たまには妻を労わなければと思った体験談

 妻が働いているので、家政婦を雇い食事のめんどうを見てもらっていました。「こんな格好でごめんなさいね」とSさんはタンクトップに前掛けを描けて台所に入りました。Sさんの旦那は糖尿で働けなくなり、彼女が家政婦協会に申請しているのです。

 ときどき際どい話を向けてきます。うちの旦那は精力が強く、毎晩のように抱かれていた。もう起たないのに私に添い寝して、おっぱいを吸うのです。色よい返事をしないと、のろけ話が続きます。



 お宅ではまだセックスしてますか?と聞かれて度肝を抜かれました。「妻にその気がなくて・・」「でも、ご主人はまでしたいのでしょう」「・・・」本音はまだとてもしたいのです。でもそれは言えませんでした。

「ご主人がしているところを見てみたいなあ」「どうして」「真面目の人は、するわけないような気がして」「僕だって、人に言えないようなことまで色々しますよ」「へえ~、できるんですかね」

 わたし、真面目な人がどんなことをするのか、よかったら私を抱いてみませんか。こんな破廉恥なことを言ってしまったので、必ずわたしの計画に乗って下さいね」土曜日の午後、言われるままに、隣町のラブホテルに、彼女を抱きに行きました。

 久し振りらしく、何度も求めてきました。外食で気が晴れたようです。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ