セクハラで逝ってしまった情けない私の告白

 以前勤めていた会社のお話です。面接は二、三質問があってその場で採用されました。後でわかったのですが、私の胸が大きいから採用したそうです。小さい会社で、営業の人が出払ってしまうと、私と面接官だった男性上司の二人きりになってしまいます。

 最初のうちは少しエッチな質問をされるくらいでした。胸のカップやサイズを聞いてきて、私は少し困りながら曖昧に笑ってごまかしてました。たぶんそれがいけなかったんだと思います。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 入社して半月くらいしてから、二人きりになると上司が隣に座るようになりました。肩を揉んであげると体を触られました。おっぱいが大きいから肩がこるでしょ、と言われて私は恥ずかしくて堪りませんでした。

 そのうち制服の上から乳首を探り当てて押し込まれるようになり、私は乳首が感じやすいので思わず喘いでしまいました。ブラジャーもつけて制服も着ているのに、乳首が凄い目立ってしまって、やらしい乳首だね、

 初めて見た時からこうしてやろうと思ってた、だから君を採用したんだよと耳元で囁かれて、服越しに乳首をつままれて私はいってしまいました。乳首でいく女性を初めて見たのか、上司はとても驚いて興奮していました。

 シャツのボタンを外して胸元をはだけさせると、Gカップの谷間に指を入れたり、ペンを入れたりしてきました。私の胸にペンや指が挟み込まれて見えなくなると、牛みたいなデカパイだね、と私の羞恥心を煽ることをたくさんしてきました。

 上司の命令でお尻やおっぱいをコピー機に押し付けて印刷したり、営業さんの机や椅子でオナニーをさせられたりしていました。私も抵抗するのですが、乳首をいじめられるとスイッチが入ってしまいとめられませんでした。

 一番興奮したのは、上司が椅子に座って、私がその机に座りM字開脚をしながらの乳首オナニーです。上司がポールペンや指であそこをいじめ、私は乳首オナニーをします。いやらしく喘ぎ声をあげて何度もいきました。

 クンニされて乳首オナニーしながら電話対応した時は頭がおかしくなるかと思いました。個室の居酒屋でおっぱいを丸出しにして乳首アクメさせられたり、セックスさせらりたりしました。セックスはホテルや上司の車でもしました。

 上司は私を四つん這いにして、乳首をいじめながら後ろからせめてきました。お尻を叩かれ、中出しは何度もされました。いやらしい雌牛だから、モー以外の声を出してはいけないと言われ、できないときはお尻を激しく叩かれました。

 あの強引なセックスが今でも忘れられません。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ