入院時の看護師さんの〇〇で助かりました

 2年前痔を発症し入院しました。その部屋は4人部屋でしたが私と60素後のおじいさん2人でした。手術後毎朝検診に来る30歳位の綺麗系の看護師がいました。私はいつもその看護師の白衣に透ける下着を楽しみしてました。

 術後2日目の夜、その看護師が巡回に来ました。私は「糸がガーゼに着いて痛いです。ガーゼ交換してもらえますか?」とお願いしました。看護師はズボンとパンツを下ろしガーゼを交換してもらいました。

【PR】スピードーム1000 (8個入り)素早くカンタンに装着 テープを下に引っ張るだけです。販売価格 510 円 (税別)

 パンツを穿くとき大きくなっていたちんちんを見た看護師はすぐに目を逸らしました。私は看護師の手をとりあそこを握らせ「ここもいいですか?」と抱き寄せキスをしながらスカートに手を入れました。

 看護師は足をガクガクさせ「だめ・・」と言いつつも舌を絡ませてきました。看護師のあそこは少し熱くなって湿っているのがパンツの上からでもわかりました。看護師は「口だけですよ」と言い私のちんちんを口に入れました。

 だいぶん溜まっていたのでしょう、すぐに出してしまいました。看護師はガーゼに私の精液を出し、部屋を出て行きました。3日後もその看護師に抜いてもらいました。退院する前日その看護師と連絡先を交換し退院しました。

↓他のHな体験談を見る




ホームへ