出会い系人妻の連絡は緑のチャットで

 あるマッチングアプリで知り合った40代半ばの主婦。最初は他愛もない会話をして楽しんでいたが、彼女から「緑の交換をしませんか?」って。即OKし、そこからは緑でチャットを楽しんでいたが、声が聞きたくなり「電話しませんか」って聞いたら、意外にもOKだった。

 電話に代わってからはかなりきわどい会話までしていた。「いつからレスに?」「旦那以外の彼氏は?」「セックスは好き?」など、夜中の会話はさらにエスカレートし「逝くの?」とか「口でするの好き?」とかついには、昼間に会う約束まで。



 当日、時間を併せて会い、景色の綺麗なCaf槌でケーキを食べ約2時間ほど会話した。マッチングアプリの会話から夜中の会話まで繰り返していた。そこで仕事の電話が入り、戻らなければならなくなり、彼女を送ろうと駐車場へ。

 社内で彼女に「ハグしていい?」って聞いたら、頷いてくれた。運転席と助手席ではハグはしにくい。頭を寄せ、彼女を抱きしめた。頬を寄せ、ゆっくりと微妙な距離を作った。「いい?」彼女は頷き唇を合わせてきました。

 柔らかい。正直驚いた。自分がご無沙汰だったのも有りましたが、我慢できずに左の胸に手を伸ばしていました。この感触。久しぶりだ。気持ちいい。。服の上からブラをずらし乳首をつまんだ。

 ちょうどいいサイズの乳首は既に勃起していた。このまま、舐めたいと思ったがこれ以上いくと止まらなくなる。我慢して、彼女を送り仕事へと行った。その夜、チャットで「また会いたい。会って続きがしたい」と伝えると「ハート」が並んで返ってきた。

 すぐ次のコメント「私も」そんなにタイプではないが、出産未経験の40代半ばの彼女の身体は柔らかく、垂れてなくて、何より抱き心地がいい。次、会う約束はしたが、未だ実現していない。

 偶然にも私の出張先と彼女が計画していた旅行先が同じ期間で同じ場所、遠い異国の地で再会を約束してるから。いつもは億劫な出張ですが、今回ばかりは楽しみでしょうがないです。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ