皆に自慢したい営業女性との体験談の話

 この春に体験した話です。皆に自慢したいですが、立場的に誰にも話してないですが。東京から転勤で福岡に行く事になったんですが、2月に部屋を探しに予約していた不動産屋に訪問する事になりました。

 担当は男性社員の方で、ごったがえす店内でバタバタとマンションを提案してくれました。いざ見に行く段階で、次の予約があるからご案内は彼女にと、横の女性営業マンと交代されました。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 ずっと横の席に座ってた彼女が、パンパンに張った胸のワイシャツやピッチリしたパンツスーツからわかる大きな尻の感じが気になってましたから、半分ラッキーだと思いました。案内中も肉付きの良い彼女の身体を気にしながら、たわいもない会話で楽しい時間を過ごせました。

 いい物件を見つけ、翌日には妻の待つ東京へ帰宅、それからは契約段取りの電話で彼女とたまにやり取りする位。ある日、爆サイという、地域密着書き込みサイトで移り住む福岡をなんとなく調べてたところ、

 イタズラ的な書き込みが多いスレッドで『エロい店員』といったものがありました。なんとなく見てると、私が探しにいった駅近くの不動産屋の書き込みがありました。名前は○で一部隠されてましたが、私を案内した女性と一致。

 きょうみ半分で私も質問を書き込むと、返る返事から、彼女の事だと確信しました。それからは、当たり前に契約段取りで入る電話にもドキドキし、声がうわずってしまいました。会話の中で、サイトから得た情報をそれとなく聞いてみると、やはり一致。

 サイトの事だから真に受けてもいけないが、いつか誘ってみようと決心。引っ越し前に、電話の流れで(引っ越ししたら御礼を兼ねて御飯おごるね)と話したところ、いつも通り愛想よく、是非との事。

 福岡には家族より1カ月早く出向く事になっていた為、チャンスは1カ月間。引っ越し後、直ぐに彼女に電話して、美味しい御飯屋さんを教えてと伝えたら、拍子抜けする位直ぐに食事に行けました。私は彼女より20も年上でおじさんだから安心してくれてるのか。

 早速近所の商店街近くの居酒屋でお食事。やはり身体つきがやらしい。お酒も勧めると嫌がらず飲んでくれ、顔も直ぐに赤らんできました。借りた自宅から近い居酒屋でしたので、頃合いを見て、追い炊きがうまく動かないと話をふると、近いし、見に行きましょうか?との返事。

 私はその頃には念のために持参したバイアグラを飲み、興奮状態でした。もう少し彼女に飲ませた後に、そこから5分の新居に彼女と向かい、ドキドキ高鳴りながら室内に。彼女も躊躇なく上がり、まだ荷物も少ないリビングを横切り、浴室に。

 前屈みで給湯をさわる彼女に一緒に覗き込む様に近づき、多少後ろから覆いかぶさる格好に。近づきすぎても嫌がる素振りがないため、大きな彼女の尻にわざとバイアグラで勃起したモノを当ててみましたが、やはり給湯に集中。

 ここで我慢できなくなり、チョンと当てていた勃起を彼女の柔らかい尻の割れ目に移し、グッと押し付けました。ここではじめてかのは(キャッ!)と声をあげて立ち上がりましたが、私は止まらなくなり、後ろから抱きしめる形になりました。

 彼女はやめて下さいと弱い抵抗をしましたが、私は酔った勢いとバイアグラの為に止まらず、ゆっくり着衣のまま尻の下から突き上げるように腰を動かし、彼女のささやかな抵抗の状況を見てみました。

 すぐに色気まじりのやめて下さいに変わったもので、抱きしめていた腕を期待していた胸に移しました。ワイシャツの上からもボリュームのわかる大きな胸で、躊躇なく胸を揉み、尻に股間をめり込ませました。

 彼女は抵抗も弱く、浴槽のヘリに両手をつく体制になったので、チャンスとばかりに腰を擦り付けながらも彼女のベルトと私のベルトを外し、彼女のパンツスーツを片手でおろし、私のスーツズボンもパンツと一緒に膝までおろしました。

 最後は多少嫌がり腰をねじりましたが、彼女のストッキングと白いパンツを一気にずり下げ、上はワイシャツとジャケット、下は大きな尻を丸出しの姿に。すぐに彼女の股間に指を這わせると、既に冷たく濡れているのがわかりましたので、そのまま、後ろから挿入。

 すんなり彼女の中に勃起が入り込み、暖かい感触に包まれました。軽い抵抗してた彼女もしっかり浴槽のヘリを持ち、立ちバックの体勢に。彼女を楽しもうと思い、いつもより、ゆっくり、深く彼女に出し入れを繰り返すと、すぐに彼女は上半身を下げ、尻を高く突き上げる淫乱特有のポーズに。

 そこからは完全にこちらのペースでした。あまり荷物も届いてないリビングに連れて行き、ジャケットを脱がした後にソファでM字開脚。長いあいだ舌を這わせ、背もたれに仰け反るまで舐め続けました。

 バイアグラのおかげで、勃起がおさまらず、いっては挿入を繰り返し、2時間近く犯し続けたかと思います。私はサイズに多少自信があり、彼女も何度かピクピクと痙攣する様子もありましたので、おじさんの勃起で絶頂を迎えたのではないかと満足しています。

 中には流石に出してないですが、美人営業と無言で生挿入の興奮状態でした。その後は夜中に彼女は帰り、連絡は取っていません。今では家族も越してきましたから、ソファを見るたび彼女を思うばかりです。最高に興奮した実話です。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ