女から誘うHな誘惑が癖になっている痴女の告白

 午前2時。ムラムラして眠れないので最近はまっている。車内オナをしに区役所の駐車場へ行きました。植木に囲まれた真っ暗な駐車場です。端の一番暗いところに車を止めてシートを倒しました。

 パジャマ代わりに着ているワンピースのままでした。NB.NPです。ワンピースを脱いで全裸になり体中を触っていきます。外で誰かに見られるスリルで、全身が敏感ななって家でする何倍も興奮するので止められません。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 焦らしながらDカップの胸をゆっくり揉み、どきどき乳首をつねるように引っ張ったりします。アソコはすでにびっしょり濡れています。持ってきたバイブにつばをつけるように舐めながら、クリを剥きバイブをゆっくり入れてスイッチオン。

 中を掻き回すようにゆっくり出し入れして、剥いたクリに振動があたり体中に電流が流れたみたいに刺激が走ります。まだ物足りない。今日はいつもより刺激が欲しい。

 出会い系に『26歳の欲求不満です。先着1名様に犯されたいです』と書き込み、場所の簡単なヒントを書きました。ナンネだと100定されちゃうけど、深夜の田舎の出会い系なら見てる人も少ないと思って。

 4時になったら帰ろうと決めてオナニーしてました。40代の男性が『すぐに行きます』とメールしてきました。写メを見ても誠実そうな男性です。『着いたら窓をノックしてください』と返信しました。

 後部座席に移りルームランプを点けてバイブをアソコに入れたまま待ちました。車が入ってきて近くに止まりました。男性が近づいてきてしばらく中を覗いた後窓をノックしました。

 見られてる。恥ずかしいけど興奮する。男性を招き入れました。男性は入って来るといきなり抱き付きキスしてきました。無理やり舌を入れられ胸を鷲掴みにされて。初対面の男性に激しくされて興奮するなんて。

 アソコに入ったままのバイブを奥まで押し込み、グリグリ奥を刺激されました。体が自然と仰け反ると乳首を噛まれました。男性の股間を触ると大きくなったおちんちんが、ズボンの中で窮屈そうでした。

「おちんちん舐めさせて」とズボンをおろし大きくなったおちんちんを咥えました。男性はバイブを抜くと固くなったおちんちんを奥まで一気に。犯されるように激しく強引に入れられて興奮の絶頂でした。

 急に男性の動きが早くなり私の中で果てました。おちんちんを抜いて垂れてくる精液をお尻に感じてぼう然としました。初対面の男性の精液を膣の奥で受けて感じてしまうなんて。男性が帰ってしまってもしばらく放心状態でした。

 全裸のまま後部座席で、アソコから男性の精液を掻き出すように指を入れていました。その時いきなりドアが開いて別の男性が入ってきました。「今度は僕の番ですよ」と言うとズボンをおろし、大きくなったおちんちんを口に押し込んできました。

「やっぱりさっきのおっさん中出ししたか」とアソコから垂れた精液を見ながら言われ「僕も中出しでいいですよね?」と言うので「はいお願いします」とおちんちんを舐めながら言いました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ