サッカー部のマネージャーで女王様の気分を知った

 高校のサッカー部でマネージャーをやってました。こっそりデートに誘ってくれる男の子は何人かいましたが、楽しく部活を続けたいので特定の彼氏は作りませんでした。「今日は汗でぐちょぐちょだよ、気持ち悪いなあ!」

「マネージャー、今日は着替え遅かったね?」「女子は男子と違っていろいろあるのよ!」そんな感じで和気あいあいと過ごしていたのですが・・ある夏合宿の夜・・すっごい事しちゃいました!!


 女性の方パパ活はこちらをクリック

「部室でセンズリ大会始まってるよ!合宿でためすぎたからよ!!」「マジかよ!?おう!真夕もちょっと来いや!!」「きゃっ!?}アタシは孝輔に強引に手を引かれて連れて行かれてしまいました。

 部室は39人もの男の子たちが床に寝転がっていました。まるでハッカのような男の子のニオイで充満していました。アタシもビキニパンツ一枚とTシャツというラフな格好ですきまを見つけてコロンと横になりました。

 男子たちの汗ばんだ皮膚が密着してきます。男子の体ってたくましくって、がっしりしてて、すごい筋肉!興奮しちゃいます!!「先輩!来てくれたんですね!?ご苦労様!」祥大君がセンズリをかきながら、横であいさつをしてくれました。

「アタシ、男の子の生オナニーを見るのはこれが初めてで・・」言い終わらないうちに上のほうで「ああ~やべえ~いくいくう~~!」その子の精液は弧を描いて自分の顔にぶっかかってしまいました!!

 男の子どうしで顔射したり、横になってセンズリかいてる奴にぶっかけたり、反対にぶっかけられたりと、大変な事になっていたわよ!! アタシも少し感じて来ちゃって、

 ビキニパンツの中に指を突っ込んで秘唇をクチュクチュと慰めていたら、目の前にヌッとデカチンポが近付いて来て「真夕!ほら!お前も良かや!?}「きゃっ!?」直後、アタシの頬にぴっと何か飛んで来た感覚がありました。

 白い液がついてて、そのまま第2波がびゅびゅっとかかってきました。あったかいというか、生ぬるいです。とろっとしてて、アタシの鼻を伝って口の中に入ってしまいました!!「しょっぱい!!」そんな味でした。たちまち男子たちのゲラゲラという笑い声がします。

 それから数時間、アタシは男子たちからの白いシャワーの洗礼を受け続けました。「ほ~ら、シャンプーだあ!?」「いやっ!ちょっと!髪の毛はやめてよっ!!」「おお~~っ!!出る!出る!」「いやあん!!精液も滴るいい女・・なあんちゃって!!」

「やかましいわ!!」いろんな男の子の精液がアタシの体の上で交じり合って生々しいニオイがします。アタシは自分の体にタップリついている精液を指ですくって、人差し指を舐めてみました。

「あ・・濃くておいし・・」立ち上がろうとしたら、床の精液溜まりの足を滑らせて尻もちをついてしまいました!!「いったあ~い・・」すると孝輔が手を差し伸べてくれて「真夕も女の子なんだから、そろそろこれぐらいにしとこうぜ?」

 アタシは孝輔の手を取って「ありがと・・孝輔って優しいね?」「スッキリしたぜ!ありがとうな!?」「スッキリさせてあげたんだから、試合には絶対に勝ってね!?」

 彼氏とセックスする時と違い、いつもは硬派な男の子たちがここまでアタシひとりをやんなましてくれて・・。女王様になったみたいな気分で、すっごいやみつきです・・!!・・アタシってば、ちょっと変・・??

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ