数人のおじさん達に体を汚された告白

 この間レイプされました。部活の帰りに遅くなったから公園の中を近道してました。暗いからやばいかなって思ってたら数人のおじさん達が急に茂みから飛びかかってきて、大きな段ボールハウスの中に引きずりこまれました。

 おじさん達は鼻をつくような異臭に包まれてました。臭い手で私の口を塞ぎました。私がむせて声も出せないでいると私の足を持ち上げ、スカートの中に顔をうずめてきました。私を足をばたつかせましたが手足をしっかり捕まれていて動けません。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 部活のハーフパンツをはいていましたが、おじさんは私の股間に鼻を押しつけるとスーハーと深呼吸していました。他のおじさんは、私のシャツとブラをひきちぎると、おっぱいを揉んだり乳首を噛んだりしていました。

 私が怖くてがたがたふるえていると、股間の匂いを嗅いでたおじさんがハーフパンツごとパンツを脱がしました。私はオマンコを誰にも見られた事がなかったのでやめてー!と叫びました。おじさんは両指で私のオマンコを広げました。

 痛っ!と叫ぶとおじさんは私のオマンコを舐め始めました。最初は気持ち悪かったのですが膣からなんかが出てくるようなお〇っこをしたくなりました。おじさんがクリを吸い出すとあんっ、んっ、んっ、と喘いでしまいました。

 おじさんはズボンを下ろすとオチンチンを入れてきました。痛いーーっと叫んでもやめてくれません。オマンコが裂けそうになりました。オチンチンが全部入るとおじさんは前後に動き出しました。いっ、いっ、痛いっ!私が叫ぶとおじさんは私に覆い被さりキスをしてきました。

 私が拒んでいると私の肩をつかみ、さらに奥深く突いてきます。んっ、んっ、あうぅっ、おじさんは私を持ち上げると下から突いてきました。後ろから別のおじさんがお尻にオチンチンを入れてきました。ぎゃーーっ!と叫びました。

 お尻にもオチンチンが全部入ると、オマンコにオチンチンを入れてたおじさんの動きが早くなりました。うっ、と呻くと私の子宮に熱い精液が注ぎ込まれ頭が真っ白になりました。お尻に入ってたオチンチンからも精液が出ました。

 その後何回も犯され、深夜にようやく解放されました。私のアソコとお尻からは血と精液が流れていました。私を探しにきた部活の先輩に見つけてもらいましたが、そのまま先輩にも犯され中出しされました。

 先輩は退学になりましたが、今でも呼び出され中出しされ続けています。私は精子無しでは生きられなくなってしまいました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ