結婚するまでの妻のエロ歴が気になるこの頃

 結婚して1年、26歳の妻を持つ29歳の会社員です。先日、妻が短大時代の友人の結婚披露宴から帰ってきた日の夜、ほろ酔い気分の妻がベッドでいきなり全裸になって股を開き私を誘いました。

 普段は清純そうなイメージの妻の痴態に「どうしたの?新郎新婦が今何してるかな~なんて考えちゃったの?」と言いながら、妻の陰唇を割って指を入れると、中は熱くてグジュグジュでした。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

「違うの・・元彼も招待されてたの・・」その言葉に、私の陰茎はガチガチになりました。「元彼との事・・思い出しちゃった・・」私は、妻の過去の性行為話に嫉妬でフル勃起するのを知っているのです。

 私は、清純そうな妻でも過去に男がいたことに嫉妬しています。清純そうな妻を抱いて射精した男を思うと、嫉妬と興奮で勃起してしまうのです。私も若かりし頃は、元カノとハメまくっていましたから、妻だって元彼とハメまくっていた事でしょう。

 妻の身体のいたるところを愛撫して、勃起した陰茎を妻の口咥えさせてしゃぶらせた男は何人いたのでしょう。そして、普段は清純そうな妻が身を捩って喘ぐ姿を楽しみながら、妻の膣を味わった男は何人いたのでしょう。

 妻も恥ずかし恰好で喘ぎながら、男とセックスを楽しんだのでしょう。私は、我慢できずに妻の膣に陰茎をあてがうと、あまりの濡れすぎにニュルッと入ってしまいました。

「ああん、ああ、あああ・・」「その元彼と、こんな風にやってたのかい?」「あん・・そ、そうよ・・彼のチンチンが・・ああん・・」もしかして妻は、元彼に抱かれている妄想で感じているのではないかと思いました。

 私は、妻の膣に陰茎を出し入れしながら、元彼目線で妻を見ている気分になりました。元彼に抱かれて・・妻が喘いでいる・・元彼が清純そうな妻の裸に興奮して妻の膣壁を突きまくっている・・

「ああん、ああん、あんあんあん、逝っちゃうぅぅ・・」妻は腰を突き上げながら、仰け反ったとき、子宮にドクドクと射精しました。私は、ウットリしながら余韻を楽しむ妻の膣から流れ出る精液を処理しながら、

 今日妻が再会した元彼も、もしかしたら自分の奥さんを抱きながら、元カノである妻とのセックスを思い出しているのではないかなんて考えていました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ