泌尿器科の診察は恥ずかしさを通りこす激恥

 診察で泌尿器科へ行きました。名前を呼ばれ診察室へ入ろうとすると、入れ替えに20歳代の小柄な女の子が顔を赤らめ、緊張した様子で出てきました。診察室に入ると、処置室の脇の手洗い場で、先日の男の先生が手を洗ってしました。

 僕は、ピンと脳裏に走るものがありました。あの可愛い女の子も、僕と同じく、下半身をスッポンポンで開脚され、お○この割れ目を広げられ、尿道口に細長いプラスチック製の管を挿入され、薬剤を注入されたなと、すぐ分りました。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 僕と違うのは、看護師さんではなく、先生が薬剤を注入したのが見え見えでした。先生に「痛みはどうですか?」と聞かれた。痛みは無かったのですが、思わず「まだ、少し痛みがあります」と答えてしまった。

「そうですか・・ではもう一度薬剤の注入をしてみましょう」と言って、あの可愛い看護師に指示をした。僕はあの柔らかい手で、細長いプラスチック製の管を尿道口から入れられると思うと、ペニスが熱くなって来るのが分ります。

 看護師に「痛くないですから 身体の力を抜いてね」と優しく言われる。二人の看護師にペニスを押さえられ、プラスチック製の長い管を尿道の奥深くまで挿入される。その余りの刺激に、長い管を挿入したまま勃起してしまった。

「あぁ~ 少し痛い」と訴えると、若い看護師が、ペニスを軽く握り、もう片方の手のひらを睾丸から肛門を押さえる様にし「少しの我慢ですよ 力を抜いて」と僕を見つめた。ペニスはビンビンに反り返り、長い管を尿道から抜くことなど出来ない。

 若い看護師の柔らかい手は、睾丸から肛門を軽く優しくもむ様に、もう一方はペニスを上下に摩った。射精が始まった、管の隙間から精液が吹き出る。二人の看護師の眼前で射精をさせられるのは、恥ずかしいけれど、全てを見てもらえる最高の快感でもありました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ