Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ■官能小説 › 【官能小説】旅先のみかん畑で・・1/2
2019-09-23 (Mon)

【官能小説】旅先のみかん畑で・・1/2

 雲ひとつない澄みわたった空のふちを、富士山の白い頭が三角形に区切っている。視線を事前に引いてくると紺碧の沼津港につらなって広大なみかん畑の緑がひろがっていた。「またここへ来てしまったか・・」浦野一夫はしみじみした口調でいい、ふたたびサングラスをかけ、黒ジャンパーのポケットヘ両手を突っこんだ。

 大きく息を吸うと、潮の香りが鼻腔に流れこんでくる。「ああ、いい気持ちだぜ」そうつぶやいて、彼はみかん畑の入口に向かって歩き出した。入園料を払い、みかんを入れるカゴを受け取って、園の中へ入ってゆく。




 時刻はまだ午後二時をすこし回ったばかりであり、農婦にまじって、アベックや団体客の姿が多くみられた。サングラスの中の一夫の眠が、活発にうごきはじめる。ポケットの中の登山ナイフを手で確認する。

 彼の足は自然、みかん畑の奥のほうへ向いてゆく。まるで一年前の記憶にたぐり寄せられるように、その足は軽やかに茂み.の奥へ向かう。ふと一夫は反省する顔つきをし、次いで苦笑すると、ポケットから煙草を取り出し、百円ライターで点火してから、

「やれやれ、一年ぶりなものでアセッているな。」
「こんなことではいかんじゃないか」

 そう声に出していい、煙をゆっくり吐き出した。白い煙が眼の前でひとしきりうねり、すぐに遠くへ飛ばされていった。その煙を眼で追いながら、浦野一夫は昨年の幸福な体験を思い出していた。

 ちょうど昨年のいまごろ、12月初旬だったが、浦野一夫の勤める警備会社が忘年会を兼ねた慰安旅行で、ここ西伊豆へ社員を招待したのだった。他の同僚社員たちは昼ごろ、竜宮丸に乗って出かけることになったが、ひとり一夫は、前の晩の宴会で飲みすぎたせいもあって残り、昼すぎ、旅館の近くのみかん畑へやってきたのだった。

 みかんをもいで食べながら広い園内を回っていると、尿意をもよおした。富士山を正面に眺望できる、崖っぷちにつながる園奥の土手の上で、放尿を果たした。冷たい風がここちよかった。ジッパーを上げて、土手を二、三歩降りたときである。

「あッあッ、そ、そこっ」女のやるせない呻きを聞いたのだった。気のせいかと思った。昼をすこし回ったばかりなのだ。土手の下にひろがるみかん園には、赤や黄色や自のコートに身を包んだ観光客の姿があちこちに見渡せた。

(まさか・・)歩きはじめようとしたときだった。ふたたび、「きくうぅ・・そこ、きくよぉ」女のひきつれた声が浦野一夫の耳にとびんできた、つづいて、「あっうんッ」という感極まった呻く声が、斜め後方から伝わってきたのである。

 無意識に一夫は背をかがめ、しやがんだまま、息を殺して声のほうへ忍び寄っていった。女が、草むらの上で、オナニーにおぼれていた。一夫よりいくぶん若い、32か33くらいの農婦だった。

 なかなか熟れた肉づきの女で、草色のもんぺ姿、気のせいかと思った。昼をすこし回ったばかりなのだ。土手の下にひろがるみかん園には、赤や黄色や自のコートに身を包んだ観光客の姿があちこちに見渡せた。

 もんぺと毛糸の赤いズロースを膝のあたりまでずり下げていた。ちょうど土手から一段下がったところで、畳一枚くらいの広さの平坦な場所だ。そこで農婦は彼のほうに後頭部を向け、あお向けに寝そべり、ちょうど股を富士山に向かってひろげていた。

 するどくくびれた白い豊かな腰がくねる。左手で作業着の上から乳房さを揉みくだき、まるでイヤイヤでもしているように肩をゆすりたて、右手で股間をなぶっていた。

 距離にして、四、五メートルほどの所で農婦が快感におぼれていたのだった。なまなましかった。なまなましすぎて一瞬、ユメではないかと思った。女は内に折り曲げた中指と人差し指を、おしみなく前後にうねらせ、あるいはぐるぐると攪拌していた。親指も、その上のあたりをころころと転がしているのだった。

 女は、頭を白いタオルでおおっていた。だから、顔はしかとは見えなかった。「あ、ああ・・」女が苦しげにうめく。一夫はほとんど無意識に背後をふり返り、誰もこっちへやってくる様子はないと知り、安心した。

「ああ、ねえ、ねえったら・・」女がかすれ声で切なげに口走る。ときおりシャツクリでもしているように、身を揉む。硬直させる。同時に、右手首をけいれんでも起こしたように烈しくひきつらせる。ピチャピチャと濡れた音が一夫の耳に届く。

 むっちり厚くて白い腰の中央を、意外と少なめな恥毛がぽちゃぽちゃっと、黒く飾っていた。好きなタイプの恥毛だった。むしょうに、勃起するのを覚えた。つかみ出して、ほしいまましごきたい誘惑にかられたが、むろん耐えた。ただ、位置を左上へズボンの上から直さねばならなかった。

 女のオナニー行為を見るなんて、ストリップ以外では初めてだった。そしてなまじっか都会の女子大生などよりも、赤い毛糸のズロースといい、みかん畑という舞台といい、生活感にみちた農婦のオナニー姿が、一夫の情欲を駆けだしたくなるほど揺さぶった。

 ケモノのように発情する女を、浦野一夫は痛感したのだった。(もう少し、もう少し待て・・)そう心の中で口走り、ふたたび背後をふり返って安心すると、すぐまた彼女に眼をこらした。

「ああぁ・・いきそう、いきそうよ・・ああ、ねえ、ねえ、いいの、すんごくいいのよ・・いやっ、いわないで、お願いだからそんなこと、いわないでったら・・ああ、バカバカ」

 意味不明のことばを口走りつつ、農婦は限界に近づいている気配だった。女の白い腰のうごきが、大きく急いだ様子になり、まるで、男に上に乗られ、一緒になって腰を使っているさまに似ていた。

 ふくよかでやわらかそうな腹部が波のように曲線を描く。豊かなヒップがどんらんにうねる。上下に、あるいはのの字を彼女の腰が描くたび、一夫はつら絶て自分の腰を同様にくねらせていた。

「あ、たまんないッ」いきなり女が高い声をあげた。続いて膝をガクガク突っばらかせたかと思うや「い、い、い、いっちゃう、いっちゃうッ」とよろこびの絶頂を告げることばを噴きこぼしていたのであった。

「ああ、よかったわあ」しみじみした口調で農婦はいい、指をはずした。それをペロペロしゃぶってから、腰を持ち上げ、赤い毛糸のズロースともんペを一緒にずり上げようとした。
【人妻NET】夫に不満な人妻達が割り切った火遊びを・・!

 そのときだった。坂を実っころがるようにして、浦野一夫が彼女の頭のほうから飛び出した。びっくりして上体を起こした彼女の眼に最初に映ったのは、中にサツマイモでもいれているがごときに、ふくらんでいる男のズボンの前部だった。

「な、なにしてるんだね、あんた、こんなところで」女は気丈にいったが、頼がポッと羞恥の色で染まった。まだ毛糸の赤いズロースともんペを完全に履ききっていなかったせいもある。

「おれは、見たんだ、見たんだぜ」もっと別のいいかたをしようと一夫は思ったが、出てこなかった。女は思った以上にきれいだった。背すじがぞくっとした。

 偏頭痛にも似た疼きが頭の一ヶ所に突っ走る。いまこれから、自分は何をしようとしているのか、したがっていたのか、一夫は頭がくらくらして一瞬、わけがわからなくなりそうになった。

 ただ、熟れた女が、真っ昼間からこんな場所で秘部を指で突きまくっていた以上、男に飢えているに違いない。そう考えた。すこしくらいは暴れるかも知れないが、突っこんじまえば、すぐその気になってオレにしがみついてくるだろう。

 そのくらいに考えていたのだった。別に一夫は女に飢えていたわけではない。独身だったが、東京に帰れば水商売のガールフレンドもいたし、浮気してくれる人妻もいたし、適当に遊ぶ相手はいた。

 昨夜だって、運よく、ちょっと年を食ってはいたが芸者との交渉もうまくいって、ゲップが出るほど女体をたん能したばかりだ。なのに烈しく勃起していた。先端から気持ちわるいほどぬるぬるが出ていた。準備OKだった。こんなに劣情がきりきりと刺激されたのは生まれて初めてのような気がした。

 体に震えが走り、気を落ち着けようとポケットの煙草に手をのばしたが、そんなことをしている場合じゃないとすぐ反省して女をにらみつけた。そのときだ。

「な、なにをあんた、見たっつうのよ」女がふたたび気丈にいった。一夫はカッときた。
「いわせるんだな、おれに。見たままをいわせるんだな」いったんゴクソと唾液をのみこんでから、彼は続けた。

「お、おめえ、オマンコに指で・・そ、そうだよ、指でべっちょんべっちょん、オマンコを突きまくっていたじゃねえか。どうだ、見たんだ、おれは、しつかり見たんだぜ」

 もう少し、ドスのきいた声でいいたかったが、声がかすれてふるえるのが残念だった。こんなに自分は気が小さかったかと思った。もっとしっかりせねばと思うのだった。予想を裏切って、女が逆襲してきたのだ。

「いやらしい人。ああ、なんていやらしい男なのかしら。わたしの、女の恥ずかしい姿をのぞくなんてさ」そう、農婦はいかにもけいべつしきった眼ぎしを一夫に向けたのだった。こんな場合ふつう、女というのは恥じらいととおびえと不安でいっぱいになり、この女のように態度に出るものとは、予想外だった。

 彼はうろたえた。女が、さっさと毛糸の赤いズロースともんペを履いて立ち上がり「ひとが何をしようと勝手でしょ。でもまさかのぞかれてるなんて知らなかったわ。ああ、いやらしい人もいるものね。今度から気をつけなくっちゃ」

 そう、つっけんどんにいった。ここで気おくれしたら危ないと判断していたのだろう。スキを見せたら男が図に乗って襲ってくると考えたのだろう。痴態を見られていたなんて、死ぬほど羞ずかしかったが、見られてしまったものは仕方がない、早くこの場から逃れたい・・そう考えたのだろう。

 しかし、ものいいが男の、一夫のプライドを傷つけた。一夫には、襲おうなどというつもりはなかった。が、女のそのひとことがすべてを変えてしまったのだ。

 人間は業の者である。いまの世の中は、凡人が瞬時にして凶徒に変身することがいちばん恐ろしい。一夫の顔にみるみるケモノの表情がひしめき、ひしめいた次の瞬間、立ち去ろうとする農婦の両肩をつかんでその場に押し倒していたのだった。

「きゃっ、なにすんのよッ」叫んだ女の白い頼に彼は、あらあらしく張り手を続けざまにくらわしていた。馬乗りになって、夢中で女を押さえつけていた。「うーん…」女の頼がまっ赤に腫れ上がった。激痛のあまり彼女の顔が奇怪に歪んだ。その眼にみるみる恐怖の色がにじんだ。対照的に、浦野一夫の顔つきがしだいに勝利者の表情にくずれてゆく。

「男をなめんじゃねえ。お、おれを甘くみるんじゃねえよお」今度はわりにスラスラといえた。いえたことが満足だった。さっきまでは、とんでもなく恐ろしいことをしでかそうとしている自分に、むしょうに気が高ぶった。しかし、実際に女を殴り倒してしまったいまとなっては、不思議だけれど、妙にクールな心持ちを味わっていた。

 もう引き返すわけにはゆかぬ、という気分もあったし、いやオレを怒らせたこいつの責任だ、オレはちょっとからかってやるくらいの・・そうだよ、誰が本気で強姦なんかするものかよ、こいつがこいつが、オレをいちじるしく侮辱したから、男をはなはだバカにしたから・・

 だからオレは、この生意気な女にちょいと制裁をくわえてやるんだ。人間というのは体で覚えなけりゃすぐ忘れるんだ。自分に都合の悪いこたぁ、頭で考えてるだけじゃ簡単に忘れるようにできてるんだ、だからだから、オレはこのクソ女に・・。

 自分の顔がケモノのそれに変わってゆくのを、一夫はサディスティックな心持ちとともに意識した。萎えてしぼみきっていた劣情が、ふたたび湯気をたててきりきりと、いきりたち怒張してくるのを感じた。

 自分が別人になった気がした。ふと女がやけに悲しげな眼つきをしたので一瞬、一夫は心の中でふん、もう遅えや、もう遅えんだよお、とつぶやきつつ視線を上にそむけた。

 富士の美しい威容が視界の中央にあった。幻覚に引っばりこまれそうになり、一夫はあわててふたたび視線をもとに返した。「許して・・許して・・」女が蚊の鳴くような声でそういった気がしたが、聞こうとしなかった。聞きたくもなかった。

「ばぁろお、ばぁろお」自分をふるいたたせるようにそう口走ると、彼はいったん上体を起こし、腰を上げ、ベルトレスのズボンのチャックを降ろした。

「ひぃ~」と女が喉の奥でかすれた声をあげ、両眼を吊り上げた。女の全身をさざ波のようなふるえが包んでいた。くちびるまでわなわな震わせている。痛快・・この上なく痛快だった。こんな気分は初めてだと、一夫は駆け出したくなるような快感とともに思った。

【人妻NET】夫に不満な人妻達が割り切った火遊びを・・! さっきまで思い上がったセリフをほざいていた女が、今は哀れみを乞うように、彼の目の前に横たえた半裸の体を震わせているのだ。怯えた目が、一夫の内奥にひそんでいた噂虐心をあおりたてている。

 熱くたぎりたった血が全身をかけめぐり、心地よい陶酔が、彼の男根をウツトリさせた。(このまま貫くなんざもったいねェ。そうだ、しやぶらせてやろうじゃねえか。ナマイキなタンカを切りやがった女が、オレの前にひざまずいてしゃぶってるなんざ、ケッ、最高だぜ)

 震えるほどの陶酔の中で、一夫の頭は、妙にさえてきていた。「犯されてえかよぉ」 納得できるドスのきいた声が、彼の口からとびだした。「た、助けて・・下さい」女が消え入りそうな声を、ひきつらせて口走った。

「ふえっへっへっへ」こらえようとしてこらえられずに、一夫が奇怪な笑い声をあげた。まんぎらオレもすてたもんじゃねえ、いや、もしかしたら気づかなかっただけでオレは相当の大物なのかもしれねえぞ、とチラと彼はおもった。すっかり自分の悪さぷり、背徳ぶりが、一夫は気に入ってしまったのだった。

「じゃ、しやぶりな」そう一夫はいい、体を上方へ移動した。農婦の両手を頭の上でバンザイさせて片手で押さえつけ、彼女の顔にまたがっていた。「い、いやっ、いやあ」女が顔をそむけて口走った。

 一夫はカーッときて、もう一方の手でふたたび彼女の両頼に、2回ばかり平手打ちをくわせた。本気だった。誰かに知られたらどうするんだ、というおもいを込めて本気でひっぱたいていた。

 女の眼から涙が噴きこぼれたが、そんなものは見ていなかった。見たくもなかった。おまえが悪いんじゃねえか。このオレを怒らせたおまえがな。そう、彼は心に口走った。ようやく農婦はあきらめたのか、泣きながら両眼を閉じ、口を閉じた。

 一夫は腰を沈めた。へそにつくほどの仰角にみちていたため、二度、三度と女の鼻のほうへすべった。手でおのれの火柱をつかみ、女のひらかれた口のなかへ導かねばならなかった。

「ああ・・いい気持ちだぜえ」一夫はやるせない声をあげた。眼をほそめ、眉根を寄せた。うっとりしたくなるような恍惚感が体内に湧き起こり、顔をしかめていた。

「うぐっ・・うぐっ」女は苦しげに呻きながら、あきらめたのか、一刻も早く狼の欲望を放たせようと考えたのか、首をひょいと起こして舌を熱心にからめてきた。首をゆるやかに上下させながら、こわばりの先端に舌を這いずらせた。
「なかなかうめえもんじゃねえか。ああもれそうだよ。いいよお」

 一夫は自分も腰をつかいたくなるのをこらえ、女の奉仕に身をゆだねた。女は上下のくちびるを閉じ、ときおり強く吸引した。わいせつな音がこぼれた。頼をふくらませたりへこませたりしながら、女はつるのように首をうねらせた。舌を、頭と茎のつなぎ目のぐるり、あるいは先端のわれめに、たんねんにまんべんなく這いずらせた。

 馴れた器用な舌さばきだった。これほど上手なフェラチオはかつて経験したことがなかった。早くオレから解放されたくて、そのために全力をつくして女は奉仕しているのだろうが、そうはさせるもんか、簡単にゃ逃がしゃしねえぞ。一夫は思った。

 それにしても、女が完全に男の支配下に置かれるや、助かりたくてこんなに見事なフェラチオをしてくれるもんか、いやこの女はスキなんじゃねえか、じや亭主にいつもこんなにいいフェラチオしてやってんのかな。ふと一夫は見も知らぬ男に嫉妬した。

 すると、もっとどんよくに女の奉仕を求めたくなった。「たまも・・ふくろもなめるんだよお」農婦が口をはずし一夫の命令に従った。ペニスから口をはずし、一対のふくろを交互に甘く吸引する。あるいは口に含んでなめまわす。「ああ・・たまらねえ」

 肛門のあたりがぞくぞく疼いた。その疼きが背すじから後頭部のあたりをなんべんも突っ走ってゆく。一人の女の人格なぞ無視して、完全に快楽の道具として奉仕させている自分のとほうもない悪らつな非道ぶりに、一夫はわけもわからず興奮した。

 女は、絶望的というより一種無表情に口元だけを小刻みにうごかしていた。何も考えていない。何も考えたくない、考えられないといった表情だった。「頭だ、頭をまたしゃぶるんだッ」女がいわれた通りにこわばりの先端を含んで甘く吸う。「あ、おお・・」

 一夫の口からふかい呻きがたった。腰をちょっとでも動かせば出てしまう危険を感じた。しかし、限界だった。ぐっと腰を女の喉奥にぶち当たるまで一気に沈めた。「うっぐうっぐツ」

 女が苦しげに顔を歪めて喰る。喉の奥が微妙に締めつける。えもいえぬ戦傑が走った。腰を浮かせようとした瞬間、一夫は目まいを起こしそうな快感とともに、どっと放っていたのである。

【官能小説】旅先のみかん畑で・・2/2へ

↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ




Top Page

最終更新日 : 2019-10-04