Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ■官能小説 › 【官能小説】美人な奥様が・・1/2
2019-10-01 (Tue)

【官能小説】美人な奥様が・・1/2

「本当にいけすかない奥さんなの。思わせぶりで、そのくせ、わたしの説明なんか、全然聞いていないの。一生懸命喋っていたら『わたしは、男性の勧誘員なら入るかも。ねえ、あなた美人だから、男性客を誘ったら?外務員の方でも、やり手の女性は、あっちの方もやり手だって噂ね』とこうなんですから」

「きっと、君がまだ若いから、ムキになってるのをからかったんじゃないかな。じゃあ、明日でも一緒にいってみるか」「お願いします。今月、全然、契約がとれてないんです。あそこをターゲットにしていたんですけど、奥さんが東京から引っ越して来てから、ご主人もコロッとかわっちゃって。わたしの予定も狂っちゃいました」


➡➡勝率95%のFX投資~圧倒的な稼ぎ方とは!?
➡➡大注目の年間700本以上も万馬券が的中する謎サイト!

 ペソかいているのは、若い女子外務員横井美子であった。 どういう仕事ぶりか、日本保険山中営業所々長である今井功は、翌日、横井美子がずっと勧誘に足を運んでいた加納夫妻を訪ねたのである。

 その家庭は、東京から、先に夫が転勤して、二週間ほど遅れて夫人が引つ越して来た若夫婦で、夫は保険に入ることをそれまでは許諾していた。年令は似ていたが、夫の方はおとなしく、どうやら姉さん女房らしい。

 直接会いに行った功は、マンショシの玄関に現われた夫人を見て、ドキッとした。あでやかなピンクのボディコンドレス、こぼれるようなバストやくびれたウェスト、プリプリしたヒップ。そのラインが躍動する薄いドレス生地だけに、ふっと、触れたくなるような肉体美をしていた。

 しかも、目や口もとが、会った瞬間から妖しく輝き、女性の横井美子外務員を無視して、所長の今井功に話しかけて来る。「まあ、思った以上にいい男ネ。わたし、そういう方に口説かれると、生命保険でもなんでも入れちゃいたくなるのよ。でも、女性に口説かれると、全然しらけちゃって・・ごめんなさいねェ」

 そして、リビングに入り、功のそばに来るといった。「契約してもいいけど、ちょっと、わたし、条件があるのよ。それ、きいてもらえるかしら。いえ、別に難しい条件じゃないわ。それ、男性でないと、きいてもらえないことなんですの」

「いやいや、難しいことでなければ、サービスいたしますよ」功のにこやかな返事に「ああ、よかった。じやあ、明日土曜日だから、夜にでも来てちょうだい。うちの彼もいることだから」ということで、その日は終った。

「ねえ、どういうことかしら。あの奥さん、所長を見る目、ちょっとヘンでしたよ。なんていうか、淫乱そう」「おいおい、そう、脅かさないでくれよ。明日はご主人がいるからって、いってたじゃないか。いくらなんだって、ご主人がいる前で口説く訳ないだろう」

 功は、笑ったものの、なにか笑えないものがあって、内心は、ひょっとすると、棚ボタかも知れないと、ほくそ笑んでみる一方、案外、難題を持ちかけられるかも知れないと、心を引き締める一幕もあった。

 その土曜日、約束の時間に、功は、加納京子宅を訪ねた。最初に彼を迎えたのほ、ヒョロリとした、二十六、七の若い主人で「どうですか、ビールでも」と、初対面の功に、さえない声でボソボソと、親切なサービスをしてくれようとする。

「いえ、そんな、仕事でまいったのですから」いささか功が恐縮すると「なになに、どうぞ、どうぞ」と、自分も飲み、功にも注いでくれ、いくらか景気づけしたところで、夫の進一は、およそタフガイとはいえない弱々しい眼つきをしていった。

「あの、ちょっと、うちの奥さんは変わっていますから、怒らせないで、いうこときいてやってくれませんか」
「いや、ぼくにできることなら、なんなりと」
「所長さんなら、大丈夫。間違いなく合格です。いや、そうしていただくと、ぼくも、ホッとできるんです」

 夫の進一は、妙なことをいう。しかし、なかなか、夫人の京子は現われず、しばらくして、ホロ酔いかげんになってから、姿を見せた。京子は、ハッとするようなドレスアップ。胸開きの広いピンクのボディコンドレスをまとい、わが家のリビングだというのに、キラキラ、アクセサリーを光らせ、目にはマスカラまで入れている。

 髪は赤く染め、唇のルージュも濃い。しかも、こぼれそうな乳房のふくらみ、くびれたウエスト、まろやかなヒップ。妖艶この上ない。それを見て、いささか慌てぎみに大の進一が「律チャン、きれい、最高よ。ああ、いいわ、そのイヤリング」と、頼を緊張させながら、絶讃の言葉を連発している。

 しかし、京子夫人はそれを無視して、「いらっしゃい。よく来て下さったわ」と、握手を求め、功の隣りに坐って、さっそくホステスのように、むっちりしたボデーで功の側に密着した。

「お酌させて」と、ビールを注いでくれる。「いや、これは恐れ入ります。こんな美しい奥様に・・」というと、「じゃあ、京子さん、契約の件は、あなたさえよければ、どうぞ」と、突然、、夫の進一がそれだけいって、席をはずした。

「あの、なにかご主人、不愉快にでも・・」功が心配して問いかけた。「いえいえ、彼はいつもああなんです。結論は、わたしが出すことになってますの。ホホホ・・」と、笑い、「ねえ、もう一杯。わたしもこれ頂きますから」夫の残したビールを口にし、新しく功に注がせた。

「あの、それで、お話というのは」いささか心配になって問いかけた。「まあ、そんなに慌てなくっても・・いえ、ちょっと、診断させていただくことがありまして」「診断?」「ハイ」「医師の方は、あとからでもいいんです。契約をいただいてから、そうすれば、こちらの方から指定医をお願いしますから」

「いいえ、生命保険のための健康診断じゃありませんの。わたしがあなたを診断いたしますの」そういうと、いきなり膝の上の手が、股を伝い、股上に近づき、男の局部に指が触れ、モゾモゾとさせる。

「あの、ちょっとーご冗談を・・」さすがに、主人の手前いってみたが、妖しい指の動きは止まらず熱くなってふくらむ肉柱をとどめることはできなかった。

 しかも京子夫人の微笑みかけていた眼で、突然、肉柱に想いを寄せるかのような笑みにかわり、つづいて、ポッと、目もとが赤らみ、眼球にうるおいを生じた。「まあ、反応の早いこと。ご挨拶させていただきますわ」いきなりファスナーを開こうとする。

「あの、ご主人が・・」戸惑う功を無視して、すーっと、お腹を裂くようにファスナーを下ろし、マニュキアした白い手をスッと中に入れ、ふくらみ、窮屈に喘いでいる赤むけた男根に、指を掛けた。

 さっとブリーフの裂け目から顔を出させると、ピンクに輝く亀頭が、京子夫人の目の前で功同様に赤面している。「まあ、ご立派なこと。契約は、七分通り、お約束いたしますわ」「七分といいますと、あとの三分は?」

「それは、あなたのお返事次第。こうして診断させていただいた以上、使用についても、わたし、ご相談したいものですわ」と、肩に手をかけ、頼をすり寄せて来る。乳房のふくらみが功の腕に、ふわりと温みを伝え、頼にキスされ、つづいて、チュツと、京子の唇が功の亀頭に吸いついた。

「うッ」と、呻きながらも功は「あの、ご主人が、ご主人が・・」と、低い声で気になることを口走った。「うちには、主人なんていませんの。進一なら、ご心配なく。どこかのドアの隙間から、息を殺して覗いていることでしょう」
「覗いている? いいんですか、そんなこと」

「いいのよ、わが家では、わたしは女王様。夫に口出しなんかさせはしません。もち論「あなたは、これからの人。ご相談にのってもらわなくっちゃ」なにかあると思ったか、まさか、夫の目の前で。いくら淫乱淫蕩の相がある夫人とはいえ、功は戸惑った。

「それじゃあ、お隣りの部屋にいって、用意して下さいませんこと」「用意?」「そうですわ。わたしも用意しますから」京子は、艶然とした笑みを口もとに浮かべ、功の目を見つめ、立たせると、隣室のドアを開け、中に送り込んだ。

 そこは、寝室になっている。妖しい赤・黄・緑・不思議な色の電灯がともり、光の織模様ができている。ピンクのシーツのかかったベッド。その上にハニワの面があり、孔雀の羽根が飾られ、幾本もの鞭が壁に掛けてある。

 薄いブリーフ一枚つけた進一が、ヒョロリとした蚊トンボのよぅな体を折り曲げ、カない笑みを卑屈に浮かべ、功を迎えた。

「お願いします。ひとつ、あなたもぼくのような恰好をしてくれませんか」
「ご主人のような姿を」
「ハイ、そうです。裸になって、女王様をお迎えしてやって欲しいのです」

「女王様?」
「ハイ、うちの家内です」
「奥様が、女王様なのですか」

「そうなんです。それも、サドの女王様で、男に対する扱いは、ずいぶんと乱暴なんですの」
「つまり、SMご愛好でー」

「ええ一まぁ、そういうことでしょうか。いや、あなたに契約していただくと、ぼくは助かりますよ。毎度毎度、ヘトヘト。ヘトヘトになると、ますます彼女は、サディスチックになりますからね」
「あなたのような強健で好きそうな方が、隣りにいてくれるだけで、ぼくは助かりますから」

 真剣な表情でいった。そして、ためらう功の背後に来て、
「早く、早く、彼女にヒステリーを起こされると、困りますから。お願いです」 夫の進一が、功のシャツやズボンを脱がしにかかる。ためらいながらも、あの妖艶な肉体美を拝ましてくれるというのなら、裸もやむを得まい。いくらか酔っていた功は、ふまえつつも裸になった。

 ブリーフ一枚。しかし、男たちの体も、虹のような光の中にあっては、キラキラと、熱帯魚のように彩りも鮮やかな肉体に化していた。そんな中に、京子女王様が現われたのだ。

 なんと、顔に仮面をつけ、光るエナメルのブーツを履き、その艶やかな肉体は、一糸まとわぬ全裸。いや、あるべき所のヘアはなく、つるりとしたふくらみに、深い一条のクレーターが走るのみの姿。

 だが、それより、ふくらみこぼれそうな乳房、細っそりした肩の線、むっちりした腰から脚。見事な女のシルエットが、七色の光の中に染まった。つづいて一瞬、鞭を白い手袋に包んだ手で取り、ヒュツと、空を切って鳴らせたとたん、夫の進一が、はいつくばり、足もとに平伏している。

「わたしは女王様、お前は奴隷。いかがじゃ? この鞭で、わたしのためにわめけるか。わたしの足もとにひれ伏す者には、慈悲をくれてやろう。そう、わたしの愛撫を受けるがよい。しかしそのためには、この鞭を何度かその背中に受け、悲鳴をあげねばならん。それができるか」

 当惑する功に、仮面の女王京子は、強い口調でいった。「頭が高い!この男のように平伏するがよい」lと、いきなり鞭をうならせ、黒いブーツの足をベッドに上げて、帯び鞭を振り上げた。「従いましょう、女王様」功は、こうなれば、毒を食らわば皿までと、覚悟した。

 足もとにひれ伏す功の顔の上に、女の秘貝の割れ目が覗いている。裁たれた肉のはざまから、貝舌が、ペロリとイソギンチャクのようにピンクの花を咲かせ、毒々しく見える。「これ、頭が高い!」いきなり鞭が鳴って、夫進一の背中に振り下ろされると、進一が悲鳴をあげた。

「女王様、女王様、お許しを」声を震わせ、両手を合わせ、這いつくばるや、女王京子は厳かにいった。「さあ、奴隷人、突撃ラッパをお吹き」「ハ、ハイ」と、夫進一は頭を下げて、女王の足もとから顔を股間のクレーターに運び、ラッパを吹くように吸いついていた。

「さて、新入りのお前も、わが足にキスするがよい」まさに奴隷を扱うように、京子夫人が功に指示した。これも、保険契約のため。功は、こうなったら、バカを承知でSMゲームに参加するほかない。

「女王様、ありがたく」と、黒いブーツを抱き、その上の白い腿にキスし、夫進一にライバル意識を起こしながら行動し始めていた。

【官能小説】美人な奥様が・・2/2へ

↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ



Top Pageへ

最終更新日 : 2019-10-04