Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆男性の告白・体験談 › 学生の体験談 › コンビニのバックヤードの秘密を盗撮した告白
2019-10-04 (Fri)

コンビニのバックヤードの秘密を盗撮した告白

 あれは私が大学年の6月、3年の時までバイトしていたコンビニでおにぎりを買い、店の裏の日陰でお茶を飲みながら食べていた時のことでした。コンビニのバックヤードから何やら物音がするので、

 少し開いていた窓から覗くと、そこには3年生のとこまで一緒にバイトしていた聡美というなかなか可愛い女子高生が、同じバイト仲間の男2人に組み伏せられていました。手拭で猿轡をされて、今、まさに服を脱がされそうな場面でした。




 私は、大声を出すどころか、車に戻ってハンディビデオカメラを持ち出し、その様子を撮影したのです。カメラのレンズを室内に向け、モニターを斜め下に向けて中の様子を撮影しました。

 態勢がきつく、途中でモニターチェックを諦めてカメラを持つことだけに集中し、その内容は後ほど再生してみてみようと割り切ったのです。やがて、何やら会話が交わされながらガタガタ音がして、そのうち男の荒い息と女の喘ぎ声が聞こえ、

 一瞬絶叫のように聞こえた声はきっと口をふさがれたのでしょう、そのうち静かになると、バタンと扉が閉まる音がしました。モニターを見ると、半裸の女子高生が服を着ているところでした。アパートに戻り、テレビに接続して再生してみました。

 それは残忍なほどの輪姦映像で、聡美はビニール紐で上半身に腕を縛られていました。男は二十歳前後で、一人は私と一緒にバイトしていた専門学校生で、もう一人は知らない男でした。長い黒髪を一人の男の手で捕まれて、頬を手で強制的に開かされ、もう一人の男の勃起した肉棒を唾液まみれにしてしゃぶらされていました。

「聡美ちゃん、上手だねぇ。これは、処女ではないよねえ・・いつ、誰と初体験したんだ?」との男の問いに、聡美は首を横に振っていました。洗っていない肉棒をしゃぶらされた聡美は、ツバを床にはいていましたが、それが男の逆鱗に触れ

「このアマァ・・」聡美は両足をつかまれて転がされるとスカートが肌蹴け、白いパンティを見せました。男は、パンティに手をかけるとグイと下ろして脱がせましたが、腕を縛られていた聡美は抵抗することもできず、陰毛を晒し、更に無残にも御開帳されてしまいました。

「マンコだマンコ、拡げてみろよ、処女膜ないだろ?」もう一人の男が聡美の肉裂を拡げ、肉孔の奥を覗き込んでいましたが、いきなり指を二本挿入して弄りだし「ほほーい!もう濡れ濡れだよーん。これは処女じゃないよね。処女だったら、指を二本入れたら痛がるっしょ!」そう言いながら、指を二本ジュボジュボ出し入れしていました。

「初体験はいつ誰とヤッたの?ホラホラ、言わないとクリちゃん摘まんじゃうよ~」「ンアァアッ!や、止めてぇ~~アッアァ~~きょ、去年、去年、バイトに来ていた大学生・・幹夫さんと・・アアッ!」驚きました。

 聡美は私と初体験したと嘘を言ったのです。私には、短大生の彼女がいますから、聡美は可愛いと思いましたが高校生に手を出すようなことはしませんでした。「あの大学生と?なんだ、付き合ってたのか?」「私が・・アアァ~~好きだったから・・・アァン!」もう、肉孔と肉芯を弄られて、聡美はヘロヘロになっていました。

 仰向けのまま、暫くの間、聡美はもう一人の男の洗っていない肉棒をおしゃぶり奉仕させられていました。そして、その姿勢のまま、御開帳している男が聡美に挿入しようとしました。イキリ起った肉棒を揺らしながら、聡美の足を思い切り開かせ、問答無用にブチ込み、激しく突き上げていきます。

 散々肉芯を恥ママれながら肉穴をジュポジュポされていた肉孔に、お待ちかねの肉棒が突き刺されば、おしゃぶり奉仕していた聡美の口から、唾液まみれの肉棒がズルンと吐き出され「アァァ~~アァ~~アァァ~~」という喘ぎと共に、全身を震わせました。

 聡美は男の上に騎乗位にされ、もう一人の男に胸を揉まれながら腰を振らされたり、再び仰向けに組み敷かれて肉孔の奥まで肉棒で掻き回され続けながら、喘ぎ声をあげつづけていました。

 つい3月まで一緒にバイトしていた可愛い女子高生のあまりに淫らな姿に、私の肉棒は硬く勃起していました。そして、気を失う寸前まで突かれ続け、男が果てそうになると選手交代して寸止めされていましたが、

 それは男達には自分の射精を長引かせる術でしたが、聡美にとっては、まだ知らない絶頂を味わう寸前に焦らされる結果となって、自分の意思とは関係なく本能のままに喘がせられていました。

 結果的にサディスティックな輪姦が続き、聡美はたまらず吠えるように喘ぎ続けていました。最後は、激しいピストンを二人分立て続けに攻撃され、絶叫とともに初めて味わう絶頂に仰け反りながら、男達が吐き出す精液をヘソのあたりに浴びていました。

 男達は、散々辱められ、半裸でグッタリした聡美に今度はファイブミニの空き瓶をズボズボ挿入して「狂え~~イキ狂え~~淫乱女になり下がれ~~」と何度も何度も出し入れして、聡美は仰け反りながら悶え狂い、ガクガク痙攣して白目を剥いて気を失ってしまいました。

 男達は聡美の縛りを解くと、上半身をまくり上げて18歳の乳房をペロペロ舐めた後、そのままバックヤードから出ていきました。やがて意識をとり戻した虚ろな表情の聡美が、涙を流しながら汚された18歳の初々しい裸身をティッシュで拭うと、服を着て、ヨロヨロとバックヤードを出ていきました。

 私は、短大生の彼女とのセックスを楽しみながらも、聡美の輪姦無修正ビデオを見てはオナニーに耽っていました。

↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ




Top Page

最終更新日 : 2019-10-04