ウブな私を騙して無理やり挿入しました

 私は高校の夏休みに、近所のコンビニでアルバイトしていました。お店の常連客である青木さんにお食事を誘われ、友人の友子と一緒に初めて「フランス料理」をご馳走になりました。

 一ヶ月ほど後、友人の友子から青木さんから今度の日曜日に「ドライブに」と誘われていると告げたのです。運転手さんの吉田さんと私が前に、友子と青木さんは後ろにと乗りました。高速道を走り10時ごろに大阪のうめだ花 月劇場に着きました。



 初めて見る喜劇が面白く、忘れ笑いこけていました。大阪名物の大きなお好み焼きを青木さんに焼いてもらい4人で食べました。歩いているとカップル喫茶の看板があり、青木さんがカップルで入る店だよと言われお店へ。

 二人がけのシートに座ると、コーヒーを注文されました。初めてのコーヒを飲んでいると眠くなり、寝てしまったのです。何か異様な感じがし目覚めると、吉田さんが私の身体の上に覆い被さっておられたのです。いやーんダメの声も空しく、挿入されたのです。

 身体を動かす度に激痛が、あっと思う間に射精されたのです。隣りでは友子と青木さんが抱き合っているのです。後で知ったのですが、友子は私の知らない間に青木さんとドライブに行ったり、すでにセックスは経験していたのです。

 私は帰りの車の中、恥ずかしく泣いていました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ