学生の頃に経験した激恥な肛門検査の話

 大学生の頃、排便後にお腹が痛くなるので、近所の病院に行きました。胃腸科を受診し、問診で肛門の状態を診ることになった。お尻なのでうつぶせになって診察台に乗ると、女の看護師から仰向けになって、ズボンとパンツを下ろすように言われた。

 何で、お尻を見せるのだけで良いはずなのにと思いながらも、看護師さんがズボンとパンツを下ろしました。20歳そこそこなので、元気で綺麗(?)なおちんちんが飛び出してきました。そして、M字開脚をさせられ、挙句の果てにマングリポーズで、肛門の状態を診られました。



 肛門には、ジェル状の薬を塗られ、先生が指で触診していたようです。その間、おんちんちんは丸見え。診察が終わると、女の看護師に肛門を拭かれました。亀頭も汚れていたので、拭かれた。また、おちんちんが大きくなった。恥ずかしい経験でした。

↓他のHな体験談を見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ホームへ