泌尿器科の女医さんには参りました

 このあいだ、尿の出がよくないような気がしたので、前立腺ガンではないかと心配になり、内科・泌尿器科に行きました。女医だったので驚きましたが、まず血液検査をしましょうということで、採決され、

 その後、触診しますと言われ、診察台に横になり、ズボンと下着を取ってくださいと言われました。そして仰向けになって、ひざを抱えるようにして下さい、というので、ひざをかかえてでんぐり返りをするような格好になりました。



 要は肛門をよく見えるようにするということです。当然、私の性器はペニスが腹にくっつくようになり陰嚢の裏側が上を向くような感じで丸見えの状態です。その医者はゴム手袋をして、人差し指のまわりにゼリーのようなものを塗って、それでは診察します。

 痛かったら言って下さい、と言って、指を肛門に入れ、ぐいぐいと中の方を触るのです。ぐいぐいやるので、痛いような感じがしましたが、肛門の中から前立腺を触って、大きさを測っているようでした。

 私のペニスは若干感じて、半立ち状態になりましたが、陰嚢の裏側から見える感じなので医者には目立たなかったと思いますが、他人には見せられるような格好ではありませんね。結局、普通の1.5倍くらいの大きさがあると言われました。

 女医さんと言っても、色気のない、あまり感じない人でした。診察室には医者一人で、看護師はいませんでしたので、他人には見られませんでした。恥ずかしさは感じませんね。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ