転勤を期に憧れの清楚な受付嬢を落としたが

 35歳会社員です。俺は去年の暮れに部下の失敗の責任をとらされ、地方に転勤するハメになってしまった。中間管理職だから仕方ないといえば仕方ないんだが‥。でも、どうせ飛ばされるならと開き直った俺は、以前からずっと気にかけていた会社の受付の女の子にアプローチをした。

 女の子の名前は『ナオ』会社でも評判の24歳の清楚な黒髪の可愛らしい子。言葉遣いも上品でいわゆるお嬢様系だ。俺はナオが入社してから二年間ずっと狙っていたが、ナオには学生時代から付き合っていた彼氏がいたので諦めていた。



 そんなナオを俺は本社勤務最後の日に食事に誘いなんとかデートにこぎつけた。そして適当にご飯を済ませ飲みに行った時、俺は今までのナオに対する気持ちをありったけ伝え必死に口説いた。

 するとナオは『今夜限りの一度だけなら‥』と同情じみた感じだったが、夜を供にしてくれるのをOKしてくれた。舞い上がった俺はナオの気持ちが変わる前にと、直ぐさま飲み屋を出てホテルへGo!

 そして部屋に入るなりナオに激しいキスをし、シャワーも浴びずにそのままベットイン。ナオは俺が服を脱がすとナオは恥ずかしそうに両手で顔を覆っていた。

 その仕草に萌えた俺はナオの小ぶりで綺麗な形のオッパイに吸いつき、薄毛のマンコにむしゃぶりつき、ナオの身体のありとあらゆる箇所を舐め尽くした。そしていよいよ本番、俺は今までの想いを含め我慢汁でヌルヌルのイキリたったチンポをナオにぶちかました。

 キツキツに締まるナオのマンコに俺は腰を振る度に射精したくらいの快感に襲われ本当に気持ち良すぎて気絶しそうになった。ナオは変わらず顔を両手で隠していたが、微かに『アッ‥アッ‥。』と声を出し感じていた。

 そして、あっという間に限界に達した俺は、一瞬外に出そうかとも考えたけど、ナオも何も言ってこないし、こんなチャンスは二度とないと思い、ナオのマンコの奥深くにチンポを突き刺し思いっ切り発射してやった。

 射精した瞬間、俺は身体中に電気が走ったように痺れ、いままで体験した事もないような快感に襲われた。まさしく感無量!全て出し切った俺は身体中の力が抜けチンポを入れたままナオに覆い被さった。

 すると『チョット!早く抜かないとダメですよ』とナオが慌てて俺を払いのけた。そして俺がナオと離れると、ナオのマンコから俺が大量に出した精液が溢れ出て‥。それを見たナオは『えっ暖ナニ?嘘でしょ?』とナオは今までの恥じらう態度を一変し、大股を広げマンコに指を入れ俺の精液を掻き出し始めた。

 そして『マジか!信じられねー』とナオとは思えない言葉を発し『何でゴムは?』と俺を睨みつけてきた。あまりのナオの豹変ぶりに驚いた俺は言葉を濁していると、ナオは『最悪‥。普通するよね!ふざけんなよ』と枕を俺に投げつけ風呂場に直行した。

 そして、ホテル出てからナオは俺と一言も口を聞いてくれなかった。別れ際、ナオはまた俺を睨みつけ『二度と顔を見せんな!クズ野郎!』と捨て台詞を吐いて帰っていった。sexは最高に気持ち良かったが、ナオの本性を知ったのは最低の思い出になった。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ