密室のエレベーター内で突然のエロOKな出会い

 今日起きた本当の話です。私の勤務する会社は8階建てのビルです。私の事務所は5階にあります。今日2時すぎに外回りのためエレベーターに乗ったところ、たまたまビル清掃のおばさん(おばさんといっても、私より年下)と一緒になった。

「こんにちはー」と普段通りに挨拶をし急いでいたので、早く1階に着かないかなぁと考えながらインジケータを見ていたら、おばさんが「暑いですねぇ」と話しかけてきた。エレベーター内は私とおばさんしかいない。

【PR】バレずにラクラク包茎矯正トレーニング!!男に自信がつきます。「PストッパーMサイズ」

 ずっとエアコンの効いた事務所にいた私は「今日、外暑いですか?」と返事したところ「暑いですよ、涼しい処に行きませんか!」「えっ!?」「電話番号教えましょうか」意味が理解できない私は「えっ!」

「涼しい処って、あの涼しい処?」「電話番号教えましょうか」彼女(あえて、ここからは彼女と言います)は、美人ではないですが私好みのポチャで、かわいいタイプ、痩せたらけっこういい線いくんじゃないかな。

 耳を疑いながら「何番ですか?」聞いた番号をスマホでコール。なかなか彼女のスマホが鳴らない。「エレベーターの中からかなぁ?」なんて話ながら彼女の意図を知った私は、彼女の乳に手をあてて軽く揉んでみた、彼女は全く拒否するようすがなかったので、さらに強く。

 その時、彼女のスマホが鳴ると同時にエレベーターのドアが開いた。ドアの向こうには誰かわからないけど、おっさんが待っていた。慌てて手を離し、何もなかったように平然をよそおう私。いそいでいたので、彼女に会釈しながら飛びだす。

 外回り1軒目が終わり、コンビニの駐車場で缶コーヒーを飲みながら彼女に電話してみた。彼女が出てきて「ハーイ」「えっとえっと」名前を知らない!「さっきは、ビックリしたよ!」「あのおじさん、気が付いたかなぁ、ヤバいよねぇ」と彼女。私はおじさんの事より彼女の気持ちの方が気になり

「さっきの話は、僕と・・エッチする?」「今からでもいいよ、仕事終わったから」「僕は、まだ仕事中だから、無理」「いつならいい」「月末だから、忙しい、月明けの金曜日は有給取ってるから会えるかなぁ」

「いいですょ、2時半頃には仕事終わるから」「なんで僕なんかと?」「時々見てたけど、やさしそうだったから」「そお?・・じゃ、また電話するわ!」電話を切って、色々頭の中に思いが巡りました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ