営業課長とはダブル不倫で仲良くSEXしています

 今、ダブル不倫相手の部屋のベットの上。朝からシャワーも浴びずに、シックスナインしている。「やっさん。気持ちいいよ」私はやっさん、彼より四歳年下。彼は保険の営業課長さんで、私は隣の課の社員。

「まさくんも、堅くなってるよ、我慢汁だって出てるし、ふふ!」三十代中盤の彼は、まだまだあっちは現役。早く欲しいなあ。「そろそろ、欲しいよ、まさくん」プルプルプル、彼の会社の携帯が鳴る。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

「ごめん、今日、手続きで、電話してきているみたいだから、出るね」エッチの最中に電話に出ない彼が、他の女と話すなんて、やだ。「もしもし、どこか、分からないことある?」まさくん優しいなあ、でも、彼女じゃないおばさんにあんなに優しくするなんて、許せない!

 彼処を舐めてくれないので、彼の足の方へ移動して、やっさんスペシャルで、舐め続ける。「うん、そうだね、そんな感じ」少し声を震わせながら、健気におばさんに応える彼氏。カリクビを、クルッと舐める。

 先っぽも、舌先で舐める。「う、そんだね、それでいいよ」おばさんに言っているのだろうけど、私に言ってると思って続ける。陰茎を扱きながら、今度は彼の乳首を舐める。ついでに、キスマークも。

「そうそう、それでいいよ」彼は半開きの目で、首を横に振りながら、私を見る。私の中の悪魔が囁く、入れちゃえ!彼の耳元で「ちょうだい」と囁き、軽く彼の唇にキス、そして右腕で支えなから、左手で彼のを導く。

「あ、気持ちいいよ」心の中で叫ぶ。彼は、目を丸くしながら、私の中に入っていく。ゆっくり女性上位で動く。Gスポットを刺激する。彼の電話は、なかなか終わらない。「そうそう、それでいいよ」彼はまともに答えられていない、エッチ中に電話するからだろ、おばさん。

「あ、うん、それで。いいよ、じゃあ」電話が終わり、「ふう」彼がため息。「ばれたらどうするんだよ」「だって、相手してくれなくて、寂しかったから」「やっさん、犯してやる」彼はムクッと起き上がり、お返しとばかりに、無数のキスマークを、首の根元や胸につける。

 そして、私を押し倒して、激しくつく!「あ、ダメ、アンアンアン」「キスマークで、不倫がバレちゃえ」初めて、激しく突かれた!「ダメだよ、見えるとこはダメ」「孕め、孕んで。旦那にばれろ」「だめ、中は、ダメ」「行くぞ行くぞ、行く」

 私の中に、暖かいもが広がる。いつも中だしされるけど、私に確認なしに、初めて出された。気持ち良かったけど。少し冷静になった彼は、「ごめん、勝手に出しちゃった。大丈夫?」「多分大丈夫かな、念のため旦那と久しぶりにやっとくから」

「じゃあ、お代わりするね」一瞬柔らかくなった彼のが、急にまた堅くなり、抜かずの二回目に突入した。中出しは、何度かあるけど、抜かずの二回目は、彼とは初めてかな。今日は電話のおばさんにも感謝しとこうかな。

 週明けにおばさんに「いつもありがとうね、はいお菓子」と、お礼をしておきました。おばさんは、こちらこそと、笑ってたけど、まさか、気付いてないよね!

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ