Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › セクハラ・痴漢・レイプ › 女たちに囲まれ何回も射精させられ精子が枯渇
2019-10-17 (Thu)

女たちに囲まれ何回も射精させられ精子が枯渇

 俺はオナニーは出来ても、女にたたない。それは初体験の逆レ○プが関係あると思う。まだ13の春だったが、体格はバスケをしていたから185あったし、自分でいうのもなんだけど、顔は可愛いとよくモテたけど、俺は硬派でいたかったし、まだ童貞だった。

 バスケはかなり期待されていて、先輩と同じ練習をさせてもらってたから、帰りはかなり暗かった。帰りに通るコンビニの駐車場には、バイクに乗った派手な女の人が6~7人たまってた。




 その日、彼女たちは一人の女子高生をカツアゲしていたが、怖いから見てみないふりして、通り過ぎようとしてた。しばらく歩くと「待てよ」と女たちに囲まれ、ナイフで脅された。めちゃくちゃ怖くて「お金もってません」というと笑われた。

「ついてきな」と言われ、俺はついていくしかなくて… 近くのアパートに連れていかれた。脅されてた女子高生も無理やり連れてこられた。部屋に入ると両手を紐で縛られた。口にタオルを詰め込まれ、下半身を裸にされた。

「中坊のおちんちんはピンクで可愛い~」そして女子高生を俺の股間に押し付けて「おらっ!!おちんちん良くしてやれよ。」泣いてる女子高生に「やらないと、仲間呼んで○姦させるよ!!」と蹴る。諦めて女子高生は俺のをくわえてきた。

 すぐ固くなり、口の中にだした。「飲め!」女たちは女子高生を押さえつけ飲ませた。それで終わりでなく、何度もそれを繰り返した。俺は3回もだした。女子高生は解放された。だが俺は女たちの性欲処理として上に乗られた。

 チンボの付け根を縛られ、女たちになんども乗られ、チンボの先がヒリヒリして感覚もなくなって…チンボの元気がないとケツの穴に棒を突っ込まれた。泣きながら首をふる俺を笑いながら使った。

 そりて解放された俺は歩行も困難なほどに関節が痛く、ズボンをはくと逃げて帰った。パンツは盗られた。それから外に怖くて出られず、学校に行けなくなり、親父にだけ事情を話して遠くの祖母の家に転校させてもらった。

 今25だけど、付き合っても出来ないから、女は自分に本気でないと誤解して振られる。オナニーは出来るが実際のまんこをみると萎えてしまう。先行き、不安だ。

↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ



Top Page

最終更新日 : 2019-10-17