近所ではひときわ目立つセクシーな俺の妻

 1,000円の未開封のウィスキーと、開封してあるが数万円のシングルモルトウィスキー・・私は後者が好みです。私は、10代の処女から50代の非処女まで付き合ったことがあります。そして、28歳の時に最終的に選んだ妻の綾子は、25歳の非処女でした。

 綾子が23歳の時に出会いましたが、その時、あまりの艶やかさに30歳くらいだと思いました。私は、10代処女の次に50代の女性と付き合って、女性は年齢ではなく成熟した色気が魅力だと気づかされたのです。



 未熟な蒼い女体より、何本かの男根を味わいつくした熟れた女体の方が魅力的だと感じます。綾子にアプローチして、23歳だと知った時は、素直に驚きました。「年上だと思ったでしょ?ガッカリした?」「いや、年齢じゃなくて溢れる色気に惚れたんだ・・」そう言ったら喜んで交際に応じてくれました。

 近寄ると香る艶めかしいフェロモンにクラクラしました。「顔にエッチしたいって書いてあるわよ。」「ばれてたか~」今思えば、これは綾子からのお誘いだったんだと思います。確か3回目のデートでベッドインしました。

 89㎝のバスト、59㎝のウェスト、90㎝のヒップ、もうタマリマセン。ディープキスしながら愛撫して、クンニへ・・お色気お姉さんの見た目でも女陰は23歳の瑞々しいピンク色でした。

 それでもクンニの反応は十分に男の味を占めたもので、フェラは何本もの男根を咥えたのだろうと思わせるエロいものでした。男根を包む女穴は複雑に蠕動し、反応は艶やかで淫ら、快感を貪りました。

「経験豊富そうだね・・」「ふふふ・・結構モテるのよ・・そして、あなたは合格!」「合格?」「ええ、私、付き合うと割と早めに抱かれることにしてるの。エッチがダメならすぐサヨナラ。本気で好きになってからエッチのせいで別れるのは辛いから・・」

「ということは、たくさんのチンチン食べたんだね。」「そうね・・その上であなたは合格よ。」こんな感じで妻とは交際が始まり、初セックスから1年後「ずっとエッチしていたい・・離れたくない・・」そう言われて、結婚しました。

 自分からアプローチした女性に逆プロポーズは嬉しかったですね。好みの女性を抱いて、その女性がたくさんの男根の味比べの経験で最終的に選ばれたのですから、私はとても誇らしいと思いました。

 結婚して10年になりました。愛するお色気妻が前の彼氏たちに抱かれていた様子を想像するのも悪くないものです。
妻の綾子は、会話の中から想像するに、少なくとも私が5人目の男です。

 綾子の初体験が高3で、相手は30歳の担任だったというから、高3ですでにお色気ムンムンだったのでしょう。その後綾子は、私と出会う23歳までに後最低3人に抱かれ、そのうち少なくても1人は一度抱かれたその日にセックスの相性と言いますか、エッチ下手で振っています。

 18歳から23歳までの5年間、年間100回として、綾子が元彼らとセックスした回数は、500回くらいではないだろうか。綾子の女陰に元彼の男根が深々と挿し込まれ、愛液が糸を引きながら出し入れされる様子など、想像すると興奮してしまいます。

 綾子の女振が男根に絡みつき、白く泡立つ愛液が男根を彩っていくのです。男根を深々と挿し込まれるたび、大きく開いた両足がビクビク震えるのです。綾子の豊かな乳房を鷲掴みにし、乳首にむしゃぶりつきながら腰を打ち付けたのです。

 綾子は呻きながら腰を痙攣させ、アクメに身を委ねたのです。30代半ばになって、綾子はますます強烈なフェロモンを撒き散らし、PTAではひときわ目立つセクシーお母さんで、運動会で顔を合わせた子供たちの友達の父親に、

「いやあ、奥さん、色っぽいですなあ。ウチのなんて、子供っぽくて・・」と小柄で童顔の奥さんを見ている方がいましたが、彼はロリコンなんだろうと思いました。綾子は出産を繰り返しても必ず元の体形に戻して見せています。

 その裸身を見るたびに、綾子の女陰を貫いてきた元彼達の男根を妄想します。元彼の亀頭が綾子の女陰の肉襞を引きずって、下腹部の奥深くまで到達し、元彼達が精液をブチ撒けたと思うと、興奮が覚めやらなくなるのです。

 こんな書き込みをしているうちに、もう、綾子を抱きたくて勃起しています。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ