初老の男性と仲良くなりました

 私は高校を卒業してから 田舎を飛び出して 東京都郊外の ○○市のアパートで1人暮らしをしています。仕事はアルバイト中心なので不安定な生活をしているのが現状です。生活がピンチになると親に仕送りをしてもらっているのです。

 なかなかいいアルバイトもなく 仕事を転々としながら毎日を送っていたのですが たまたま宅配便のバイトをしていたとき ある家に 荷物を届けました。



 表札には 1人しか名前がありませんでした、チャイムを鳴らして ○○ですがお荷物を届けに伺いましたと伝えると しばらくして 初老の人が出てきました 伝票にサインをいただき 帰ってきましたが 一週間後に再度 その家に荷物を届けに行きました。

 二度目なので顔は 覚えていたらしく その男の人が話かけてきました すいませんが 誰か知り合いに 家事をやっていただける人がいたら紹介していただけませんか?と言われました。

 私は家政婦の知り合いはいないので ちょっと解りませんと言うと 洗濯とスーパーの買い物と掃除くらいの簡単な仕事なんですが、と言われました。それくらいなら私にも出来ると思い 週2回くらいなら私が してあげましょうかと言ったら

 あなたみたいな若い方に やっていただけるならと言い バイト料を少し弾んでもいいですよ、、と言われました。私は ぢゃ 月曜日と木曜日でもいいですかと言ったら それで結構ですと言われました。

 早速 三日後の木曜日に伺いました 私の服装はジーンズにトレーナーといったラフな格好で 早速 部屋の片付けと掃除を始めました…その後 10回目くらいのことです。その日は 午後3時くらいから お風呂掃除と買い物を頼まれました。

 お風呂掃除がおわり いつもの財布を預かりスーパーで買い物を済ませて戻ると お風呂に入っているようでした。ただいま戻りましたと伝えると わるいけど 整理タンスの所から バスタオルを持ってきて欲しいといわれ

 洗面所の所にバスタオルを持っていくと 裸のままで 立っていました 私はビックリして あ、、、って小さい声を発して バスタオルを渡しました。その男の人は 私の父親くらいの年齢だと思いますが 男には変わりがありません 私はそのとき 心臓がバクバクしていました。

 男の裸をみるのは 父親以来でした。その人は 何もなかったように振る舞っていたので なんとなく安心しました。その日はそれで 部屋に帰ったのですが その男の裸が脳裏に焼き付いて オナニ~をしてしまいました。

 次の月曜日は午後4時から 部屋の掃除と風呂掃除でした その日も その人はお風呂に入り バスタオルを巻いて出てきました…今夜は寿司の出前をとるから 食べていきなさいと言われたので遠慮なく ありがとうございますと言いました。

 寿司が届き 和室で相向いに座り 寿司を食べましたが その人はビールを飲みながら バスタオル一枚でした、、、時々 テレビを見ながら 膝を立てるものですから 私の視界に その人の オチ○チンが丸見えになっていました。

 見て見ぬふりをしていましたが 気になって仕方ありませんでした。それを察したのか わかりませんが その人のオチ○チンが大きくなっているのがわかりました。私が下を向いていると ビールを持ってきてくださいと いわれ その日は それで帰りました。

 そして 次の木曜日の夕方4時くらいに伺うと和室で布団を敷いて横になっていました 大丈夫ですかと言うと わるいけど 背中を押して欲しいと言われたので 言うとおり背中を押してあげました…聞くところによれば 昔 柔道部で先輩のマッサージをさせられてたとのことでマッサージの知識が多少あったようでした。

 今後、背中をマッサージしてもらう都合もあるので 覚えてもらうため、その人が私をマッサージすることになりました。私の服装は上下ジャージでした 私がうつぶせになると 首から背中をもみはじめ 腰からお尻を揉みました。

 その後 足首からだんだん上がってきて 足の付け根あたりもマッサージしました。私は頭の中で その人のオチンチンを思い浮かべていたので アソコが濡れていたと思います。

 その人が私の足の付け根あたりをマッサージしてるとき わざと 手がアソコに当たってたような気もします。私は痴漢もされたことがないので すごく気持ち良かったのです。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ