Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ■官能小説 › 【官能小説】パチンコの借金を女の体で・・2/2
2019-11-02 (Sat)

【官能小説】パチンコの借金を女の体で・・2/2

 会社で仕事していてもタバコ臭い大音響の音楽のパチンコ店内を思い、早く定時の時間にならないか・・そんな事ばかり考えて仕事をしていました。女性のおしゃれの楽しみである、洋服や化粧にも余り気を使わなくなって行きました。

 又、彼からのデートのメールにも用事があると断るようにもなっていきました。
そんな時間があったらパチンコしたい!
デートのお金があったらパチンコしたい!
洋服を買うお金があったらパチンコしたい!
化粧品を買うお金があったらパチンコしたい!




 と、何かに取り付かれた奴隷の様にパチンコをしました。ですが運だけでは勝てないパチンコ。パチンコするのに金が無い、そんな時に思うのがサラ金。人間慣れは恐い、なんの緊張感、ドキドキ感も無く4件目の無人契約機からお金を借りました。

 消費者金融から借りたお金を、あたかも自分の貯金の様に使っている。それもパチンコと言うギャンブルの為に・・この先どうなるんだろう!最近彼からも連絡が途絶えがちだし・・と行く末を考えるようになりましたが、パチンコを打つ事で不安を打ち消す私が・・いました。

 この時点で
「武富士:50万円」
「アコム:30万円」
「アイフル:40万円」
「プロミス50万円」合計170万円 
返済金額合計:40000円

 それでも止められないパチンコ、調子が良い月は15万円程勝てたが、負ける月は20~40万円と負ける月が多かったですが、4件のサラ金の返済も1度も延滞した事は無かったです。まだクレのキャッシング枠20万円あるので、いざとなればキャッシング。

 そんな時、友達の結婚式、親戚の葬式が重なりいきなりピンチになり、10万円キャッシング・・でもここで私がパチンコを止める転機がありました。友達の結婚式に出席して、友達の幸せそうな姿を見て羨ましくなって、私の今の荒れた生活と比べている私がいました。

 幸せになりたい結婚したい、パチンコにうつつを抜かしている場合では無いと奮い立ちました。この日から私は白いウェデングドレスの写真を部屋に貼り、ウェデングドレスを着る私を思い浮かべてパチンコを止める決心をしました。

 パチンコ止める決心をしましたが、年収270万円の私がサラ金の借金170万円を返済していくのは大変です。数ヶ月前まで思っても見なかった自転車が始まりました。

 そんな自転車をしても借金の元金は減らず、毎月末が地獄でした。早く給料の他に収入を得なくては・・数日後、夜のアルバイトのホステスの面接を受ける為に、狭い部屋にいました。担当者は40歳位のおじさんで、私のミニスカートをチラチラ見てあれこれ説明してくれました。

「では何時から来れますか?」
「来週夕方7時~11時で宜しいでしょうか?」
「12時までにしてもらえませんか!」

 と話がまとまり、来週から週3回以上出勤のホステスのアルバイトが始まりました。時給は2500円で指名が入るとプラスアルファ・・でも衣装は自分持ち。店に出入りしている業者から分割で衣装を3着購入しました。12万円

 さあ来週から初体験のホステスレビュー、お酒も強くないし、会話も得意じゃないし・・と不安はありましたが、やるしか無いと自分に言い聞かせました。今ではパチンコ店の前を通っても

「あんなもん、儲からないのに、良く打っているなぁ~」
「1時間で20000円も捨てて・・」
「あぁーあ、おじいちゃん、おばあちゃん、早く目が覚めて」
「パチンコは100%儲かりませんよぉーーー」
「パチンコは身を滅ぼしますよぉーーー」

 パチンコで作った借金170万円返済の為に、ホステスのアルバイトを選んだ私。今日は初出勤、退社後、店に行き衣装に着替え、10人程の先輩ホステスに挨拶後、店の隅のソファーで待機。お客は2人いました。

 お客が入店すると挨拶回りの繰り返しで1日は終わりました。 輝かしい花びやかな社交場。女性が輝く事が出来る舞台。男性に口説かれる事が多い性の駆け引き場。いままで会社では経験出来なかった、性にうごめく男女の世界を垣間見たのが、一日目の感想でした。

 パチンコで借金を作らなければ、このような世界には踏み入れなかったと思いますが、会社での毎日変化のない仕事より、何時しかホステスのアルバイトが楽しくなってきました。お酒を飲み普段では話が出来ない、社会的地位のある方とも話ができますし、男性にももてましたから。

 アルバイトを始める時に、ママに言われました。「プライベートでは合わない・店に来てもらう」「お客に気があるように思わせる」「笑顔を絶やさない」「お金を使わせる」「体めあての誘惑が多いから」他にも言われた事は色々ありました。

 ホステスのアルバイトを始めて1ヶ月後、私もホステス業に慣れて来て、お酒も少し強くなったようですが、相変わらずお客様との会話は苦手でしたが、ヘルプで席に付くと「綺麗な女性ですね!」と言われ、指名も付くようになりました。

 まぁ~褒められるのは社交的な事だと思いまが。アルバイトを始めて最初の給料は251000円もらえましたが、衣装代、化粧品、装飾等で給料の大半が消えてしまいますが、サラ金の返済金額はホステスのアルバイト代でまかなえました。

 元金は殆ど減っていませんが・・パチンコで170万円のばかな借金を作ってしまった私。海外旅行が何回行けたのだろう!エルメスのバックも買えたのに!

 ホステスは男性からの誘惑「今日、店が終わってからお寿司でも・・」「休日に外で逢いたい・・」「10万円でどう~・・」とお誘いが本当に多いのには、正直ビックリしましたが、やんわりと断る方法もママからアドバイスを聞いていたので、対処出来ました。

 恋人からの連絡も無くなり、3ヶ月間、男に抱かれていないと女の性が疼きました。特にお酒が入るとお客の股間が気になり、お客とデートして(抱かれて)10万円になるなら・・一石二鳥で今の私の悩みが解消出来るので、10万円には心が動きました。

 数ヶ月が経ちましたが、ホステスはみすぼらしい格好が出来なく、バイト料を貰っても借金の返済の利息分くらいしか残りませんでした。このころ早く借金を返して、楽になりたいと・・

 焦りを感じていました。そんな私の心の隙間に入って来たのは、某会社の重役(45歳)で店に来ると私を指名してくれた常連客でした。「1晩20万で夜の夜景を楽しまない!」いままでも色々誘われていましたが、20万と聞いて私は心が動きました。

「私の体がわずかな時間で20万」「20万あれば楽になれる」「お金が欲しい」頭の中で整理する為にトイレに行き覚悟を決めました。明日は土曜日で会社は休み「抱かれよう!」・・そして私はメモを書きました。

「さっきの20万の話、本当だったら私はOKよぉチュ~」のメモを持って戻り渡しました。重役は私の耳元で「ありがとう~!」と囁き、店の玄関まで出てどこかに電話していました。私は直感でホテルの予約・・と思いました。

 それからの重役の目は終始、私のバストやドレスから割れた太腿を舐めるような目つきになりましたが、私は普通に接待しましたが頭の中は「今日は好きでもない中年の男に抱かれるのだ~!」と言う不安がありました。

 閉店間近になり重役が「閉店したら2つ無効の角で待っているから~♪」と言い残してお帰りになりました。店が閉店になりロッカーで私は下着を新品に着替え、化粧をし直して店を出ました。

 パチンコで作った借金がこれほど私の人生を卑屈な人生にするとは、パチンコは悪魔だ・・と思いながら重役が待っているだろう街角まで歩きながら、唇びるをかみ締めながら思いました。

 重役と待ち合わせた場所に着き、辺りを見回すとタクシーが一台止まっていました。そのタクシーに近づくと窓が開き重役が乗っていて、重役は笑顔で手招していました。私はミニスカートの裾を気にしながら、タクシーに乗りました。

「お腹すいていないぃーー」
「私の知っている店で寿司のうまい店があるので行きましょう」
「ご馳走になります」

 と私は答えてタクシーが発車しました。道中は店の女の子の話(陰口が主)を重役がするので、私は当たり障りの無い返事をしていると、5分程で寿司店に着きました。極上のにぎり寿司でお腹を満たして、店を出てタクシーを拾いいよいよホテルに向かいました。

 タクシーに乗ると重役は私に密着して、左手で腰辺りを撫ぜ回し、右手で私のミニスカートの中に手を入れて来ました。私は何も抵抗しないで重役のなすがままに身を任せました。

「私は買われた女」そんな事を思い、自分に言い聞かせて・・・10分程でホテルに着き部屋に入りました。すると重役は「今日持ち合わせが10万しかないので、明日口座に振込むから口座番号は」「それなら腕時計を預からせて下さい!」(腕時計はカリチェ)

 と言って口座番号を教えました。勿論10万円と腕時計を受け取り私と重役の商談は成立しました。重役は私に1枚1枚脱いでくれないか・・と言うので私は上着、ブラウス、パンスト、ミニスカートを脱ぎ、下着だけになりました。

 そしてブラジャーを外し、パンティー1枚に・・・体臭がきになるので、私はシャワーを浴びたいと言うと、重役は私をベットに倒すとキスをしてきました。私は重役の荒々しいキスにこたえて喘ぎ声を出しました。

 首筋やバストを舐められ、乳首を吸われ男日照りであった私の体は、重役の愛撫に徐々に反応していきました。愛撫は上半身から下半身に移り、両内股を舐められ私の口から

「あーーぁ、気持ちいーーぃっ」
「あ~~っ、あっあっあ~~ん」
「そうかそうか~綺麗な体だーー」・・そして最後のパンティーを脱がされました。

「汚れているから・・イヤぁー」と言いましたが「女の匂いがするから良いんだ」と重役は私の股間に顔を埋めてペチャペチャとクリニングスを始めました。重役のクリニングスは年季が入っているので、私が快感の渦に巻き込まれるのに時間はかかりませんでした。

 私の恋人とのSEXでは淡白で、クリニングスは経験がありませんでした。それがいきなりSEX経験豊富な重役のクリニングスですから、今まで経験したことの無い、悦楽が嵐の海の波の様に私の体を襲いました。おそらくアソコは恥ずかしいくらい濡れに濡れていると思いました。

 長い~長い~クリニングスが終り、重役は服を脱ぎ始め裸になり私の両足を広げ挿入してきました。腰の動きはユックリ、ユックリと私のオマンコを味わうように・・ユックリ~ユックリ~と。そして私の両足を重役の肩に担がれ深く、深く子宮に届くくらいまで挿入され、下半身が痺れてしまいました。

「締まりの、い、い、オマンコだ」と重役が一言いいました。

 その後も重役は体位を変えピストンが続きました。いろんな角度からオマンコを突かれ、私は言葉にならない呻き声を上げていました。微かな意識の中で「中年のSEXは凄いぃーー」と思いながら、より深い快感を求めて重役のペニスを私のオマンコが締め付けていました。

 そしてバックから突かれ背中を舐められた時は、私は悲鳴をあげて「い、いイクーーっ」と叫んでいました。が重役は緩めることなく息を荒くして私を攻め立て、重役は正常位で膣外射精しました。あと一緒にお風呂に入りフェラチオしたりして、お互いの体を楽しみました。

 借金の為に体を売りましたが、このことで女の喜びを知ってしまった私は「中年の輝く星」となり、その後も体を売りました。借金は全て返済して貯金も600万円に・・ホステスのアルバイトを始めて7ヶ月目です。勿論、会社は退社して恋人の彼とは別れました。

 私の体験から得た事は「パチンコは身を滅ぼす。ギャンブルの借金は死をも考える魔物」でした。店内の自殺、幼児の車中放置とニュースを見た事があります。そんなニュースを見ると、当時の苦しかった時期を思い起こし心が痛みます。

 もう一度言います。パチンコは身を滅ぼす!ギャンブルは魔物!



↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ



Top Page

最終更新日 : 2019-11-02