Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 看護師との体験談 › 俺の性趣味は浣腸して排泄するプレイ
2019-10-21 (Mon)

俺の性趣味は浣腸して排泄するプレイ

 昨年の年末に都内の病院に2週間ほど入院ました。会社の健診で病気が見つかり手術する必要があったからです。何種類もの検査を経て手術の前日に入院しました。

 手術すると当分お風呂にも入れないとの事なので、シャワーを浴びてのんびりしていましたところ、担当看護師が部屋に入ってきて「明日の朝6時に浣腸しますから」と言われました。




 最近は手術の時でもあまり浣腸はしなくて下剤で対応していると聞いていたので、まさか浣腸されるとは思ってもいませんでしたので露骨に「エッー!」といやな顔をしました。でも本物の看護師に浣腸してもらえるなんてめったにないことですから、内心では嬉しさいっぱいでした。

 人に話すと軽蔑されるかも知れませんが、私は浣腸されたいという密かな趣味を持っています。そのため時々ナースプレイができる風俗店に通っていました。産婦人科の内診台で浣腸され、そのまま見られながら排泄するプレイです。

 やっぱり変態ですよね。その後はイルリガートルによるお湯での腸内洗浄を2,3回行うというパターンです。あのダイアナ妃も美容と健康のために行っていたという事で、自分自身に対して正当性を持たせておりました。

 都内にも数件あるプレイ店がそれなりに繁盛しているという事は、この手のマニアの数が少なくないことを表していますね。夕方になって担当の交代ということで入ってきたのがなんと男!でした。

 まさか楽しみにしていた。明日の浣腸をこの男にされるのではないかと本気で心配になりましたよ。さすがにその晩は手術に対する不安などでなかなか寝付かれませんでした。年のためか普段は早起きなのですがその朝は目が覚めず「おはようございます」

 という女性の声と部屋の電気の点灯によって起こされました。時計を見るとちょうど6時です。現れたのは30代前半の気さくな感じの看護師でした。深夜に再度交代があったようで、女性の看護師に代わってホッとしました。

「予定通り今朝は浣腸しますね」検温、血圧測定、問診などが終わり、ワゴンをベッドの脇に持ってきました。「これから150cc注入しますね」と取り出したのは蛇腹型のディスポでした。さすがにでかい!ですね。ネットの通販カタログでは見た事ありますが実物は初めて見ました。

「左を下にして横になってください」体を横に向けると看護師にパジャマのズボンとパンツを膝まで下げられました。看護師の動きを見るために顔だけは起こしていました。「少し膝を曲げてください」ゴム手袋をはめて指にワセリンを付け、アナルに塗られました。

 風俗だと指が入ってくるのですが、ここは病院ですのでさすがに表面をなぞるだけでした。これからしばらくは看護師にお世話になるので、チンポが起ったところを見られるのは恥ずかしいなと思っていましたが、指が入ってこなかったせいか何とか起たずに済みました。

「それでは入れますよ」少しチクッとした感じがして、やがて注入され始めました。ゆっくりゆっくり入れているようです。

「これで半分入りましたよ、大丈夫ですか?」
「少し効いてきました」
「我慢出来ますか?」

「はい、だいじょうぶです」
「それでは残り入れますね」
「残りもう少しですからね」やさしく声をかけ続けてくれました。

「ハイ、これで全部入りましたよ」さすがに150ccは効きますね。お腹にズンとくる感じです。「それでは、できるだけ我慢してからトイレに行ってください。しばらくはお腹が渋りますけど、何回か出したらスッキリしますからその時は呼んでください。」と言って部屋を出て行きました。

 前日にもらったプリントには「排便後は流さないで看護師を呼んでください」と書いてありましたが見せなくてもいいようですね。注入後5分ぐらいは我慢しようと思っていましたが、ゆっくりと時間をかけて注入したせいと注入量が多かったせいか、3分ぐらいで我慢できなくなりあわててトイレに駆け込みました。

 ここから先はあまり聞きたくはないと思いますので、この辺で終わらせていただきます。たいして面白くない話を長々と書いてごめんなさい。

↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ



Top Page

最終更新日 : 2019-10-21