Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ■官能小説 › 【官能小説】やくざに抱かれて・・1/2
2019-10-02 (Wed)

【官能小説】やくざに抱かれて・・1/2

 俺の彼女は今から5年前にヤクザにレイプされたと言ってた。当時はクラブに勤めていたのだが、その店にヤクザが飲みに来たらしい。格好は普通でヤクザにはみえなかったらしいが、彼女の事を初回で気に入ったらしく指名してくれたそうだ。

 3回目の指名で3万くらい使ってくれてたので、ヤクザのアフターに 付き合う事にした。高級クラブとかじゃないから、不況の時代に3万円を使ってくれる客はありがたい存在だったみたい。


➡➡勝率95%のFX投資~圧倒的な稼ぎ方とは!?
➡➡大注目の年間700本以上も万馬券が的中する謎サイト!

 断るのも悪いので、軽く居酒屋くらいならって事で店が終わってから大手の居酒屋に行った。居酒屋で2時間くらい飲んで3時30分を周ったところで眠くなったので帰ろうって事になったらしいのだが、ヤクザが車で送ってくれると言うので遠慮なく車で近くまで送ってもらう事になった。

 車にのって数分くらいで睡魔に襲われ、そのまま眠ってしまったそうだ。どうやらトイレに行ってる間に精神安定剤か睡眠導入剤を入れられたらしい。目が覚めた時はベッドの上で既に全裸にされていた。

 薬の影響で頭と体がボーとしていたので何が起こったのか、事態を把握するのにちょっと時間がかかったらしい。オッパイを吸われて乳首が感じた時にやっと犯されてるのだと気付いたが、頭も体も思うように動かず、抵抗はしたけど殆ど抵抗にはなってなかったそうだ。

 体は動かないが、全身をくまなく舐められて感じてしまい余計にヤクザが興奮していた。口で「イヤー」と弱弱しく言ったが、聞き入れてくれるはずもない。ヤクザに「本当は気持ちが良いんだろ?」って言われてそのまま挿入されてしまった。

 挿入されてねっちこいピストンを繰り返された彼女は感じて声をだしてしまっていた。ヤクザは「犯されてるのに感じるなんて、あんた変態じゃないのか?」と言われたと言っていた。そのヤクザは言葉攻めが好きだったみたいだ。

 30分くらいのピストンが続き、ヤクザは果てた。彼女は未だ薬の効果が切れていないのでぐったりしてた。30分くらい眠ってしまったらしいが、目が覚めると再び彼女の上に乗り激しいピストンを再開した。

 既に1度犯られているので、もう抵抗する気力がなかったのでそのままセックスに流されて感じ捲くったそうだ。更に30分くらいして2回目が終わり休憩。彼女はだるい体を起こし、男の背中をみて初めて刺青に気が付いたそうだ。怖くて体が固まってしまったそうだ。

 それから再び押し倒され、3回目のセックスに突入。怖いのと既に2回犯られてるので全く抵抗はしなかったそうだ。3回目になって彼女の体が少し動く様になると、ヤクザが彼女を起こして騎乗位にされ、下からガンガン突かれまくった。

 一切の抵抗をしない彼女は成すがままに感じ捲くり。ヤクザが腰の動きを止めたので、自ら腰を使った。持続力の在るヤクザはかなりの長い時間ピストンを繰り返し正常位へ以降し、言葉攻めを始めた。

「あんた、相当の好き者だな。もうあんたは俺の女だぜ!!分かったな!!?」
と言って3回目のフィニッシュは中出しだったそうだ。

 彼女は当時は付き合ってる彼氏が居たのだが、彼氏には相談出来ずヤクザが怖いので言いなり状態で、店が終わると何時ヤクザの住むマンションに呼び出されていたそうだ。彼氏はサラリーマンなので週に2回くらいしかセックスしていなかったので、平日は殆どヤクザのマンション通いだったそうだ。

 最初は彼氏への罪悪感が有ったが、彼氏よりもヤクザとのセックスの方が多いせいか、段々と罪悪感も薄れてしまい上が移ってしまった。 そりゃ彼氏が週2でヤクザが週5では敵わないだろう。ヤクザは仕事が在ってないようなものだからね。時間の自由が利くからリーマンとでは勝負にならないのだ。

 最初に犯られた時に連れ込まれたホテルに昼過ぎまで居た。シャワーを一緒に浴びながら自分の女宣言をされた。

 ヤクザ「もう、お前は俺の女だぜ!!」
 彼女 「そんな・・私には付き合ってる彼が居るんです。だから貴方とは付き合えません!」
 ヤクザ「そんな事は関係ない!お前は俺の物だ!だから男とは別れろ!」
 彼女 「嫌です!そんな事出来る訳ないでしょ。」

 ヤクザ「取りあえず今夜店が終わったら俺の部屋に来いよ!!良いな!?来なかったら彼氏にばらすぞ!」
 彼女 「そんな!お願いだから、それだけは止めて!」
とこんな感じのやり取りが有ったらしいです。台詞は彼女の話からの推測で、こんな感じかって聞いてみたのです。

 そんなこんなで、彼氏にばらされたくない彼女は店が終わった後で彼氏と深夜に会う約束をキャンセルしてヤクザのマンションに行ったらしい。その時には5回くらいセックスされたらしい。そのヤクザにとって彼女は余ほどの好みだったようだ。(あくまで外見が)

 俺的には少なくともブスではないし、決して普通でもない。むしろ不通よりは可愛いし綺麗だとは思うが、特別綺麗って感じでもない。これを言ったら不味いから言えないけどな。人からは良い女だと言われるが、人の女は良く見えたりするものだ。

 ヤクザに抱かれながら彼氏の事を思い出し、悪いと思いながらも体は正直だ。しかも、彼氏よりも少しだがチンポも長く持続力があり、回数も多い。正直に彼氏よりもSEXは良いのが彼女の本音だった。それが余計に彼女を感じさせ、彼氏への罪悪感を増幅させた。

 しつこいくらいの愛撫とピストンで朝まで遣り捲くりで、彼女はクタクタになった。3回目のSEXが終わった後で一緒に風呂に入り、体を洗わされた。(一緒に入らせられたと言う表現の方が適切か?) その時に、ヤクザは彼女を彼氏とSEXさせない為、下の毛を剃られてしまった。

 止めてくれと言ったが、剃らせないと彼氏にばらすと言われ仕方なく剃らせた。毛を剃られてしまった彼女のアソコはツルッツルになった。これで毛が生えそろうまで彼氏とはSEX出来なくなってしまった。彼女のツルツルのアソコに興奮したヤクザは風呂で挿入開始。

 そのまま中に出されてしまった。3回目だからか、運が良かったからか、幸い妊娠はしなかった。シャワーでヤクザが彼女のアソコを手で開いて洗い流すと精子がドロドロと出てきてしまい、これは夢ではなく現実なのだと認識した。

 それからベッドへ戻り5回目のSEXを開始。このままではヤバイと思った彼女だが、良い手立ては思いつかなかった。更にヤクザは彼女の全身を強く吸い始め、全身をキスマークだらけにされてしまった。

 これでは数日間は彼氏とはセックスできない。アソコの毛も剃られてるからどっちにしても出来ないが・・その日の夜は金曜日で何時もなら彼氏とSEXする日だ。キスマークだらけでアソコの毛を剃られてしまった彼女は、次の日の土曜日も彼氏と会えなかった。

 何で土曜日も会えないのか?と問いただされたが、お客さんとのアフターが有るからと言って誤魔化したそうだ。勿論、ヤクザとの情事が原因だ。3日連続でヤクザに抱かれまくって、段々彼女の体はヤクザに馴染んできてしまっていた。

 本気でヤバイと思ったがどうする事も出来ない。そして日曜日は店が休みで、何とか彼氏と会う事になったが、アソコがツルツルで全身キスマークだらけの状態を見せるわけにもいかず、彼女は生理が酷いからと言う理由でSEXを断った。

 彼氏は何時もなら生理でも平気でSEXしてたので不信に思っていたらしい。その段階で、彼女と彼氏は1週間SEXしていなかったのだ。更に毛が剃られてしまっているので生え揃うまでに最低でも20~30日はかかる。それまで彼氏とSEXできないし、どうやって断るかを考えが良案は浮かばない。

【官能小説】やくざに抱かれて・・2/2へ

↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ



Top Pageへ

最終更新日 : 2019-10-04