夜の女王様とのセックスプレーの告白

 酒場で知り合った女の部屋に行き、着衣のままベッドでキス、すると女が上に乗り、俺の手を上にあげさせた。ガチャリと両手に手錠がかかり、驚いた俺にまたキス。舌が侵入して上あごをなめあげる。「さあ、なめて」女が顔の上にまたがる。

 ロングスカートの中に見えるのは、黒いストッキングと黒いガーターベルト、そして純白のパンティ。クロッチの奥から染み出てくる女の液体懸命になめるとあえぎ声女はハサミでパンティを切断し、薄桃色の花びらを俺にこすりつけてきた。



 俺のジュニアはもうびんびんだが、両手がいうことをきかないので、なめるしかない。女は軽くいったようだが、俺はまだだ。女が俺のシャツをはだけ、ズボンを脱がした。トランクスの上からジュニアの先っぽを指で愛撫する。

 乳首を舌でなめなめしてくる。ジュニアがさらに硬度が増した。女を後ろから串刺しにしたい。女が俺のトランクスをハサミで切断する。女に裸にされるのはなぜか恥ずかしいものだ。「あなたは奴隷よ」女は指でジュニアをいたぶる。

 俺のジュニアはなすがままだ。いきそうになると女が動きを止める。「あなたは奴隷よ わかっているの?」「いかせてくれ」と俺は叫ぶ「まだ駄目 我慢しなさい」また責めが始まる。ジュニアにからみつく女の指は蛇のように弱く強く俺を責め立てる。

 女の口が俺のジュニアを包み込み、裏筋をなめあげる。俺は声も出ない。「あなたは奴隷よ 私に犯されるの」「犯してください」と俺は叫ぶ女の責めで俺はおかしくなりそうだった。俺のジュニアは俺のものでなくなっていた。

 ジュニアが女のものになったようだった。ジュニアが逆に俺の中に突き刺さっている。俺のジュニアは女のモノ 女のジュニアが俺に突き刺さっている。女が腰を沈め、ジュニアが見えなくなった。

 結合部が見える。俺のジュニアが女に包まれている。いや俺の中に女のジュニアが突き刺さっている。女が人差し指を俺の口に挿入してくる。口に女のジュニアが入ってくる。

 俺は指をなめた。突然指が引き抜かれ、下半身の穴に女の指が女のジュニアが突き刺さった。指が曲げられ、俺は体をのけぞらせ、いつもより長い射精をした。俺は夜の女王の奴隷になった。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ