パート人妻の逆誘って目当ては俺の男体 - 人妻・不倫の体験談

パート人妻の逆誘って目当ては俺の男体

 バイトの人妻から、たまには飲みにでも連れて行って下さいよとの逆誘いに、それほど興味は無かった人妻でしたが、あわよくば飲み代だけでタダ乗り出来るかなと誘いに乗った僕。

 やはり四十にもなって、飲みに連れて行ってなんて言う人妻にも下心が有ったようで、飲んでいる時に旦那の愚痴がチラホラ。その後に酔っちゃった酔っちゃったと言い出したので

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 三十させごろ四十しごろと誰かが言っていたのを思い出し、それを言った後に『由美さん(仮名)丁度しごろの歳ですよね?していないなんて勿体ない。今から内緒でしちゃおうか?』ドン引きされる危険が有ったから保険をかけて冗談ぽく言ってみたら

『私そんな軽い女じゃ無いけど本当に内緒に出来ます?今日だけって約束してくれるならいいですけど』かなり上から言われている感じで一瞬イラッとしましたが、目の前にして返すのは勿体ないと我慢してラブホへ。

 ラブホの部屋のチャラさにはしゃいでいた人妻でしたが、セックスをする為に来た事を理解していた人妻の行動が、驚くほど積極的で。勃起したチンポをフェラしながら『凄く大きい凄く大きい』『凄く美味しい凄く美味しい』と二度繰り返し言われて悪い気はしませんが、お前は鈴木奈々かと突っ込みたくなったほどです。

 同じ言葉を繰り返す事より、気持ちを言葉にする事と男を喜ばす言葉を口に出せるのはやはり熟練者でした。セックスをしている最中も『気持ちいい気持ちいい』『そこそこ~そこ気持ちいい』と言葉にしていると

『こんなに気持ちいいの初めて。こんなに気持ちいいの初めて~』『逝く逝く逝っちゃう』『逝く逝く逝く逝く』こんなに気持ちいいの初めてと言われた時には、本当かよ。と突っ込みたくなりましたが

 逝くを超連呼した後の全身痙攣は演技では出来ないような激しい痙攣で白目をむいてトランス状態。長い痙攣の後に、こっちに戻ろうとしながら余韻での痙攣。

 やっと戻ってきた人妻が『すっごく気持ち良かったんだけど。すっごく気持ち良かったんだけど~』と言った直後に『だめまた逝く!逝っちゃう!逝く逝く逝く!』何もしていなかったのに、余韻で逝った人妻。

 こんな女性を相手にしたのは初めてで、驚いたのと同じくらい怖さも感じたくらいでした。帰り際に人妻の方から『社員さんの方が給料貰っているんだからたまには飲みに誘って下さいね』

 と言われたので『飲み屋とラブホがセットだけどそれで良ければ誘いますよ』の返事が『こんなに気持ち良いならホテルだけでも良いですよ』ラブホ代だけで気持ち良い事と、気分も良くさせてくれる人妻。こんなに楽しい女性なのに夫婦って分からないものですね。

↓他のHな体験談を見る



ホームへ