、実は、典子だって、その目的でセクシィな下着を買い求めた訳で、結局は、同類なのである。ただ、典子は情熱や欲望を内に秘めるタイプの女だっただけである。

 自宅に戻り、典子は早速、寝室で、買い求めた下着類をベッドの上に並べてみた。家事をしてくれるおばさんも帰らせ、典子一人だ。「素敵だわ・・どきどきしちゃう・・」思わず、独り言を言い、典子はわくわくしながら、自分の体からブラウスやスカートをはぎとり、ブラジャーやパンティー類も全部脱ぎ捨ててしまった。

 まだ、外は明かるいというのに、ごうして全裸になることに、典子は背徳的な性感を覚えたベット下の横のクロゼットの扉が鏡貼りになっているので、典子のなまめいた裸体が足の先から頭のてっぺんまで、なまなましくうつしだされていた。

 ぷるんと弾けた乳房やほっそりくびれた腰のライン、そして、肉づきの良い太腰などが湿ったような光沢を放ち、なんとも、自分の目で見てさえ、そそるものを感じさせた。腿や腿の合わせ目には、細かく縮れた黒毛が扉を開いたような形に群れ広がり、つや光したその毛むら見て典子は再びため息をついた。

 久しく夫の体が触れていない部分だった・・典子の結婚は望んだものではなかった。典子の父親の経営する会社が、危機的な状態になった時に、金銭面での援助を質に、今の夫である近藤進一が典子との結婚を条件に出してきたのである。

 今時、そんな話が・・と、人は思うだろうが、実際にはこのような話がゴロゴロあるのが実状なのだ、と典子は近藤と結婚してからまざまぎと思い知らされた。家族の大借金を背おってソープ界に飛びこむ若い女や、売春に走る人妻の話などを身近に聞く事もあった。

 夫の近藤進一は大手の食品会社の社長をしている。ワンマン社長で、会社の上層部は同族でがっちりと固められている会社だった。ワンマンの常で、かなり強引な事をしている男だった。現在、夫は四十七才になるのだが、この近藤に泣かされた下請け会社がかなりあった。

 典子の父の経営する会社も近藤の会社の下請けである。近藤進一の父で、現在、会長に就いている男が一代で起こした会社である。二代目の社長はその初代に似ていると評判なのである。

 女子大を出たばかりの、世の中のことも男女のことも全く知らない典子は、ひとまわり以上も違うこの夫によって、男女のあれこれを教えこまれたのだった。初めはいやいやだった・・

 それが、少しずつ、味を覚えて、体が反応をするようになり、典子は恥ずかしがりながらも夜のそれを秘かな愉しみにするまでになった。典子が腰使いを覚えたり、夫のモノを夢中で吸ったりするサマを近藤は可愛いものを見るように愉しんでいたのだった。

 そんな夫も、今は、性の吐け口を二十代の若い愛人に求めている始末。開拓され、感動しきっている典子の女体は放っておかれたままだった。レース地や透ける素材のキャミソールやパンティー類の中から、典子は淡いベージュのミニスリップを取り上げ、裸体にその繊細なジョーゼット地の布地を滑り上がらせた。

 フランス製のそれは透ける素材で出来ており、典子の裸体にぴったりとフィットしていた。すそのあたりはフレアー型になっていてゆるやかに波を打っている。丈が短く、ぎりぎり、腿の付け根あたりまでしかない代物だった。

 腿の付け根の縮れ毛がわずかに覗き見え、ぴったりフィットした布地が進一けて、黒い毛むらの存在が浮き出るようにも見える。丸い乳房が布地を押し上げるように突き出て、乳首の濃い色も透けて見えた。

 典子は唇を舐め、そのまま、しどけなくべッドに裸の尻をついた。鏡を見ると、全裸に近い自分自身がその鏡の中で煽情的なポーズをとっていた。


上品な人妻のオナニー・・
 その美しい肢体をああかこうかと淫らにくねらせてみた。両足を閉じてキュッと引き上げ、むき出しのお尻の双丘をまる出しにさせてみた。そうやると、双丘の合わせ目の一番淫らな裏側がまざまぎと見えた。恥ずかしいお尻の穴から会陰部のあたり・・。

 会陰部の端からは黒い縮れ毛がはみ出してしまっている。けれども、このポーズでは、女の恥ずかしい局部はまだ、見えない。典子は目を潤ませ、鏡の前で大胆なポーズをとってみた。足を広げ、腿の付け根をさらけ出して、陰毛にびっちりと囲まれているゾーンを鏡に見せたのだった。

 典子は第三者になりきった目で、そのあられもない部分を覗きこんだ。(ああ、凄いわ・・。ぜ、全部、まる見えだわ・・)目の端がカッと熱くなり、腰の中心部がモヤーッと溶けていくような感触を味わった。

 典子は三十三才の女だった。憂いをふくんだような瞳が印象的な、なかなかの美人だった。ゆるやかにウエーブした髪の毛が肩のあたりまであり、上品な顔の送りをしている。生活にゆとりのある上品な人妻・・。それが典子の印象だった。

 そんな上品な人妻という言葉の正反対にあるポーズをとっている自分に、典子はゾクゾクするような性感を覚えた。鏡にくまなく裸身を見せ、典子のほっそりとした指の先がおずおずと、白い腿の内側へと滑り出した。

 その指先はぴっちりと生い茂る大陰唇の黒い縮れ毛をたどって、何重もの楕円形を描いた黒い繁みに囲まれた秘部が、秘唇を火照らせて、みるみる濡れてくるのがわかる。典子はその部分を自ら慰めたくて、濡れてうす暗く光っているそのあたりをめくったりこすったりしてみた。

「ああ・・、いいっ!」

 喘ぎ、呻く典子はますます、もじゃもじゃの縮れ毛の生え揃っている一帯を大きくさらけ出し、腿の付け根をぎりぎりまで広げていやらしい地帯を好きなようにまさぐつてみた。くねる指先が、汁をたっぷりと吸った肉ひだをある一点へと引き寄せるようにくじっていく・・

 指が激しく動き、汁が激しい音をピチャピチャとたてた。典子は赤らむ顔をイヤイヤさせ、自分を煽るために、夫に教えこまれた言葉を声に出して言ってみた。「あ・・ああ・・オ、オマンコ、とてもいいわぁ・・あ、ああ、も、もっと、いろいろして!こ、こすり回して・・」と独り言ように、典子は指先が二枚のひだを上部へと掻き撫でていく。

「うう・・ん、ああ、そ、それよ、オサネのほうへ吊り上げて・・。ああ、そのまま、指をずり上げて、オカネの皮を剥いて・・」恥ずかしくも淫らな言葉が、どうしても口をついて出てしまう。

 どうしようもないのだった。典子はそのような言葉を口にして夫の情欲を煽るように教えこまれてしまっているのである。初めはイヤイヤだったが、今では自身を煽る言葉でもあった。

「う、うん・・、うん・・」 クリトリスに被さる縮れ毛を指先で払い上げて、その指の先で悩ましく火照に部分を押し潰すようにこね回してみた。汁引き状態だから、ネロネロとよくこすれ、その一帯がとろけて消えてしまいそうなほどに気持ちが良かった。

 陰ひだのあたりに甘い疼きがパーッと広がって、典子は「ああ・・」と、たまぎるような声をあげた。「ああ・・いい、いいわぁ・・壊れちゃう・・」異物を突っ込んだまわりが、間欠的にビクッ、ビクッと激しく引き吊っていた。縮れ毛がびっちり生い茂った陰門部がムッチリと盛り上がり、熱気を帯びて湯気が出そうである。

 異物を深々と差し入れたので、そのまわりから透明な汁がタラタラと溢れ出てきた。(あ、ああ・・な、なんて、いやらしいのかしら・・私のオマンコ)

 典子は腰を回し、もう、鏡を見る事を忘れて、異物をめりこませ、汁まみれのやわひだを異様な硬さのモノで突き回し、こすり回した。典子の毛まれの部分が自ら同心向き描いて怪しい動きに切り変わった。(うう・・こ、こんなモノでイクなんてみじめだわ・・)

 そう思わないでもなかったが、また、一方では、すました顔をした自分がこのようなあさましい行為をしている・・という自虐感のようなものもこみあげてきて、いっそう熱か入ってしまうのだった。

 ふと、再び、鏡に見入ると、大きく広がった白い股の問で、毛深い部分がヌラヌラと濡れて、汁を吐き出しているくの見えた。男性が、この部分を見たいがためにいろいろな労力を払わなければならないのだ、と思うと、典子はほくそ笑むような思いだった。

 いやらしいモノを持っている女は、こうして、思いっきりいやらしいサマを、ああかこうかと愉しむ事が出来るのだ。(ああ、なんていやらしいモノを持っているのかしら、私って・・)典子はあでやかなその部分から視線をはずすと、ギュッと目を閉じ、股の間を追いあげるために、毛深い部分をせわなく回した。

(ああ・・、いいわー・あーッ、とろけうやう!)異様な堅さのモノを奥深く埋めこみ、股の付け根をピクピクッと震わせて、「あ、ううーん・・」と、甘い声をひと声あげて、ガクッと倒れたのだった。


夫へのフェラチオ・・
 その夜、夫がめずらしく早く帰宅したので典子はいそいそと進一の世話をやいた。「なんだ、どうした、随分と今夜は御機嫌じゃないか。さては高い買い物でもしたんだろう? え、おい、典子」進一があおむけになり、毛深く茂っている局部地帯を典子の目に無防備にさらした。

 寝る前に、夫の体にオイルマッサージをするのが妻の役目でもあった。今夜の典子は買い求めたばかりのキャミソールとレース地のセクシィなパンティを身につけ、こうして全裸の夫の体を優しくマッサージしているのである。

 夫のみだらがましい一帯にオイルをすりこみながら、典子は夫のモノに顔を寄せ、そのなまなましいオトコのモノの匂いを嗅ぎ回った。風呂上がりの夫の体だったが、そのモノからは微かに異臭がした。

一日の、男の股間部にこもっていた蒸れたような異臭だった。その異臭が芳香のように典子の鼻の奥を刺激し、官能を呼び起こした。「おいおい、何するんだ。そんなことをしたら、おっ勃っちまうだろう」進一がニヤニヤと笑いながら続けた。

「それとも、お前、亭主のペニスを勃たせて何かワルサがしたいのか?」
「だって、あなたの、匂うんですもの。お風呂場で洗ってこなかったの~」
「ああ、どうせ、汚れるんだ、と思ってさ」
「え・・あら、いやだ・・」

 みるみる、典子の頬が赤らんでしまった。それでは、今夜は、夫はこのモノを妻の体に埋めこもうとしているのだろうか・・「どうした。たまには夫婦であれこれすのもいいだろう。お前だってしっぽりハメられたいだろう~」(ハメる! しっぽり・・)

 典子は恥ずかしいほどの飢えを覚えた。久しぶりに、なまなましい肉棒を突っこんでもらえる・・そう思ったとたんに膣の人口がキュウと引き締まり、恥ずかしいほどに濡れてきてしまった。

「そのかわり、せいぜいサービスして俺のをおっ勃ててくれ。このごろは勃ちが悪くてなぁ」そんな事を言ったが、進一のその部分がまんざらでもないというように、激しいそそり勃ちの様子をみせてきた。

「そのパンティーを脱いでオケケを見せろ」進一に言われて典子はいそいそと薄ものの下着をずり下ろした。本当は夫の手でパンティーをずり下げられたかったのだ。

「ふうん。久し振りに見ると、やっぱり、典子のオケケはそそるねえ。お前のいいところは、オシッコもしませんというようなすました顔をしているくせにオマンコの毛がいやらしく生え揃ってる事だよ。

 上品なめのくせに下半身には人格が無いんだからな、突っこまれる事ばかり考えてるんだろう~なぁ、典子ちゃん」久し振りの夫の言葉なじりだった。

「いやねえ。そうさせたのはあなたじゃないですか」典子のオイルまみれの手が夫のイチモツの根元に触れ、そのイチモツの表面にオイルをすりこんでいく。

「ふうう。ああ、いいマッサージだ。チ○ポに力が沸いてくるよ。先っぽの皮もめくってくれよ」進一がワザと腰を突き出すような仕様をした。典子は大きな鈴のように膨れた手冠部の周りの包皮をオイルごと、ヌルーッと剥き下げてやった。

 たちまち、男の芳香がたちのぼってきて、典子は、その肉潜に舌をあてがって舐め回してしまった。夫のモノにかなりの迫力でそそり勃ち、その肉の悩ましいラインに典子は陰唇をののらせてしまっていた。

 夫婦の間に子供は無いが、その原因はどうやら夫のほうにあるらしい。このようにみごとにそそり勃っているのに・・と、典子は切ないほどの欲情を覚えた。情熱の内側に秘めこむだけに、典子は官能に火が点くと弱い女だった。

「ねえ、あなた、これ、舐めてもいいわね」
「ああ、やってくれ。典子のペニス舐めは絶品だからな。お前には情があるから。本当にうまそうにペニスをしゃぶってくれるから」

 いつになく、進一は機嫌が良かったが、その訳がわかった。以前からねらっていたある会社の乗っ取りに成功したらしい。秘かにその会社の株を買い占め、乗っ取った時点で、初めて進一が顔を出すという策である。「数日のうちに発表する事になる。新聞やテレビでも騒ぐだろう」

 進一は満足げだ。進一が社長に就任してからはいうもの、会社の規模がかなり大きくなった。総て、強引なやりくちであり、汚ない事もやっているようである。進一はハンサムでもないし、小柄な体はでっぷりと肥え、みにくくすらあった。それでもカリスマ性があり、エネルギーがあった。

 典子が夫にひれ伏すように仕えてしまうのも、ギラギラした夫のあつかましくまでのエネルギーに魅せられているからだった。タフな夫は性的な面においてもあつかましく、また、それが、女の体にはとてつもなくいい味となるのだ。

 夫の性交はセックスと呼ぶよりも、オマンコをする、という言葉がぴったりだった。「典子。気合を入れてペニス吸いをしてみろよ。お前の好きなようにさ」いつもは若い愛人にたっぷりと舐めさせているだろう肉棒だった。

 嫉妬の思いもあって典子は入念に舌を這わせ始めた。粘い唾液の糸を引きながら舌先を太い肉棒の裏側に這わせ、裏筋の内のひきつれの部分を下から上へと一気に舐め上げていく。次にはヌルヌルーッと舐め下ろし、舌先を左右にそよがせてバンジョーを弾くように、肉の詰まった筋を刺激した。

久しぶりのクリニングス・・
「ほう、ほう・・。ああ、ウチの奥さんのお舐めはひと味もふた味も違うよ・・」まんざら、嘘でも無いらしい。オウオウと唸り、進一は自分からも腰を動かし始めた。進一のモノが完全に勃ち上がると、そのモノから淫靡な匂いが漂よってきた。

 典子は手冠部のみを口に含みそのまま、頭を回転させて夫のモノをチューチューと吸いたてた。手では根元をリズミカルに刺激している。夫が一番好きなフェラチオなのだった。

「あんまり夢中になるなよ。よ、典子、そのまま俺を跨でよ。お前のきれいなあんよの付け根にあるモノを見たいんでね」典子は夫のモノをしゃぶったままで、胸をときめかせて、反対向きに跨がった。

 キャミソールが大きくめくれ、むっちりとした尻の双丘がまる見えである。進一の手が背後から、典子の大陰唇を縮れ毛ごとめくり広げた。「全く・・。ほれぼれする位のいやらしさだよ。ドドメ色のびらびらが大きくめくれてるよ一。汁のしたたるおちょぽ口がまる見えだ」

(ああ・・、早くいじくって!)典子はモジモジと腰を動かし、夫野の顔の上のあたりに秘園をこすりつけてしまった。「なんだ、オマンコをどうして欲しいんだ」典子はしゃぶっていた夫のモノから口をはずして、せっせとその肉棒を上下に手でしごいた。

「あ、ああ・・、ね、ねえ、な、舐めて」自慰では決して得ることの出来ないお舐めの感触を求めて、典子は淫らがましく腰を振った。「そうか、ウチの奥サンはオマンコを舐められるのが好きなのか。ようし、口でちゃんと言ったら、すりきれるまで舐め回てやるぞ」

(す、すりきれるまで!)ああ・・と典子は喘いだ。それがどれだけ欲しかったことか!半年近くも、放っておかれた場所なのだ。「あ~ああ、ね、ねえ、オ、オマンコ、舐めて・・ああ、お願いよ、あたの舌で舐め尽くして欲しいのよ」

「そうか、そうか、よし、してやるぞ。舐めやすいように股を広げてあおむけになれよ」ベッドの上で、典子はそのポーズをとった。今度は夫が上になって、逆向きに被さってきた。秘園の両側が夫の手の指によってネローッとあさましいほどに広げられる。

 そうして、粘い汁引きのお舐めの感触が久し振りにその箇所を襲ったのだった。びらびらがネロネロと押し潰されるように舐め回され、広げられる・・ズルー、ビチャッと汁を塗り広げる湿音が響き渡った。

 「ああ・・いいっ! あーっ、オマンコのひだがとろけそう。ああ、もっもっと、やって・・オマンコのひだを吸って! オ、オサネを転がしてよう・・」

 典子は乱れに乱れた。自分の指では得られない、男の舌のさばきに夢心地となり、汁をこぼれさせ、夫の壁塗りでもするような舌さばきに悶絶寸前である。

「おいっ! 典子、俺のもしやぶってくれないか。猛烈に催してきた。口を被せろ!」
「あ、ああ・・は、はい・・」

 頬を赤らませて、上から押しっけられる毛むくじゃらのモノを頬張った。すると、夫の指先がヌルリと這き滑って、典子の肛門部をいじり始めた。(うううっ・・こ、これ、久し振りだわ)肛門をいじりながらの局部舐めだった。

 典子はそれをまともに受けたくて、毛むじゃらの陰門部を広げるだけ広げてから、肛門から手むくじゃらの一帯をヒュンヒュンと吊り上げるように上下に動かした。その淫らなサマに進一が刺激されたのか、舐め回しの舌を引き上げ、逆に、イチモツのほうに神経を集中しだした。

「うーむ。た、たまんない。典子、口の中にドバッと出すぞ。ちゃんと呑めよ。あとでお前の股の間にも一度、くれてやるから」

 その言葉に典子は素直に反応した。進一は自分でも腰を激しく動かし、ついに肉栓をするように、根元近くまで典子にしゃぶらせ、そのまま、一気にほとばしらせてしまった。

「呑み干せ・・ううっ・・ああ、最後の汁まで、全部、呑み干すんだ・・」典子は吸いたて、ズルズルと呑み干し、夫が舌先でベロベロと舐め回した。

「アバズレみたいで良かったぞ、典子」進一が息を弾ませて熱っぽく典子を見た。
「もうちょっと待て。お前にらもキッーイのをぶち込んでやる。今夜は燃えるぞ」

 情熱的な進一の声に典子はボーッと頬を赤らめた。ああ、もうすぐ・・と喉がゴクリと鳴る。夫に思う存分、オマンコをしてもらえるのだ・・。

【官能小説】上品な人妻が強姦された・・2/2へ

↓他のHな体験談を見る
FC2ブログランキング


血液検査を、もっと身近に、もっと手軽に。必要な血液はわずか1滴で病院と同等の検査精度を実現。
【検査項目】
・男性向けがん検査
・女性向けがん検査
・生活習慣病検査
・B型・C型肝炎検査
【銀座血液検査ラボ/ketsuken】

Top Pageへ
ブログ管理人
Author: ブログ管理人
当サイトは18歳未満の閲覧は禁止
◆女性の告白・体験談 (5418)
┣  OLの体験談 (495)
┣  女子校生・女子大生 (355)
┣  素人の体験談 (462)
┣  主婦・人妻の体験談 (738)
┣  未亡人・シングルマザーの体験談 (57)
┣  不倫の体験談 (418)
┣  看護師の体験談 (71)
┣  パート・派遣社員の体験談 (161)
┣  生保レディーの体験談 (28)
┣  女教師の体験談 (40)
┣  社長秘書の体験談 (7)
┣  知り合いとの体験談 (305)
┣  出会い系の体験談 (662)
┣  近親相姦の体験談 (78)
┣  スワップ・乱交の体験談 (215)
┣  風俗系の体験談 (116)
┣  泥酔いでの体験談 (8)
┣  マッサージでの体験談 (319)
┣  セクハラ・痴漢・レイプ (879)
┗  その他体験談 (3)
◆男性の告白・体験談 (6676)
┣  学生の体験談 (348)
┣  会社員の体験談 (1004)
┣  会社での体験談 (80)
┣  社会人の体験談 (797)
┣  自営業の体験談 (71)
┣  セールスマンの体験談 (54)
┣  タクシードライバー (24)
┣  看護師との体験談 (125)
┣  人妻・不倫の体験談 (539)
┣  パート・派遣社員との体験談 (153)
┣  お持ち帰りした体験談 (54)
┣  スワップ・乱交の体験談 (486)
┣  近親相姦の体験談 (185)
┣  セクハラ・痴漢・レイプ (320)
┣  知り合いとの体験談 (915)
┣  おじさんの体験談 (252)
┣  出会い系の体験談 (984)
┣  風俗系の体験談 (280)
┗  その他体験談 (5)
■女性を口説くテクニック (8)
■女の子に潮を吹かせるテクニック (4)
■SEXの雑学シリーズ (26)
■Hな事件簿や下ネタ (7)
■官能小説 (42)
未分類 (1)