開脚されたり股間を押されたりで体に火が

 31歳で結婚もせず、イラストの仕事をしています。腰痛が中々治らず、整体院で診察を受けることにしました。予約した時間に訪れると患者は私一人でした。感じの良い40歳代の院長先生と、ハンサムな30代の先生がいました。

 症状や経過を話した後、少し恥ずかしかったのですが、下着姿にさせられ診察台の上で診察が始まりました。開脚をさせられたり、股間を押されたり、妙な気分になりました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 そして、先生に「これは骨盤の歪みと、背骨のズレが原因です」と言われ、治療方法を骨格の模型を使って詳しく説明されました。説明を考えると、とても恥ずかしい姿で矯正されるのです。「どうされますか?」と先生が尋ねた。

 医療ですし、断るのも不自然です。診察での妙な気分も手伝って「お願いします」と答えてしまった。指示される通りに、ブラを外し、パンティも脱いで全裸で診察台の上に仰向けになりました。

 院長と助手の先生が診察台の両側に立ち、私の足首をつかみ、左右に強く引き、大きく開脚していくのです。顔から火が出るほど恥ずかしかったのですが「先生達ですから、何も感じていない 感じていない」と言い聞かせました。

 外陰部にローションを塗られ、膣の指を入れ、脚の位置を変えながら、骨盤を矯正していきました。骨盤の状態を診るのか?外陰部も完全に広げられ、股間からお尻にかけ触診をされます。恥ずかしいのですが、全裸でここまで総てを広げられると、開放感というか、いやな感じがしないのです。

 また、先生の指が膣の奥深くに入ると、我慢が出来ず股間が上下に・・私の身体を総て先生達に委ねました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ