Hな告白や体験談ブログ

【18禁】女性のHな告白やHな体験談・男性のHな告白やHな体験談を掲載しています。

Top Page › ◆女性の告白・体験談 › 出会い系の体験談 › 知らないおじさんにゆっくり入れて頂きました
2019-07-29 (Mon)

知らないおじさんにゆっくり入れて頂きました

 大阪からの帰りの特急列車で50代のおじさんが私をじろじろ見てきました。もちろん気にしないで無視していましたが、トイレに行って用をすまして出ると前にそのおじさんが立ってて、いきなり私に言うんです。

「お姉さん可愛いね、もし良かったら、3万円、いやお姉ちゃんだったら5万円でやらせてくれないか?」と言われました。もちろんその時は、相手にしませんでしたが、席に戻り段々お金が欲しくなって来て5万・・ん~ 悩んだ居る自分がいました。




 でもそのおじさんは、席に戻ってきましんでした。ばつが悪かったのでしょう。何だかそのおじさんがかわいそうに思えてきて自然に席を立ちおじさんを探していました。おじさんは、隣の車両に移っていました。

 私はおじさんに「さっきは意味がわからなかったけど 5万てどう言う事?」おじさんは、親指を中指と人差し指の間に入れて握りこぶし作り「一発でいいから!」と言い私はそのあまりの露骨な行動に、何だか期待してしまいました。

 私の周りにこんな男性いなかったので逆に、新鮮でした。私は「いいよ!」と答えて「先に行ってるから」トイレに一旦ロックをして ノックの合図で開け人の居ないのを確認しておじさんを中に居れました。

 おじさんは、パンツの上からも解るくらい盛り上がっていて、とても50代に見えませんでした。「もうすぐ駅に着いちゃうよ」「かまわないさ」おじさんは、パンツと下着を一気に下して自慢する様に見せつけました。

「凄い!」私は思わず言葉を漏らしてしまいその逞しい一物を握り締めていました。「奥さんいるんですか?」「別れたよ!」「・・・」私は、自然と笑みを浮かべていました。おじさんの硬いモノを握っているだけで濡れてくるのが解ります。

 このままだと下着がグショグショになりそうです。私は、お尻を向けて自らパンティを片方の足から外してスカートを腰までめくり上げて便器に両手をつきました。「おじさんみたいに大のは始めたなの、だからゆっくり入れて」

 今思うと恥ずかしくて恥ずかしくてよく言ったなーて感じですけど、後ろ手で自分からおまんこ開いていました。あの時のいれられる刺激と言ったらもう例え様がありません。しばらくご無沙汰でしたので最初少し痛かったけど、直ぐに気持ち良くなり頭が真っ白になりました。

↓他のHな体験談を見る



1番PCMAX
登録者数1300万人突破、すぐ会えると評判
2番ハッピーメール
出会いでハッピーになりましょう!
3番ワクワクメール
業界最大級の会員数を誇る、優良コミュニティ




Top Page

最終更新日 : 2019-07-29