油断していたのか田舎の電車内で犯されました

 電車の中で痴漢に遭い、高校を卒業し就職したばかりのころです。田舎の電車なので、席は4人向かい合わせのボックス席。私は車両の一番端の、トイレの隣の席に1人で座りました。

 夜も遅かったので、乗客はぽつぽつという感じでした。電車が発車してまもなく、私は少しねてしまいました。次の駅あたりで、誰かが向かい側に座ったのがわかりましたが、そのまま眠っていました。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 すると、私のひざの上に洋服のようなものがかかってきました。ちょっと目を開くと、向かいがわに座った男の人の上着でした。私は少し深く座りなおして、また寝ました。

 そのすぐあと、その上着の下から手が伸びてきて、私の太ももとさわりはじめました。ドキッとして目を開けると、私の隣にもう1人男の人が座ってきて、私のひざの上の上着をきちんとかけ直しました。

 向かいの席の人は足を伸ばしてきて、私の足を開かせます。隣はトイレなので、気づく人もいません。私は怖くて、ずっと下を向いたまま、必死に足を閉じようとしました。

 しかし隣に座った男の人が、スカートをめくりあげてきて、下着をさわりはじめました。「やめてください。」小さい声で言いました。その人たちは、聞かないふりをしてさわり続けてきます。

 足はどんどん開かれ、下着の上から指を押し付けてきます。私はずっと硬直したまま抵抗できずにいると隣の人が下着をずらし始めました。直接さわってきます。そして小声で「いかせてやるから、おとなしくしてるんだぞ」と言いました。

 前の男が少し体を乗り出してきて、私の下着を脱がしました。あそこに2人の男の人の指が入れられました。「いやっ・・」声にならなかったかもしれません。車内はどんどんと人が降りていき、車両の中はとうとう3人だけになってしまいました。

 触られていくうちに、ひざにかけられていた上着はめくりあがり、私のあそこは丸出しになっていました。胸ももまれ始め、上着の中に手を入れられました。隣の男のひざに乗せられて、上着をまくりあげ、胸を出されました。

 向かいの男は私の胸をさわりながら、吸い始めました。「お願いします、許してください。」恐る恐る言いました。男たちは「許す許さないじゃないからさ、おとなしくしてなよ!」と言いました。前の席に手をついて前かがみにされ、後ろから入れられました。

 向かいの男は、私の胸をもみしだきながら、キスをしてきます。口をふさがれ、後ろから突きまくられ、とても苦しかった。そのうち、向かいの男はアレをだして、私の口の中に押し込みました。

 すぐに口の中に出されて、私は吐き出しました。うしろから入れた男も、私の体の中に注ぎ込みました。私の太ももには、男の液体が流れていました。そのあとも体制を変えて、かわるがわる中に出されました。

 私が降りる駅を3つすぎて、やっと開放されました。私はその人たちと同じ駅に降りるのが怖くて、次の駅まで行き、駅のトイレにかけこみました。体のいたるところに精子をかけられ、ぐちゃぐちゃになっていました。

 その後、幸いにも子供はできていませんでした。でも、電車に乗るときは、もう絶対に車両の一番端には乗りません。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ