女(人妻)は油断すると直ぐに一線を越えますね

 44歳パート勤めの主婦です。夫と子供が二人います。夫との仲は良く夜の営みも月に2回位はありますが、昔ほどの頻度ではなくなりました。昔はそれ程積極的ではなく、むしろ夫から誘われなければ自分からはしなかったのですが、

 数年前に子宮筋腫で子宮を取ってからホルモンバランスが変わったのか、かなり性欲が強くなってしまいました。でもあまり頻繁に私の方から誘うのも恥ずかしいので、日中家族のいない間にオナニーしたりして性欲を抑えていました。



 昨年の年末は夫も仕事が忙しくて、中々エッチが出来ず悶々とした日々を過ごしていました。そんな中パート先の忘年会があったんです。忘年会は会社だけでなく、親しい取引先も参加する結構大人数での立食パーティーでした。

 私はパートなので社内でも知り合いは限られていて、喋る相手もおらずに隅でお酒を飲んでいました。するとそこに取引先の若い子が来ました。彼とは発注のときとかによく会うので取引先の中では親しい方です。

 彼もあまり喋る相手がいないと言って私と一緒に飲んでいました。一次会は9時前にお開きになり帰ろうかとしたら、彼がもう少し飲まないかと誘ってきました。少し迷いましたが、たまには若い子とお酒を飲むくらいいいかとお誘いにのることに。

 彼が連れて行ってくれたのは何だかお洒落な個室バーで、窓辺に向かって二人並んで小さなソファに腰掛けるタイプのところでした。自然と肩が触れ合うような距離感に少しドキドキしてしまいました。

 少しお酒が入っていて気が大きくなっていたせいもあり、私も少し彼に寄り添うように座り話していました。時折彼の手が私の太ももに触れましたが、こんなおばさんがそんな事気にしてるのかと思われるのも嫌なので敢えて指摘はしませんでした。

 でも段々と彼が私の身体に触れることが多くなり、話してる最中に彼の手は私の足の上にすっかり置かれていました。私は戸惑いながらもドキドキしっぱなしで、正直それだけで自分でも分かるくらい濡れていました。

 話題も職場の話から下ネタに完全に移っていました。彼は彼女がいなくて性処理も困ってると言い、私にまだ旦那としてるのか?ときいてきました。私はしてるわよと答えると、幸さんとできる旦那さんが羨ましいと言います。

 こんなおばさんの身体なんて興味ないでしょ?と聞くと彼は、そんなことない。実は時々幸さんの身体を想像してオナニーしてるんですって言うんです。そして私の手を取り、ほら考えただけでこんなに、と言って自分の股間に導きました。

 ズボン越しに触れた股間は石でも入っているかのように固くなっていました。触れただけなのに私の身体に電流が走ったように感じてしまいました。さらに彼はズボンのチャックを開くとこっそりとアレを出したんです。

 私は、だめよ、他の人に見られちゃうからと言いましたが、ソファは仕切りで隠れていて、更に窓辺に向いているので見られる心配はありませんでした。彼もそれがわかっていて、大丈夫ですよ、みえないから。と私の手を直に触れさせました。

 結婚してから夫以外の股間に触れたことなんてありません。でも確実に夫より固く大きいものでした。触れているだけなのに、割れ目からは透明な液体が溢れていて、私も自然とそれを握って上下に動かしてしまいました。

 彼は気持ちよさそうにして、私の胸を服越しに触ってきました。しばらくしてあげると、あっいきそうです、と言われました。でもまだティッシュも用意してなくて、テーブルの上には紙ナプキンがあるだけです。

 もう迷っている暇はなく、彼の股間に覆い被さり彼のアレを口に含みました。その途端に口の中にビュッと出されて結局出し切るまで口で受け止めました。ようやく出し終わると口から離して、鞄からティッシュを出してそれに吐き出しました。

 彼にどう?落ち着いた?と聞くと、彼はまだ全然です、もう出ましょう、と私の手を引いて店を出ました。そして手を引かれたまま近くのホテルに連れ込まれました。さすがにダメよと断りましたが、彼の力は強く、私自身体に火が付いていて強く断れませんでした。

 部屋に入るなら抱き締められ熱く唇を奪われました。唇を重ねたままスカートをたくしあげられ、お尻を鷲掴みにされました。そのまま押し倒されるようにベッドへ。私はせめてお風呂に入ってからと抵抗しましたが、彼は完全に我を失ったように夢中で私の服を剥ぎ取り、露わになったアソコに顔を埋めました。

 獣のように舐められ私も理性を失ってしまいました。彼も舐めながら服を脱ぎ、固く反り返ったアレを私に突き立てました。反り返ったアレが私の一番気持ちいい部分にあたります。そこを突かれるとすぐに潮を吹いてしまい、はしたなくピュッピュッと潮を撒き散らしながら喘いでしまいました。

 夫は少し早いので私が中でいくことはあまりないんですが、彼は先程一度出しているせいもあるのか激しくピストンを繰り返し私は何度も何度も中でいってしまいました。

 そしてもう体中が痙攣するようにビクビクしている中、彼が一番奥に打ち付けて動かなくなり、私の中でアレだけが脈打つのが分かりました。彼が抜くと二人でベッドに寝そべりました。自分の股間を触ると彼の精液が中から垂れていました。

 彼は、ごめんなさい、我慢できなくてと謝りましたが、私は、子宮もう無いから大丈夫よと言いました。時間を見るともう11時を回っていました。さすがにシャワーを浴びなければ帰れないのでシャワーを浴びに向かうと彼もいっしょに来て二人でシャワーを浴びました。

 そしてその最中に立ったまま後ろから犯されました。ホテルを出るともう12時を回っていました。夫には少し遅くなるかもと言いましたが、さすがに夫も心配したのか携帯には何度も着信がありました。

 家に帰ると夫はまだ起きていて、電話出なかったけどどうしたの?と心配そうに聞かれました。鞄に入れたままだったので気づかなかったと言い訳しましたが、夫は少し疑ってそうでした。もう二度とこんなことしないと誓いました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ