家庭教師の先生に俺の人生を握られた告白

 僕は現在18歳、先日結婚した大学生です。妻は6歳年上の24歳です。当時14歳だった僕は高校受験の為に家庭教師を雇っていました。その先生が当時20歳の妻です。

 成績が上がるごとに服を1枚づつ脱いで、全裸になった頃にはキス、フェラ、本番、14歳にとっては刺激的すぎる、かつモチベーションを上げるには最も効率的な方法のおかげで、僕は某有名進学校に合格し、と同時に先生の妊娠が発覚しました。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 その頃すでに先生は僕にとってなくてはならない存在でしたし、先生も勉強の為ではなく好きだからエッチしたんだと言ってくれました。こうして僕らは僕が18歳になったら結婚する事、大学を卒業し一流企業に就職する事を条件に、同棲する事になりました。

 そして現在、僕は14歳で父親になった事をとても後悔しています。同年代の女の子を抱けば抱くほど、この子達と本気で恋愛したかったと思います。

 妻に不満があるわけではありません。美人な方だし、高校生だった僕を見捨てる事なく(見捨ててほしかったけど)僕に尽くしてくれます。ただもし妻が僕を誘ってこなかったら、僕は普通の10代な生活を満喫していたはずです。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ