熟女フェラは初体験で気持ち良かった体験談

 もう20年くらい前のこと。(22~23歳のころ)当時は国道沿いに24時間営業のゲーセンがあり、仕事帰りに良く行ってた。0時過ぎくらいだったと思う。帰ろうとして、駐車場に出たとき、50歳位のおばさんに声掛けられた。

「お兄さんどっち方向に帰る?」「送ってくれない?」とかだったと思う。オレは、終電に遅れて困ってるのかと思い、いいよって答えた。(このへんはよく覚えていない。)車の中でおばさんは、エッチな話題を話始めた。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 ソープに行ったことあるか?とか、こんな女は気をつけろとか・・軽く聞き流していると、ソバでも奢ろうか?って言い始めた。そのころオレは世間しらずの純情な青年で、下心とか想像もしてなかった。

 親切心からだと素直に思い、国道沿いのラーメン屋に寄った。ラーメン食べたあとお礼をいい、運転に戻ると雨が降り出してきた。しばらくするとおばさんは、次の道を曲がったところでいいよって言った。

 曲がってスグのところに線路下のガードがあり、ここに停めてっていわれた。外は真っ暗で雨なのに変だとやっと気付いたバカなオレ。おばさんは「ねぇ、お兄さんチャック開いているよ」って言い出し、オレの股間を触ってきた。

 とっさに手を払うと「おばさん若い子が好きなんだ、チョットだけ見せて」とか言い出した。そのころまだ童貞だったオレは、うろたえるしかなかった。お兄さん可愛いとか、なんとか言い出し、首に手を回してきてファーストキスを奪われた。

 すごく力が強かったのを覚えている。かなりディープにされ、ファスナーの中に手を入れられ、チンコをまさぐられた。不覚にもボッキしてきて、あとはされるまま。なぜ逃げなかったのかいまも分からない。

 子供が親に逆らっては行けないような気分だったかも知れない。ズボン降ろされ、下半身をさらけ出された。かわいいーとかいいながら、舐め始めた。初フェラだった。おばさんは、わけの分からないことをうめきながら、音を立ててしゃぶり続けた。

 2日くらい風呂にはいってなかったので、汚いのにとか思っていた。出したらいいけないことのように思い我慢してたけど、口の中に出てしまった。飲み干した後も、チンコをしゃぶり続けていた。

 オレは嫌悪感と気持ちよさが混じって、なんともいえない気分だった記憶。最後は少しおしっこ漏らした。時計は2時近くになっていたから、1時間くらいはそんな状態が続いたと思う。

 おちんちん美味しかったとか言い、抱きついてきた。オレの手を自分の胸に持っていこうとした。手を払った。このままじゃヤバイと思った。その後、オレの手を強く握りながら、ごめんねとか言ってたと思う。

 元の国道に戻り、ドライブインでおばさんを降ろした。その日は会社をズル休みした。チンコがひりひりしてた。熟女経験はその1度だけ。今も近くを通ると思い出します。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ