Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › OLの体験談 › 会社の女同僚が旅先でアレを咥えていたHな体験談
2019-11-23 (Sat)

会社の女同僚が旅先でアレを咥えていたHな体験談

 私の話でなくてごめんなさい。体験談ではなくて目撃談です。私は29歳、会社の同僚で仲の良い久実さん30歳と箱根湯本に1泊で旅行しました。ロープウエイで芦ノ湖まで往復したり、温泉にゆったり浸かって、私はグロッキー気味。

 久実さんはマッサージを呼ぼうと言いました。予約が遅かったので22時に部屋に来るとのこと、夕食後、またお風呂に浸かり私は布団でウトウト、寝てしまったようです。




 ふと、物音に気づいて目を開けると、そこに驚きの光景、なんと久実さんが若い(といっても40代くらい)のマッサージ師さんの太いPにしゃぶりついてるのです。

「お客さま、困ります。そんな・・」「マッサージで気持ちよくしてくれたお礼よ。それに、あそこ疼いてたまらないの」久実さんの普段とはとても似つかない甘い声。久実さんはマッサージさんのPをなめながら、あそこをクチャクチャいわせて慰めています。

「あー、もうギンギン。太くて固い!ねえ、来て、お願い」久実さんはマッサージさんを押し倒すと浴衣を脱いで
固くなったPをつかんで自分からまたがります。その後ろ姿がくっきり見え、メリメリとPがあそこにのめり込んでいくのが見えます。

「あー、固い。おっきい。子宮に当たる・・!」久実さんの白い背中が激しく上下して、出入りがはっきりと見えます。私は布団の中で思わず自分の乳房をもみ、自分のあそこに手をやりました。もう恥ずかしいくらい濡れています。

「お客さま、そんな声を出したらお連れ様が起きてしまいます」「大丈夫、ひろさんは一度寝たら起きないって!ああ、いくっ・・」久実さんはいったのか、大きくのけぞり白目を向いています。

「ああ、気持ちいい。ねえ、前からお願い」二人は体位を変えます。今度はマッサージさんが久実さんの体を割って入り、正常位で貫きます。「うわぁ、すごい。おっきい、裂ける!!」確かにマッサージさんのPは太く黒光りしています。

 角度にもよりますが、私もこんな太いの見たことありません。その太いPが抜き差しされるたびに久実さんのあそこから白濁した愛液が押し出され、ヌラヌラと光ります。部屋の中はすっかり隠微なにおいに充ち満ちています。

 私の手の動きも激しくなり、クリトリスは尖り、同じように愛液があふれ、二人に音が聞こえないかと心配になるほどです。

「お客様、そろそろ、いきそうです」
「中に出して、今日は安全日だから、お願い、中に出して・・」
「いいんですか。本当に中で」

「出して、注いで、ぶちまけて、久実のオマンコに頂戴」
「いい、またいきそう!すごい、出して、一杯出して・・」
「いきます。いきます」マッサージさんは射精したようです。
「あっ」二人とも同じ声を出して動きがピタリと止まりました。

 私も小さくいったようです。そして目を閉じました。明くる朝、久実さんは何もなかっように振る舞い(ただ心なしかすがすがしく精気に満ちた感じがしました)、私が先に寝たのをからかうほどでした。そして、また秋に一緒に旅行に行こうと約束しました。

↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ



Top Pageへ

最終更新日 : 2019-11-23