過去に一度だけ混浴温泉で浮気体験があります

 丁度5年前のこの季節だったので、私が46歳の時のことですね。結婚して子供が二人出来てからは夫婦で旅行などした事がなかったのですが、主人が会社の取引先とのパーティーで旅行のチケットを貰いました。

 その頃子供達はもう一人は大学生、下の子も高校生になっていたので親と一緒に旅行など行く年齢ではありません。それならと夫婦二人で温泉に2泊3日で出掛けることになりました。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 子供も大きくなると家ではあまりエッチは出来ないので、私は旅行なんかよりそっちの方が楽しみでワクワクしていました。旅館に着いてお湯に浸かるとすぐお食事になりました。

 夫は気分良くお酒を飲んでましたが私は心配でした。夫はお酒は好きですがあまり強くないので、酔うとすぐに寝てしまうのです。折角来たのにエッチ無しで寝られてしまっては困ります。私は本音は言えないけれど、ほどほどにするように言いました夫は大丈夫、大丈夫と聞いてくれません。

 そして食事を終えて部屋に戻ると案の定布団の上でグースカ寝てしまいました。こうなると朝まで目覚めないのは分かっています。まだ明日の晩があると思っても、一度火の点いた気持ちは冷めてくれません。

 私も横で寝ようと頑張りましたが中々寝付けず、もう一度お風呂に入りに行きました。この旅館にはお風呂が幾つかあって湯巡りが出来るのが一つのウリになっていました。

 中には混浴のお風呂も一つありました。入ってみたい気持ちもありましたが変なおじさんが居たら嫌だと思って、最初に入ったのとは別の女風呂に入りました。誰もいなかったので一人で触ってみたりしたのですが、収まるどころか余計な気分がモヤモヤしてしまいました。

 仕方なく風呂を出て、お風呂場近くの待合所のような所で、火照った身体をビールを飲んで冷ましていました。するとその混浴風呂に入っていく男性を見かけました。若くもないですが、多分30代位の何となく良さげな感じの男性でした。

 お酒が入っていた事もあるのだと思いますが、その人を見た途端、凄くエッチな気分になってしまったんです。私はフラフラと混浴風呂の扉に近づき、そっと扉を開きました。彼はもうお風呂に行ったようで脱衣所には誰もいませんでした。

 忍び足で脱衣所に入ると、入っているのは彼だけのようで脱衣籠には1人分の浴衣だけ置いてありました。一度脱衣所を出ると私は意を決して再度扉を開きました。そして脱衣所に入ると着ていた浴衣と下着を脱ぎました。小さなタオルで前だけ隠して私はお風呂場へ歩きました。

 脱衣所とお風呂のある露店は仕切り板がありました。仕切り板の前でタオルを外して、いよいよ露天風呂のある仕切り板の先に行きました。浴槽に浸かる彼と目が合って、私が会釈をすると彼も会釈を返しました。

 夫以外に裸を見られるのは結婚以来初めてです。高揚する気分で私は彼に背を向けて掛け湯をしました。彼の目からは私の大きなお尻が丸見えです。見られたくてゆっくりと掛け湯をして、少し跪いてみたりしたのでもしかしたらお尻の穴まで見えたかもしれません。

 そして露天の浴槽に入りました。彼はこちらを見ないようにしていて、少し緊張しているような感じでした。こうなると女の方が度胸が出るのか、私の方から彼に話しかけました。

 話していると彼は出張帰りで立ち寄ったらしく一人で来ているようです。しばらく会話した後、彼から私はどうして一人で来たのか?と聞かれました。私は正直に、旅行には夫婦で来たが夫が寝てしまったので来たこと。

 そして冗談交じりですが「こんな時にしかエッチ出来ないのに」と笑うと、彼は真顔で「こんな魅力的なのに酷いですね。」と言います。私はお湯から立ち上がると彼の横に来て浴槽の縁に座りました。

「こんなおばさんの身体を魅力的なんてお世辞がうまいのね」と言うと「いや、お世辞じゃないですよ」と言ってくれました。私は「それなら、、、」と彼の手を握り、そっと自分の股間に導きました。

 戸惑った顔をしつつ、彼は私の股間を指で触り出しました。浴槽の淵に両足を上げるた彼は私の股間に顔を埋めました。そしておもむろに立ち上がると、私の顔に彼の股間を近づけました。夫とは比べものにならないほど大きく固く反り返ったあそこでした。

 手を添えて夢中になって頬張ると、今度は私を後ろに向けて後ろからあそこをあてがうと一気に貫きました。声も出ないほど感じてしまい、危うく潮まで吹きそうになり、彼を浴槽からあげると、浴槽の脇のベンチに移動してそこでしてもらいました。

 ガンガンと突かれる度に潮が出てしまいます。私はもう中でだされてもいいと思ってましたが、さすがに彼はまだ理性が働いたのか、抜くと私の顔に近づけました。私の体液でヌルヌルした彼の股間を頬張るとすぐに口の中は彼の体液で満たされました。

 一滴も零さないように口で受け止めました。彼はそれで冷静になってしまったのか、私に礼を言ってお風呂場から出て行きました。私はまた余韻の残る中で一人で指で絶頂して、少しほとぼりが冷めてから部屋に戻りました。

 夫はまだ鼾をかいて寝ていて、私もようやく寝付く事が出来ました。さすがに夫も寝てしまったのは悪いと思ったのか、翌晩は私を何度も抱いてくれました。

 まさか自分が寝ている間に妻がお風呂で他人に抱かれてたなんて、夢にも思わなかったと思います。私も罪悪感からそれ以来他人と交わることはしていませんが、時々あの時のことを思い出して一人でしてしまいます。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ