ホストの客OLにイタズラレタ体験談

 当時俺は、歌舞伎町でホストをしていました。高校を卒業してからすぐに店に入りました。まだまだ純粋で、バカな18歳でした。自分の客にガンガンに酔わされて、ホテルに連れられそうな時もあったけど、なんとかかわす事ができていました。

 そんなある日、アフターで客と飯を食べることになったんだけど、酔いを冷ますために、中ジョッキに入った冷水をイッキすると、視界がぐらつき、ロレツが回らない状態に・・水にたぶん薬を入れられました。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 気付くとホテルのベットの上に、全裸で両手、両足をガムテープでぐるぐる巻きにされて、1の字になって仰向けで寝てました。鈍った頭で、自分の置かれている状況を徐々に理解してきた頃、お風呂場から、客のミキがでてきました。

【ミキのプロフィール】とし29歳、職業 OL、性格 狂暴、酒乱、最悪な痛客、ドS。容姿 体がデカク女子プロレスラーみたい・・正直好きなタイプではなかったです。

 彼女はベットの俺を見て、ニヤニヤしながら「もう起きたんだぁ~」と言いながら近づいてきました。そして「お薬の時間よ~」と言いながら俺の口を開けて、何か薬を入れ水を流し込みました。

 俺は体に力が入らず、抵抗する事なく飲み込んでしまいました。すると、お腹の方から熱くなっていき、下半身の方が気持ちいいような、気持ちわるうような変な感じがしてきました。

「おいしい?ばいらぐら」そして彼女は、ゆっくりと、こうがんを口に入れて、舐め回してきた。それだけで、俺は逝ってしまった。情けないのと恥ずかしいので泣いていると。いきなりバシンッと頬を平手打ち

「もっと虐めてあげるから、私を楽しませてね」そして、鞄からアナル用のバイブを出してきて、ローションをお尻にぬりたくられ、中にはいってきた。鈍い痛みの後、グリグリされた瞬間また逝ってしまった。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ