俺の性欲情の処理に世話になった未亡人との体験談

 俺がまだ調理師見習いを卒業し、中習になりとある店に入った頃に中居をしていた女性晴美さん、当時30位だと思った。俺18 経験は既に10人は越えていた。その店には若い衆と呼ばれる調理師20人位いた、地方では有名店だった。

 入って1年が過ぎた頃。俺は上から5番手まで登っていた。慰安旅行があり電車の座席4人掛けの俺の隣に座ったのが晴美さんだった。何かと世話を焼いてくれる晴美さんに惹かれていた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 定休日前の夜食の時、晴美さんが食堂を出る時俺の耳元で明日喫茶店(店から一番遠い所の名前を言い)9時に来てと小さな声で囁き、賄いのおばさんにご馳走様と言い食堂を出て行った。

 明くる日9時前に喫茶店に行くと、晴美さんはもう来ていた。晴美さんが今日予定有るの?って聞いて来た。俺「別にないと」答えると、じゃぁ今日1日私に頂戴と言ってきた。

 喫茶店を出た後、晴美さんが聞いてきた。経験は?俺「はい」とだけ、晴美さん「じゃぁ大丈夫だね」狭い町だから少し離れて着いて来てと言うなり、駅の方に向かって歩き出した。

 電車に乗ってからは、俺の側に寄って少し離れた町で降りた途端に、俺の手を取り腕組みする晴美さん。行く先はラブホだった。部屋に入るなり俺に抱き付いて来てキスのおねだり、キスが終わると俺の服を脱がせにかかる。

 全部脱がせると、俺をソファーに寝かせフル勃起したチンポを見て、アラもうこんなになってと俺のチンポをくわえ扱きながらジュッポジュッポと頭を上下、余りの気持ち良さに2分位で晴美さんの口の中に爆発させた。

 晴美さん、俺に大分溜まってたんだね、口からこぼれ落ちそうだったと笑った。ブラとパンティだけの姿で俺の側に来てブラのホックを外してと背中を向ける。

 パンティも脱がすと、又俺のチンポを見てまだ立ったままなんだ・・カワユイと言いながら扱き舐め廻していた。ラブホに入ったのが10時過ぎ、出たのが夜の9時その間ずっーと晴美さんとのセックス。

 何回したか覚えてない、俺が早漏だったせいかでも回数だけはこなせた。終わりが無いセックス、旦那さんが亡くなってから5年位だと言ってた。

 ラブホから帰り晴美さんの家に連れて行かれ、朝まで全裸で抱き合い店に入る時間ギリギリまで、晴美さんの穴の中チンポを突っ込んでた。この日を境に晴美さんとの関係が俺が店を止めるまで2年近く続いた。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ