始めて女たの体を知っ日の体験談

 初体験は19歳の時にバイト先の39歳の女性。 懇親会の後に同じ方からだからと歩いてタクシーに乗ったら「誰も居ないから家においでよ」と誘われて。お邪魔して、着替えて来たらかなり胸元が緩い服で谷間が見えまくり。

 その服で谷間が見えたりした後に近付いてきて誘われた。ちょっとムチッとした身体を押付けて甘い香りと柔らかい身体の感触で、股間は硬くなると触られ「正直な人好き」と酔ってた感じでチャックを空けられチュパチュパと絶妙でした。



 でも緊張してなかなかいけないと「初めてでしょ」と聞かれて、恥ずかしく困ると「いいのよ…初めてなんて嬉しい」と言われ「ならこっちのほうがいいわ」と服を脱がされ、向こうも裸になり乗られました。

「うわぁ!すごくいい!」とリズムがつけて腰を動かし、濡れた中でこすられ、あっと言う間に気持ち良くなり、堪えてたら「我慢しなくていいよ」と言われて一気に放射しました。ぐったりすると「おめでとう!凄く硬くて良かった」と言われた。

 卒業したあとは妙な緊張感が無くなり、正常位で何回もしました。 味を覚えたおれは毎日に近い位おばさんに誘いを掛けて何回も果てた。けどさすがに毎日は無理で、出来ない時に違うおばさんに相手してもらった。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ