大学生コーチに肉体を許す経緯になった告白

 こんにちは、はじめて投稿します。私は38歳の主婦です。家族構成は、主人と小学4年生の長男の3人家族です。住まいは借家で古いですが、地主さんの土地の一角にあり、小さいですが庭もあります。

 主人とは大学時代に知り合り、26歳で結婚しました。今は専業主婦です。私自身、膨よかな体型でしたので、最初の男性は今の主人でした。それが、今年の梅雨真っ只中の7月、息子が入団しているサッカーチームの大学生コーチと関係を持ってしまったのです。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 その大学生コーチのK君は、向かいの家に住んでおり、K君の親御さんとも近所づきあいをしていました。それこそ、K君が中学・高校生頃から知っていました。そんな大学生コーチK君と関係を持ってしまったのです。

「大学生コーチとの関係」(はじまり)現在、私はサッカークラブの学年代表を今年の4月からしていました。スケジュールや連絡網、予算の管理もしていました。コーチ陣とは、3ヶ月1回の間隔で「コーチ会議」という名目で土曜日の夜に自治会館などを借りて、打合せを行います。少々お酒も出ますが・・。

 7月にあった「コーチ会議」(今年度2回目)は、8月に行う合宿のことがメインに打ち合わせを行いました。コーチ、各学年代表の保護者で10人くらいで、2時間位打ち合わせをしました。会議が終わった後、私と数名で後片付けを行いました。

 他のコーチ陣と一部の親は、2次会と称して、飲みに行ってしまいましたが、大学生コーチのK君は未成年でもあったので、後片付けを手伝ってくれました。後片付けが終わり、自治会館の戸締りをして、解散となり、K君と一緒に帰りました。

 帰り道、K君とは大学生活の事などを話していましたが、ぽつぽつと雨が降り始めてきました。そのうち、ザーッと大粒の雨になりました。「雨、降ってきちゃった、俺、傘持ってない」「大丈夫、折り畳みだけど、私持ってるから」

 私が手提げ袋から傘を出しさしました。折り畳みといっても、そんな大きなのではありません。「俺がさすよ」K君が傘を持ち、身を寄せ合うように2人で傘の中に入りました。雨脚はさらに強く、風も吹き始めて、折り畳み傘
では、全く役に立ちませんでした。

 強風が吹いて傘がひっくり返り、壊れてしまい、スコールのような雨が私たちに容赦なく当たりました。「だめ・・雨宿り・・」私が言いましたが、お互いの声も聞こえないほどの大雨になり、陸橋下の広場で雨宿りをすることにしました。

 全身ずぶ濡れ・・服を着たまま、プールに落ちたような感じでした。「凄い濡れちゃった・・K君大丈夫?」「うん、体に張りつて・・Tシャッツが・・」私はK君のその姿見て、ドキッとしましたが、私自身の方がもっと大変なことになっていました。

 薄手のワンピでしたが、ブラジャー、ショーツが柄までも透けてしまっていました。「あ・・」K君が私の姿に気づくと、じーっと見つめていました。「ちょっと、やだー、見ないで・・」手提げからタオルで出して、隠しました。

「おばさん・・」K君は私の体を抱きしめてきました。K君は股間が私のお尻に当たっていました。すでに固く大きくなっているのがわかりました。「だめよ、こんなこと。。許されないから、絶対に・・」「だって、おばさんの・・」

「だめ、K君・・お願いだから・・」「こうしてるだけで、いいから」しばらく、そのままでいました。雨に濡れた体でしたが、K君の体のぬくもりが伝わってくるのがわかりました。

 特に私のお尻に当たるものから・・「おばさん、俺はおばさんのこと・・」私は最後まで言わさず、「帰ろう、、K君」私はそういうとK君から離れ、先に歩き出しました。「おばさん、でも、下着が・・」すけすけになっている下着を隠すかのようにK君は私の肩を抱きながらタオルで覆いました。

 家に帰ってから、主人に乾いたタオルをもらい、浴室に行きました。ショーツのある部分にシミが出来ていました。雨ではなく・・K君の雨でぬれたTシャッツから見えた肉体、抱きしめられたとき・・恐らく、知らず知らずに濡らしてしまったのかもしれません。後日、K君に体を許してしまうことになるのです。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ