おばさんを手当たり次第エロしています

 俺健一、田舎から出てきてこの大都会で学生生活をしている20歳。親からの仕送りも多くはなく、バイトを転々。現在は、もう半年以上この町のスーパーの、主として配達サービスに従事。

 何千円以上買って貰うと、そのお客さんの家に無料配達。そんなバイトをしながら、その店のパートのおばさんと時々ラブホへ。ある日、そのおばさんと昼食をしてそのままいつものラブホへ。


 女性の方パパ活はこちらをクリック

 丁度、出てくるカップルと出会う。よく見ると、大分のお年のカップル。うん?、女性の方、何処かで見たなぁ。その日も、おばさんのデカ垂れ乳を吸ったり舐めたり、そして二度三度繋がり、2回ほど逝かせる。

 それはそれとして、ラブホで逢った人が心の隅に。しかしすぐにわかった。週1回配達する団地に住む、もうお婆さんといってもいい人。今日の配達でわかった。向こうもわかったらしい。いつもは、どこの家でも玄関先でドアも開けたまま、荷物を渡すだけなのだが。

「お兄さん ドア閉めて」ドアを閉めると「お兄さん 覚えている?」その言葉を聞いて、初めて思い出した。あの時の、ラブホの。「上がって」と、手を取られ居間へ引き込まれる。口に指を当て「シィーよ」「あの人 これ?」と小指を立てる。

 逆に「おばさんのあの人 これ?」と俺も指を立てる。「皆に シィーよ」「わかりました」と俺。「ねぇ お兄さん 時間ある?」と俺の手を、豊かな胸に。俺も鈍感じゃないから、特にこういう事には。

「旦那さんは 居ないの?」「お爺さんは 今 いないの」それを聞いて、服の上から豊かな胸を擦る。擦りまくる。おばさんはおばさんで、俺の股間に。おばさんはしゃがみこみ、俺のズボンのファスナーを下げもう元気盛り盛りの俺の物を口に咥えこむ。

 しゃぶられ舐められ吸われ。そのままオバさんの口の中へ、ドバァー。「若い人のは 濃いわねー」で、この日は終わりました。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ